人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

インフルエンザ。

日本のアクアリウムには生きて着かない幻の怪魚

アッパッパー。

クリックすると元のサイズで表示します
ネグロ水系のものは異常に青が濃く鮮やかな金色。
角度によって色が変わるマジョーラ塗装のようだ。

ネグロ水系は蚊が非常に少ないが、栄養豊富な水で蚊やピユンの発生する水の支流にのみ生息する。

毎日、夕暮れ直前に水面の水生昆虫の羽化を狙い小魚の捕食ボイルが始まる。
それを狙ってあちこちでアッパッパーの炸裂ボイルが始まるのだ。

ピユン(吸血バエ)に刺されるのも忘れるくらい白いボーボレータ(抜群に効く。裏ボンバダ参照)を投げ込み連続ジャーク!
ロッドはバス用のミディアムライトクラスがオススメ。限界付近が面白い。
衝撃と共に炸裂する水面の爆発に酔いしれる。

なんて美しいジャンプ・・。蒼い彗星・・。




釣行記も書かずこんな回想で申し訳ありません。

実は私、体は強いほうではなく、インフルエンザにかかり仕事を休んでしまいました。
なんでも根性だけでやっているので強い人間でもなんでもありません。

しかし、今年挑戦しようと思っている(深刻な情勢を見ているところです)大陸のある国のことを思うとあまりの危険さに今から緊張します。
民族間で起こる略奪、強姦、大量殺戮、難民、エボラ、糸状虫症・・。そして牙。
すべての世界最凶が待っている。

ビザをとりに行かねば。

投稿者:TERU

三平くんエンディング。

いや〜、懐かしい映像!
 
今も忘れもしない小2の時に
このTV番組のプレゼント応募コーナーで当たった
三平くんの赤いスカーフを大事にしてたなぁ。

今でも完璧に歌えるよ!ってか歌ってる。(笑)




中心軸はやっぱ今も微塵たりともブレてないわ。(笑)


投稿者:TERU

犬魚。

三平三平には負けないゼ!!

こいつが最強最大種、秘境イリリ河のアルマータスっ!
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、なんかニンジャみたいな格好ですね、俺・・。


ワンバイトでルアーがオジャン。
さすが激流を棲みかとする古代カラシンの末裔。
どうよこの牙。
クリックすると元のサイズで表示します

三日間ある奇妙なパターンを見抜いて鬼退治しまくり!
この巨魚が激流に乗って水柱を揚げて暴れまわるファイトは恐竜時代にタイムスリップしたかのような錯覚におちいります。

一緒に行ったブラジル人ルイスとそのイルマオンには一匹も釣れなくてスネました。
ジモピーなのにすねるなんて、やっぱ釣りは最高にオモロいわ(笑)


世界記録も真っ青な超鬼牙は更新を待て・・




(衣装提供ONEBITEONEFISHE・KAZZさん、ロッド提供SMITH大久保さん。実に機能的な水着アビスと軽くてしなやかで強いUDグラスカーボン締め上げロッド“MH-65LH/KOZ”かなりいい竿です。)
投稿者:TERU

本物はいつまでも。

「うーん、やっぱカッコエエわ〜。」


大人にはどうしても譲れない道具ってのがあるのよ。

スペックなんかじゃ語れないものってのがサ。

クリックすると元のサイズで表示します
なんかシールが剥げて刻印のないABUとフェンウィック+レスターファイン改。
このグリップは中学生の時七川ダム冒険に行って、近くに住むバスプロ?(そんなのマイナーな時代)おじさんからもらった。

なんか当時は三平くんとリンクした気分になって大事にした。もちろん今も。

数えんきれん程魚も釣ったな〜。

現役バリバリ。








色々あるけど、大人ってのは伊達に歳をとってるんじゃないのよね〜。


ねっ?大人の釣り紳士のみなさん☆熱帯魚モードがこれから増えるので、一応釣りブログっちゅうことで道具の写真でも出して言い訳しときます。
投稿者:TERU

あぁ、遅刻しそう!

更新遅れてすみません!

タパジョス河編にはやく辿り着かねば。



大自然が創造する奇蹟。

クリックすると元のサイズで表示します

華麗なるペコルティア、クイーンアラベスク。
投稿者:TERU

アイスポットシクリッド大全。

ノートPCが返ってきました!

この一週間、意外に自分がネット依存症なのか思い知らされるというか、ないとこれほどまでに時間が出来るのかと色々自分の依存しているものの検証にふけったりしていました。

その間にある紹介しておかなければならない雑誌が発刊されました。

ご存知、熱帯魚情報誌「月刊アクアライフ4月号」に
あのグランデ小川さん執筆による
「2009年版アイスポットシクリッド大全」
なる特集記事が掲載されてます。

アイスポットシクリッド(ピーコックバス又はツクナレ)の分類は一世紀以上混沌のまま放置されていて、今までどの図鑑やアクア雑誌、ネット上でマニアのサイトを覘いてみてもとんでもない間違いだらけ。
悲しいくらいまともに読めるものはなかったし種類の認識は無茶苦茶。

しかし、近年、遂に魚類学会の快挙として“Kullander&Ferreira”の論文が発表され僕も和訳して自分が釣った珍しいツクナレの参考にして色々答え合わせやここが少し曖昧だなどと熟考しておりましたが、
それを遂に誰にもわかりやすい日本語訳にし、イラストもありでの一歩踏み込んだ実際の釣り経験もプラスした解説。
わからないところはわからないと言っているところも学者ライクで素晴らしく好感が持てます。

やっぱりグランデ・オガワだなと。

クリックすると元のサイズで表示します

アイスポット、ピーッコクバスに本気でハマってみようという“男”は必ず購読すべし!!後十年以上のバイブルになるであろうこと間違いなし。
僕は2冊買いました!

アイスポットに命を懸けるほど超大好きな僕としては大変喜ばしいことなのでこの場をもって感謝の意を表したいと思います。


最後の一文も僕としては大変嬉しいものでした。



これで日本のみなさんの認識も大きく変わるでしょう。



この大きな第一歩、
一マニアとして本当にありがとうございました。

投稿者:TERU

夷険一節

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱ、まだやめとこ。



5日追記

の、ノートCPがいきなりブッ壊れて今なんとか止まりかけで書いています・・。

修理に出さなければならないので一週間ほど更新が出来ません・・。

あぁ・・。4万円ほど修理代するらしい・・。

普段の節約生活は水の泡・・。



これが人生ってもんでしょうな。



予定では4月に旅に出ます・・・・・・・・・。


ブルーです。

投稿者:TERU

ピッタンガ。

Cichla pleiozona


The Bolivian Amazon basin

クリックすると元のサイズで表示します
ピッタンガと呼ばれる極美ツクナレ。
学名もはっきりしてこれから欲しがる人増えるぞ〜。

世界のあちこちで画像パクられまくりなのでロゴ付けることにしましたっ。
クリックすると元のサイズで表示します

マニアさんの要望があまりにも多いので緊急更新。
こんだけサービスしたらいいでしょっ!

あぁ・・時間が・・。寝る時間が無ェ!

更新ちょっと待ってちょい!
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ