人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ブラジルカラー。

竹までもが身も心もブラジル色に・・。
クリックすると元のサイズで表示します

初めての南米旅で、
この竹藪を見つけて嬉しくなり写真を撮りました。


ブラジルの国旗には文字が書かれています。

「ORDEM e PROGRESSO」
「秩序と進歩」という意味です。

私は南米の事を話す機会が仕事上でも非常に多いのですが、
ブラジルを法の乱れた無茶苦茶な国だと認識している人が非常に多い。

しかし、実際旅してみると、意外にも「秩序と進歩」という言葉がぴったりとくる。

多くの日本人が想像しているブラジルと実際は大きく違う。

間違いなく日本人より知的な紳士は多い。

それは最貧の漁師の男でもいる。

こんな旅ができるのは彼らのおかげだ。


“大いなるグレートジャーニー”

バックパッカーで旅をしていると宿で同じ旅人とこの話題について語り明かすこともしばしば。


人類はアフリカ大陸より南米大陸まで大いなる旅をしてきた。
蒙古民族、エスキモー、北米インディアン、南米インヂオなどが私達日本人と同じ顔をしているのもその端である。

地球をアフリカから左回りに進むにつれ紳士度が上がる。
理由はわからないがこれだけは間違いないという意見もしばしば。
私も同感。

一緒に釣りをするとよくわかる。
竿の置き方でわかる。
私の道具が私の思っている以上に大事なものであると認識し、そっと置いてくれる。
狭い船の中では折れないようにそっとよけてくれるのだ。
要は人に対する気遣い。

今年の長期放浪旅は半年。
釣りは二の次に置いといて、南米の外周りの国を探検したいと思います。
美しきアンデスを越えて色んな文化を見てみたい。
ただ自分で体験したいだけです。

今年の目標はボクのトレードマークであるボンバダ帽子をアンデスのお母さんが作った
“アルパカの帽子”に変えて帰ってくることです。

日本でも躊躇なくかぶりまくりです。

変人と言われようが自分に芯、もしくは信があれば何もカッコ悪いことはない。
僕にはそういう芯を持った友達、先輩、後輩しかいません。



最近、日本でもレプリカ“アルパカの帽子”を女の子がよくかぶっているのを見かけますが

かなりセンスがよろしいかと☆



やっぱ南米大陸は俺の心をとらえて離さない魅惑の大陸なのだ。
投稿者:TERU

蝉?

進化にはすべて意味がある。

しかし、それはまだまだ人間にはわからない。

その者が何を望んだのか私にはわからない。


ネグロ河最奥地で雲子がもれそうになった。

「イテッ!」

急いで走った足の親指に何かが刺さった。

「ナンダコレ?」

びっくりするほど硬い。
セミのようだが・・飛ぶことはできず、
羽はパチンパチンと音を出すことしかできないみたいだ。

クリックすると元のサイズで表示します


君は何になりたかったの?


クリックすると元のサイズで表示します



スイカ?いや・・も、もしかしてイチゴ?






こんなブログに一日2000アクセスすみませんっ!
投稿者:TERU

ジャカレ・アスー。

でっかいの釣っちゃった。

軽い悪ノリのつもりだったんですが・・。
ほんとにツクナレやタライロン狙っているときの真剣さに比べたら・・

クリックすると元のサイズで表示します

ジャカレ・アスー。約4m。推定300kg。(計れるかっつうの!)

周りに6m、7mクラスがうじゃうじゃいるのでいちばん小さいの狙ったんですが・・(汗)

クリックすると元のサイズで表示します


ごめん!俺の遊びにつきあってくれてありがとう!なんか罪悪感ある・・。

河の王はえらい目に逢ったと言わんばかりにゆっくり棲みかに帰っていきました。ごめんネ。

やっぱ鰐って現代に生き残る恐竜だよ。超カッコいいっ!

クリックすると元のサイズで表示します

コンデジではやっぱり本物の迫力はちょっと伝わらないな〜。

動画もあるけど皆さんにはショックがきつすぎるんじゃないかと。(笑)
(橋脚に頭をゴンゴンぶつける音は生物のそれではなかった・・。)

この写真も実は命懸け。

振り向かれてパクッとやられれば即、あの世行き。


凄すぎて笑いが止まらんかった。この表現がぴったりくる。
超次元すぎて笑けてくるんだ。マグロ竿がおかしなことになってたからね。


本気で狙うモンスターフィッシングの震えとか感動はない。
ただ、巨大生物が持つ迫力に圧倒される。

鰐の体が一部分でも地面に着けば人間の力でどうこうできるレベルじゃない。
最後は車を使い牛を引っ張るロープで引きあげた。
まあ、ホントにお遊び。

乗用車のタイヤが空転して前に進まない、一回目に吊るした木が折れるレベルだったけど・・。


釣り師なら俺の言ってることわかるよね?

これは一対一で己の力と知恵で闘う本気の釣りじゃないって。




まあ、世界にはすごい所が人知れずまだある。(でもこの横に普通に人が住んでます。喰われねえの?)


なんしかオモロかった!




こんな自然がまだ地球上にあることに乾杯!
投稿者:TERU

ツイてません・・。

先月は車に轢かれ鎖骨骨折、今月はマラリア再発して毎月のように救急車に乗ってるんですけど・・。

なんで日本にいるとこうもツイていないの?

骨折の痛みで寝返りがうてず40度の熱で震えてる俺っていったい・・。

一眼レフカメラまで車に轢かれた衝撃でレンズと共に全損・・。

あーあ、もうホントにやってらんね。

働けども働けどもお金は思ったように貯まらず、

時間はないしやらなければならないことは山のようにあるし、

あぁ・・。楽しき旅先を思い出して今は耐えるしかない。




オレンジフィンカイザープレコの大人ってこんなのよ。
クリックすると元のサイズで表示します

ホント俺楽しそうだなぁ。
日本でこんな顔することあるだろうか・・。

とりあえずの更新でごめんなさい。

みなさんの愛がないと俺立ち直れません。(笑)

投稿者:TERU

ナマケモノ。

不思議なことがある。

俺は異常にある生物と遭遇する機会が多い。
今まで十数回出会った。

ナマケモノ。

この奇妙な生物をいたる所で発見する。

街のガソリンスタンドの裏、船を括り付けた藪の中にいたり、シングー河では大河の沖を漂流していた。

クリックすると元のサイズで表示します

常に私は助けてやるのだが、本人は、いらんおせっかいだよ〜なんて感じでゆっくり逃げようとする。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか自分を見ているようだった。
私自身もおせっかいを焼く母親の愛情をいつもそういう感じで逃げていたし、実際今も逃げている。


クリックすると元のサイズで表示します

母の気持ちもなんとなくわかったような気がした

そんな大自然、南米の大河の船の上だった・・。


お母さん。ごめんなさい。

でも、まだ旅はやめません。
投稿者:TERU

黄色いアスー。

現在、まだ熱は引かず既に薬の副作用で耳が幕をはったように聞こえが悪くなってきた。
頭が割れるように痛いがこの苦しみを刻みつけるために書いていこう。

そもそも何故俺がマラリアになったかということを言っておかなければならない。

それは、アマゾン下流域ベレンに流れこむ大支流リオ・ガマの支流リオ・カピン。そのまた支流リオ・アラランデュエラに幻のツクナレを求めに行ったからだ。

ここは辺鄙な所で誰も寄り付かんマラリア地帯だ。

日本人移民が初めに入植したトメアスーもこのアマゾン下流地帯。
多くの日本人は入植直後このマラリアにやられ大変な数、家族の命を失った。全滅した村も記載には残っている。

俺が初めて南米旅をした魑魅魍魎!南米怪魚狩り編のところもここの筋違いの河だった。

今回は更に奥地アラランデュエラをめざしたのだ。
何故ならここには全身黄金一色に染まるツクナレ・アスーがいるのだ。
しかも、ツクナレはデカい種類と言えばアスー(キクラ・テメンシス)一種しか知られていないのだが、他にもいたのだ。
別種のアスー種が存在するのだ。
ここの現地人はこの黄色くデカいツクナレをアスーと呼ぶ。

では見せてやろう!
俺が一生マラリアを背負って生きることに
ならざるかをも覚悟に決め、
求めたこの究極の黄金アスーを!

クリックすると元のサイズで表示します

俺は今も昔もずっと
怪魚の魅力に取り憑かれている。
これ以上の幸せがドコにあるっ!!


バカにつける薬はありません・・。




ちなみに去年、学名が新種記載されました。
Cichla pinima (キクラ・ピニマ)
結構広い範囲に分布するようだがここ奥地の河のものはデカイ。
この写真のクラスは最強クラスであろうと思う。

特徴は目の後ろの雲状黒斑が小さなスポットで2,3個、もしくは一個しかなく一番前のバンドがT字状、もしくは横に向こうとする特殊な形状であることが大きな特徴。テメンシスの記録程は大きくならないだろうが希有な大型種であることはこの個体で確信を持てた。(申請したら世界記録だろうけど関係ねェ)数は釣ってるのでおいおい説明します。

ポリシア・フェデラル(警察官)と一緒に行ったハチャメチャな旅。

この旅もハードだった・・。

マラリアにも罹りはしたが後悔はない。怪魚は更に続く・・。

投稿者:TERU

塩酸キニーネ・・。

ホンマこれぐらいで倒れるなんてカッコつかんわ。

情けない・・。


今は少し熱は引いてるんですが

結果はやっぱりマラリアでした。


金魚の白点病の治療にも使われる塩酸キニーネを処方されました・・(笑)
激安で副作用が強く毒性もきつい劇薬のあの塩酸キニーネです。
量を間違えると死にます。

日本にはほぼマラリアがないためにこんな旧世代の副作用おまけ付きの薬しかないのです・・。
視力に響くというのだけはやめてほしい・・。両眼とも視力2.5ですから・・。


まあ、悲観してても仕方ない。

秘境冒険怪魚釣り師の宿命みたいなもんなんでがんばりますか!

まあ、それぐらいの世界の釣り師のド肝を抜くほどの魚は獲ってるゼ!

今年中には公開!(笑)




副作用に恐れながら眠りにつきます・・やっぱコエぇ・・zzz
投稿者:TERU

(無題)

マラリア再発・・

今日一日ずっと高熱にうなされ、幻覚ばかり見えました・・。

夜7時頃、40度以上なる高熱で救急車で運ばれましたが、4つの病院に断られ、どこも受け入れ先がなく、やっとのことで千里の病院に収容されました。救急車の意味ない。
言うに事欠いて救急隊員の言葉。
「そんな病気どこの病院も看てくれんよ。」

しかも、マラリアを検査するキットがなくマラリアであるかどうかもわからないし、薬もない。
そのくせ全然関係ないレントゲンとったりエコーとったりやってることが意味不明。

全く意味もなく解熱剤をもらって帰ってきました。会計もあれだけでダルい値段だったし。帰りはタクシーだし。

明日、感染症センターに行くしかない。


日本の医療って本当に色んな所に問題あるねえ。ゼニゲバ。薬漬け。



頭が割れそうに痛い・・。

投稿者:TERU

XINGUの女王。

太古の大河 “XINGU”

クリックすると元のサイズで表示します


私が数年前、初めてこの大河を訪れ、竿を持って延々と続く膝ぐらいまでの浅瀬を歩いている時だった。
ふと、目の前に何かの気配を感じた。
水底に黒い巨大な円盤のようなものが見えた。
まさか・・。
そう、夢にまで見たあのポルカドットスティングレーだ!
その大きさ、軽く直径1m。
まさにKING OF KING STINGRAY。
美しい。
淡水エイの中で最も美しい王様。いや、女王様だ。
漆黒のボディに黄味がかった濃厚なクリーム色のスポットは牛乳瓶の蓋より大きい。
私は美しさとその圧倒的な迫力で動けなくなってしまった。
まるでナウシカが王蟲に出会った時のように。

そして、おもむろにポルカは逃げるどころか私に近付いてきた。
目の前2mでゆっくり静止したのだ。
縁側を気持ち良さそうに波打たせ、ゆっくり動かしながら私をジっと見ている。
私もその瞳に吸い込まれるかのように見つめ合った。

3分ぐらいたったであろうか。

ゆっくり何かを諭すようにゆっくりゆっくり消えていった。




私はあの時から奇蹟の大河に棲むあの女王をずっと追い求めてきた。
心を奪われてきた。


私はあきらめない。

運命とは自分で引き寄せるものだ!!


クリックすると元のサイズで表示します




Rio.XINGU。それは美しい河であり、
美しい女王が棲む古代の大河である。

クリックすると元のサイズで表示します
                          〈Potamotrygon leopoldi〉



投稿者:TERU

トルネード。

止めてくれ〜!!

もっと近くで見たいんだ!!

クリックすると元のサイズで表示します

ミイナス・ジェライス州の高原で遭遇した小さな竜巻。

飛び出ようとした私をブラジル人は押さえつけた。



本物の竜巻に魅了される研究者達やナショナルジオグラフィックのカメラマンの気持ちが今の私にはよくわかる。

人の心には危険な何かに魅了されるという愚かな衝動がある。


F6並みの超巨大竜巻を見てみたい。


恐怖には快感も尊敬も混じっていると思うのは私だけでしょうか・・。

投稿者:TERU

オオタガメ。

虫も今年はそろそろUPしていこうかな。

色々変な虫の写真も貯まってきましたので。


パンタナルで見つけました。

南米オオタガメ。
クリックすると元のサイズで表示します

しっぶー!(我が地元大阪で表現するとこういう感じ。)

オオタガメって名に恥じない大きさ。世界一。

やっぱ世界一って響きはいいね。

日本にはなかなか入って来ない。激レアです。

この時、朝から晩までタイワンタガメの腹見てペアに分けてビン詰めして出荷したある日のことを思い出しました。
俺の人生って一体・・。


ところでタイではタガメを食べます。
歓楽街に白人や日本人目当てで売りにきている虫料理の屋台のおばちゃんのは臭くてあまり美味くなく、庶民の集まる汚い市場で食べるものは意外にイケます。
カリっと揚げてというとベターです。

イナゴはマジで美味い。塩味で普通に香ばしいスナックです。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲテモノでもなんでもありません。フツーです。






くずした小学生風のレポートもいいでしょ?まだ堅い?

ヤバっ!もう4時っ!ね、寝ます・・zzz
投稿者:TERU

アクアリストな写真家。

お正月早々二日から一生懸命働いております。

毎日世界の魚をさわってアマゾンなどの自然のすばらしさを伝えるお仕事。

私にとっては天職であります。

だけどやっぱり現地にいるほうが自分は輝いていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか嬉しさを噛み締めてる表情が素だなあと思ってこの写真を載せてみました。


自分は昔からアクアリストです。

魚の写真もその個体を綺麗に見せたいというのが根底にある持ち方です。
(何気なくやってますが大きな魚になってくると意外に私のように持つのは難しいんですよ)

一時は自分のベッド以外はすべて水槽、部屋の扉を開けるとむわっとした湿度の高い温室で、壁紙などカビてすべてめくれていました・・。

毎日ブラインシュリンプを湧かし、仕事が終わって帰ってからも朝の4時まで水替えしていました。(実はメダカや小型シクリッド、カラシン好き)

魚好きはもう一生治らないでしょう・・。


自然の魚にはやはり色もスタイルも全然かなわない。

けど、アクアリウムはそれに近づける“飼い込む”という楽しさがあります。

それには現地の環境に近付ける水質であり餌であり、まず自然を知ることが大事です。


しかし、日本の熱帯魚マニアは流行り廃りで飼う傾向が大多数にあり、大事な部分を知ろうとはしない。


ホントのアクアリストってそうじゃないと思うんです。


正月早々変なこと言ってスミマセン。気になっちゃって・・。



ああ、それより私には色んな伝えたいことがある!

一枚の写真が私にとってはすごく大事なんです。

人の心を動かす写真というのは必ずある。

だから今月は一食抜いてでもお給料はすべてカメラにかける!


写真家にもなりたいし、夢はいっぱいあるな〜☆
投稿者:TERU

ドイゼントスノービ!!(2009)



新年明けましておめでとうございます!


クリックすると元のサイズで表示します


やっぱ、新年は笑顔でしょ!

今年も世界中の笑顔に出会いたい!


投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ