人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

私の宝物。

クリックすると元のサイズで表示します

夢を見続ける。
これは簡単なようで、とても難しいことだ。


夢に対して障害は常に立ちはだかる。



私は氏の言われるようにやってきた。

「少年の心で、大人の財布で歩きなさい。」

貧乏旅でもそれなりに金はかかる。使うべき所では使い、
常に少年の心で氏の教えに沿うように紳士にやってきたつもりだ。








開高健。

そんな憧れの人物の軌跡に触れた時の感動は忘れることができません。
モンゴル最果ての村で開高さんが立ち寄ったオオカミ猟師の遊牧民一家の鏡台にそれはありました。

「んっ?!」

クリックすると元のサイズで表示します

「まさかあれは!!」

クリックすると元のサイズで表示します

Kaikoって書いてある・・。

子供が張ったシールの横にひっそりとたたずむその“タイメンステッカー”




拝啓、開高先生。
こんなに遠く永い時間を経て私はあなたの旅路に逢いにきました。


理屈なんてどうでもいい。

私はあなたに、浪漫に逢いたかった。




クリックすると元のサイズで表示します
チベット仏教色の強いモンゴルの一般的な家。

クリックすると元のサイズで表示します
オーパ!に出ているオオカミ漁師の遺影。

クリックすると元のサイズで表示します
その息子。とても気のいい人でした。


クリックすると元のサイズで表示します
国から懸賞金の出るオオカミの毛皮。世界では絶滅しかかっているオオカミがここでは増えすぎて困っているのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
オオカミ猟師の奥さん。ご健在でした。


クリックすると元のサイズで表示します

私は今、あなたと同じ道を歩み始めています。

死の一歩手前に行った時から心が軽くなりました。

あなたに恥ずかしくないような生き方はしているつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します





今年は死にかなり近づいた旅をした2008年。
その締め括りということで永らく公開しなかった私の生涯の宝物を写真でご紹介しましょう。

初めての南米旅「魑魅魍魎!南米牙魚狩り編」の

「終話。」で紹介したあのルアーです。

常見忠さんが開高さんのために造った「KING BITE」、
開高健さんが実際にアマゾンで投げ魚を釣り、
それを頂いた醍醐麻沙夫さんも投げて魚を釣った
いわば、みんなの魂が入った
幻のルアー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この偉大な二人の小説家が実際に使用した日本釣り文学界的にも開高健ファン的にみても垂涎の逸品。


こんなに希少なものが私に手渡しで受け継がれた。

私にとっては魂を受け取ったも同然。

背負っているものが違います。

だから自分に負けるわけにはいかんのだ!!





2008年、色々あったが良い年でした。


来年も命を懸けるゼ!

☆BOMBA DA AGUA☆




投稿者:TERU

BIG REEL。

タイ国でのこと。

世界にはとんでもないことを企んでいる釣り吉がゴマンといる。
俺の友達になる連中はもうF1クラスの変態ばかり。

同じ匂いがするのだ。
この男マークもそうだった。
ニュージーランド出身でタイ人と結婚して日夜ビッグフィッシュを追い求めている。

この時も本気でネイティブメコンオオナマズを狙っている時だった。
クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ相手は500kgにもなる世界最重量の怪物鯰。

竿やリールで獲れる代物ではない。

そこをあえてBIGREELとSTORONGRODでしかも陸から挑むのだ。

リールなんかを見るとPENNのちょっとしたゴミ箱ぐらいある大きさ。
とんでもなくでかい。最強カジキ用だ。
やはりこのクラスで信用できるものは今でもPENNしかない。

当然のことながらこのデカさのリールは仕掛けを投げることはできない。
そこである方法を考えたと言う。

ラジコンボートフィッシング!!
クリックすると元のサイズで表示します

仕掛けを大河の沖までこいつに持っていってもらうのだ。

まさに「釣り吉三平」と同じストーリー!
マークがそんな日本の漫画のこと知る由もないが。


俺はこの男に熱き血潮を見た。

こんな誰も行動に移さない鉄をも貫く心意気が好きだ。
日本人にはこんなバカはいない。

この心が奇跡を起こすのだ。

しかし、この時はラジコンボートフィッシングだけは大成功だったが、絶滅しかかっている“純血”本物の怪物メコンオオナマズはやはり釣れなかった。

マークは別れ際に俺にシャツをくれた。

「俺たちの魂だ。」

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱり俺はこんな夢の見れる世界で釣りがしたい。





そして、THAILANDの夢といえばこの
シャムタイガー!
クリックすると元のサイズで表示します



これがタイのある場所で撮影した正真正銘のネイティブ。

希少な中流部のサイヤミーズタイガーフィッシュなるものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、世の中のマニアが欲しがる本当の鬼個体とは実はもっと違う場所に棲息している。

熱帯魚界に流れる伝説は嘘ばかりだ。

近年中に私が証明することになるだろう。


俺の旅はまだまだ続く・・。

投稿者:TERU

旅する足。

今年も懲りずに秘境の原野をよくを歩いた。

すべてはその傷が物語る。

クリックすると元のサイズで表示します

僅かながら草履の鼻緒部に日本人の痕跡がうかがえる。

この醜い足も私にとってはすべて勲章だ。


投稿者:TERU

想いを馳せて。

ある夜。
いきなりお邪魔したインヂオの水上ハウスはちょうど夕飯前であった。

米とファリーニャとピラーニャを揚げたものしかなかったが
私にはどんな高級料理店より贅沢な時間だった。

クリックすると元のサイズで表示します

人をもてなすのは心。その本当の意味を知る。


ハンモックに包まり目を閉じ、明日から始まるであろう水の爆発を想像し、アマゾンの声に包まれて寝る。
夜中には時々私が寝ている真下で大魚が小魚を捕食する爆音で目が覚める。

暗い隣の部屋から「寒くないか?今のはツクナレだ。」と私のことを気遣ってくれる声が聞こえる。

私も見ず知らずの人間が訪ねて来たときに、この人たちのように人にやさしくできるであろうか。

温かい。

こんな気持ちになった時、胸がきゅーんとすくような感覚になるのは何故なんだろう。

私は自然が好きだ。そこに生きる人々が好きだ。

こんなことを今の現代社会日本で言ってもスカして見えるだろう。

多分、言いたいことの半分も伝わっていない。

聞かれるのは道具のことばかり。
竿なんて硬いか柔らかいか、長いか短いかだけだ。




これだけは日本人に言っておきたい。






もっと大事なことがあるだろう?




投稿者:TERU

NATAL。

ブラジルではクリスマスのことをナタルと言います。
サンタクロースはパパイ・ノエル(ノエルお父さん)。

一ヵ月も前から街の飾り具屋さんは大繁盛。街灯やビルには盛大なランプの飾り付けが付けられます。

クリックすると元のサイズで表示します




日中40度をも越えるこのアマゾンのナタルは

灼熱のクリスマス。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなときにはお金がない貧乏な人もうまい具合に何かにありつける。
お祭りとはそういうものであり、そうでなければならないと思う。



ブラジルには永い間戦争がない。

何故かということを尋ねるとびっくりするような答えが返ってきた。

それは女が男より多いからだと言う。

アマゾネス。
クリックすると元のサイズで表示します

教会の入口には物乞いの初老の女性が何も言わずただ手を差し出して見つめてくる。

その真摯な眼差しに射抜かれタジタジになっている私を“ただ見つめ”手を差し出している。



南米の女は強い。

アマゾネスという造語の日本人の受け止め方もあながち間違いないのかも知れない。

南米は混沌の世界だ。
警官が親しくオカマの売春婦(夫)としゃべり、泥棒が開き直ってキレたりしている。



何が正しく、何が間違っているのかさえわからなくなってくる。

しかし、うまくやっている。

私はこの国が大好きだ。

投稿者:TERU

時間がほし〜っ!

あー、更新する時間がない!5分で更新して寝るっ!(笑)

とりあえず魚の写真を最近全く出していないので、アクアリウムファンにサービス!

日本ではごく少数のハイマニアしか理解していないツクナレ(ピーコックバスまたはアイスポット)の種の超解説、分布域も自分の南米全般に亘る調査の報告でしたいのだが、シクリッドは奥が深い。少々のサンプルでは計り知れないものがある。

学者もマニアも釣り師も頭を悩ませる。


ナゼナラコンナコタイガシュツゲンスルカラダッ!
クリックすると元のサイズで表示します
画像補正一切しておりません。ソリモンイス水系ラーゴ・ボトの個体


ルアーの後ろから虹色の影が飛びついてきたように見えました。


巷に蔓延るハイブリット説には大いに反論したいところだが、こんな個体を見てしまうと・・。



魚種の多様性最強AMAZONをナメるな!

↑自分に言い聞かせてますっ(笑)




とりあえず時間が欲しい・・。AMAZONとは生きる時間軸が違う・・。

日本はキビシイです・・zzz。
投稿者:TERU

き、消えた・・。

とりあえず

カシャッ!

クリックすると元のサイズで表示します

ベレンの安宿でのひとコマ。なんでこんな写真撮ってるんだろ?


感動長編4時間もかけて書き上げたのにポチっとひと押しで消えてしまいました・・。

だるっ!

現在朝の5時半。もう寝ます・・zzz
投稿者:TERU

関係ネェ。

どうせ誰にもわからねえ。



と思って突き進んできた。



他人なんて関係ねーとほざく自分は、
実は無意識の領域で絶望的に他人を欲していることに気付くことがある。



俺はさみしいヤツなんだと思う。


何か心に傷がある。しかし、それが何であるか自分でもわからない。



ただ、河に立つと自分は心底、自分に戻ることができる。


だってこんな世界なんだもん。




す、スミマセン・・・。時間がないのでYou Tubeにばかり頼って・・。

はやく本編更新して自分の画像も出します・・。幾種ものツクナレが眠っているので・・。


投稿者:TERU

旅の曲。

ここで、いつも旅中に聞いている曲、あるいは頭の中に流れている曲をホンの一部紹介したいと思います。

以前も紹介しているのですが、
ゴダイゴ「銀河鉄道999」「Taking Off! Over The Galaxy」「モンキー・マジック」「ガンダーラ」

あっ、新西遊記のMonkey Majik「Around The World」もいいな。



奥田民生さんの「さすらい」「イージューライダー」―さすらいは名曲中の名曲です。
PUFFY「アジアの純真」―パフィーは南米に行こうが中国に行こうがタイに行こうが世界中で人気ですね。世界のTVで見かけます。


この特にオススメの曲を雄大な景色に包まれながら聞くと、身震いするくらいの感動が込み上げてきて、自然に涙が出たりします。

何もかもが上手くいかず、辛い時でも勇気が出ます。

旅に音楽はいいものです。



久保田利伸さんの「AHHHHH!」
この曲は電波少年で最も感動した朋友のテーマソングで、
この曲が感動を更に盛り上げてくれたので大好きなのです。

少し長いですが見て下さい。


ギリギリの旅ってほんとうにいいものですよ。
こんなに心の底から胸のすくような感動が出来るものって少ないと思います。

それは、自分のすべてがかかっているからかな。


そんな時、頭の奥底から流れる自分のテーマソングに自分の物語りを重ね合わせリンクした瞬間、目に涙があふれています。

若い人には是非、釣り旅してほしい。

自分もその先駆者としてがんばらねばなりません。

そりゃ、魚は釣れたほうがいい。

けど、冒険釣り旅は釣れなかっても失敗ではないのです。

何にも変えれない感動に出会えるのですから。

(最近は釣果自慢しすぎていることを反省してます。あまりにも紹介していない魚が多すぎるので・・。熱帯魚ファンの方には悪いですが・・)





みなさんもオススメの曲があれば教えて下さい☆

投稿者:TERU

KNOW-HOW。

貧乏冒険釣り旅にはかなり色々なノウハウがある。

今、釣り旅をしようとして裏ボンバダの情報をもとにしている人が結構いるようだ。
よろしい。どんどん真似しなさい。
世界に出ることは今の村社会日本人にとってはすごくいいことだ。

その中で面白いものを紹介しよう。

南米ではアジアが地球の裏側、オリエンタルなものには興味津津、
意味もわからず漢字のタトゥーなどをいれていたりする。

それにつけ込むのがこの技だ。

ぺんてる 筆ペン

を一本持っていこう。

例えば、アントニオを「安都仁悪」とか、漢字で名前を書いてあげるのだ。
これだけで、1レアル(約50円)、2レアル払う人がいる。すごく喜ぶ。
いつのまにか並んでいるくらいになる。
値打ちを上げる為に筆ペンで格好良く、大き目に書いてあげるのだ。
息子の名前も書いてくれと言う人も多い。
飯代、宿代ぐらい筆ペンひとつでなんとかなるのだ。

あと、タオル。
こいつが釣り旅となるとナマズ用とか怪物タックルが多く幅をとるため、
いらん荷物は最小限にしなければならない。
タオルを2,3枚持つと以外と場所を取るのだ。そして意外に早く臭くなる。洗濯もメンドくさい。
俺はメンドくさいことは嫌いだ。合理主義の塊みたいなヤツなのだ。
そんな俺には重宝するタオルがある。

SPEEDOのセームタオル

こいつは一瞬で水を吸い取り、一瞬で搾れる。
干すのも必要ない。これが最大の利点だ。
一日何回も河に飛び込み体を洗う水の国では最高である。

意外にゴアテックスなどハイテクファブリックにはこだわってます。

まあ、これからはこんな感じで紹介していこうかな。
経験した者だけにしかわからんノウハウがくさるほどあるので。

釣りもしかり。


うーん、やっぱこれ裏ボンバダネタかな。
投稿者:TERU

You are Mad!!

海賊に恋をした。ガイアナから来た女だ。

アマゾンではピラテスと呼ぶ。

本来、俺は表には出てはいけない人間なのだ。

ここには書けないことが山ほどある。

今、このブログを読んでいるだけのイメージの私と実際はかなり違うかも知れない。

決してマジメではないし、人様に尊敬されるような人物でもない。



しかし、本当の旨み、面白みとはそういう所にある。

無理をして自分の旅が面白くなくなるのも嫌だし、できるだけの範囲、更新速度で紹介していこう。(次の旅に向けてもう働き始めるので。)



この映画と同じく、旅中、白人釣り師に出会ってカメラの中の写真を見せると必ずこう言われる。


「You are Mad!!」

クリックすると元のサイズで表示します


はははっ!イカれてる?



ブッ飛んでいると言ってくれ。

投稿者:TERU

クロコダイルハンター。

俺はワニを見るとムショウに釣りたくなる。

地元の人間が危ないからやめろと言ってもやめられない。

釣っても逃がすし、ルアーも噛み砕かれるのだが、その感触、ファイトを感じたいのだ。
利己主義だかなんだか難しい言葉で文句を言われたっていい。

釣りたいのだ。

ルアーを追っかけてくるものは釣りたいのだ!!



鰐は美しい。

太古からほとんど姿を変えずに生きてきた“生きた化石”に異常なる興味を示してしまうのが俺なのだ。

ガボンッ!!
クリックすると元のサイズで表示します

この時もそうだった。地元の少年が危ないのでやめろと言うのも聞かず、片手に竿、片手にカメラを持ちファイト写真を撮り、ボガグリップで顎を掴み、足の指にボガの紐を固定して両手が空けば鰐の口をカヌーの紐で結び一人で釣り上げた。
俺がピロテーロ(操船する人)に選ぶのは少年。
さすがにアマゾンの少年でもいつも俺の釣欲にまかせた行動にはビビッている。
もう、南米全土で釣ってきているから扱いには慣れてきているのだ。


鰐の美しさにいつも俺は心惹かれる。
その艶めかしい光沢。闇夜に眩いぐらいに光る眼。強靭な顎。恐竜の面影を残すその姿・・。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、何度も喰らい付いてくる獰猛さと単純な脳。
クリックすると元のサイズで表示します


そういえば、女性の好みも俺は必ず爬虫類系だな・・。


蛇柄と豹柄の似合う野性的な女性に魅かれます☆


ボ、ボンバダ・・。これから大脱線の予感・・。


投稿者:TERU

ハングリアン民族。

小さい頃このCMがすごく好きだった。



遠くに行きたかった。もっと遠く、もっと広く。

色んなものを見たかった。知りたかった。感じてみたかった。

涙を流してみたかった。震えたかった。

どんなに辛く体が泥だらけでも旅が心を洗ってくれる。

「負けるもんか。」

いい言葉だと思いませんか?

投稿者:TERU

帰国!

お待たせしました〜。

マナウスの空港でチェックインした後、思わぬ人と出会ったため、飛行機に乗り遅れるという珍事件が起こり、別のチケットを買ってなんとかサンパウロに着き、別の航空会社で着いているバッグをリミット20分で探し出し、国際線にはギリギリに飛び乗り帰って参りました。

まあ、ドタバタとこれで一安心と思いきや、日本に着くとロッドケースが何処かに行って出てこない。
それに加えてあまりにも怪しすぎる風貌から税関で個室に連れて行かれ、
「お尋ねしますが日本で禁止されている薬物などは所持されてないですよね?」
なんて丁寧語で聞かれ荷物を全部ひっくり返され調べられる。
外に一歩出ると熱帯の服装しかない為、短パン、サンダルで寒さに震えながら歩いて帰る。

今、これを聞いて釣り旅ってダルいな〜、と思ったそこのアナタ! 正解ですよ。
こんなことはなんてことない日常。

冒険釣り旅ってのはダルいの連続、トラブルを楽しみに行くようなもんですから。

危険を冒すと書いて冒険ですよアナタ(笑)


今回も水と岩の原野、方角もわからなくなる神秘の河シングーで釣りに夢中になりすぎてペスカドールとはぐれ迷子になり、最短で船を探すため川幅200mぐらいある深い流れを竿持って泳ぎ切りました。(銜えると意外に危ない)
水泳選手だったので泳ぎには相当自身があったのですが、流されてもうちょっとで死ぬところでした。(竿は離さなかった。笑)

マラリアもナメていたためにもうちょっとのところまで行きました。
投薬後、熱が引いた後は嘔吐と血尿の毎日でした。

マジで死にかけても本気で心配してくれるのは親とほんの一握りの人だけだなー。なんてのも痛感しました。

あっ、これは言っておかねば。
普通の観光ならアマゾンはそんなに危なくない所ですが、レア種や大物を探して人のいない奥地を目指すと危険度が2乗3乗になってくるだけの話ですので。

今月からデルタ航空がマナウスにサンパウロ経由なしで直接就航する便ができましたので、これからグッとアマゾンが距離的にも金銭的にも近くなります。

これを機にみんなもアマゾン行こう! (説得力ないですナー)

けっこう一人旅している日本人の女子は見かけるゾ。女はやっぱ強ェ・・


頭痛が酷いのもありますが、何から書いていいのやら全く頭の整理がつかず、今は布団に包まっています。

明日、国立感染症センターに行って検査受けて来ます。


まあ、好きでやってるんだからしょうがないねぇ。
誰のせいでもない。俺のせいだ。


ただ、言いたいことは、人生には何もない。人生を使って何をするか。

それによって人生が大きくなったりもするし、小さくなったりもする。

釣りにも意味はないし、大きく意味があるものだとも思う。

どう生きるかによって人生は大きく意味を持つ。

こうやって一生、自分は何かに情熱をぶつけて生きていこうと思う。

と、言うか何かに情熱をぶつけなければ生きれん性格なのだ。


せっかくこの世に生をもらったんだ。

人がうらやましく思うくらい生きてやる!!



だから、魅せるよ〜。 旅。怪魚★




                  明日から精力更新!乞うご期待!


投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ