人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

マーモセット。

ブラジルには本物のヒッピーの人達が結構たくさんいます。
自分で作ったアクセサリーを売ってそのお金で旅をしています。

そんな人達の感性には何かオリエンタルに惹かれるものがあるようで、
妖しい格好の日本人の僕に興味を持つ人が結構います。

龍という漢字の格好良さがわかるなんて君もナカナカのもんだよ。(笑)
テルという名の意味も説明するのが難しいのでソル(太陽)という意味だと説明します。
「おーぅ、いい名だ。」とか言いながら感心する姿が明らかなる善意を示していて、すぐ友達になったりします。
クリックすると元のサイズで表示します

彼女達はヒッピーを見つけるとすぐにアクセサリーを買おうとします。
僕にもミサンガを買って着けてくれました。

これは何を強調したいかわからないピントになってしまいましたが・・。

アララ(オウム)のイヤリングが美しかったもので、つい・・。

本当です。(汗)
クリックすると元のサイズで表示します



何故か彼女達の実家に居候することになってしまいました。
翌朝、顔を洗い、家の周りを見渡すと気持ちのいい景色でした。
クリックすると元のサイズで表示します


その日は日曜日でした。
ブラジルの田舎に住む人達は休日になると、家族や親族が集まって飲み食いして踊って過ごします。

何故か僕の歓迎会のようになっており、自己紹介をさせられ、釣り旅をしていることを説明しました。

カーネ(肉)を食べ
クリックすると元のサイズで表示します

サウシッシャ(ソーセージ)を食べ
クリックすると元のサイズで表示します

ペイシ(魚)を食べ
クリックすると元のサイズで表示します

だべります。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

セルベージャ(ビール)も吞むのをヤメるとすぐに、
「こうやって呑むと美味しいわよ。」
と言って、勧めてきます。
その吞み方とは、まず、底の縁と中心に穴を開け、真ん中の窪みにソウ(岩塩)を置き、ライムを搾ります。
窪みで塩を通ったライムが程良く混じってセルベージャが爽やかでなめらかになって呑みやすいという感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

美味いです。笑わせるので噴き出しています。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、あまり酒の強くない僕は完全にグロッキーです・・。

色んな国で吞まされました。

世界の人は僕がグロッキーになる姿が楽しいようです。


と、何気なく天井を見上げると・・。


あれは何だ?
クリックすると元のサイズで表示します

も、もしや・・!?



で、でた〜!!ピグミーモンキー一族!

コモンマーモセット!!

クリックすると元のサイズで表示します

試しに果物を置いてみると、警戒しながらも持っていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

たくさんいるみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

めちゃかわいい。




酔うとやけに花が綺麗だ。
例えそれが虫に喰われていようとも。

もう何も考えずに寝よう。

クリックすると元のサイズで表示します


今回は小学生のブログ風で(笑)
投稿者:TERU

一眼。

家賃二万五千円のアパート・・。

僕がここに住むのは夢があるからだ。

暗い寝ぐらを這い出し、明日を夢見る。

クリックすると元のサイズで表示します


食費を削っても欲しいもの、行きたいところがある。

やっと・・。

やっと手に入れました・・。

魂のレンズ・・。

一眼レフを手に・・。



今日も夢と浪漫に支えられて俺は生きる。







えっ?お金はどうしたのって?

全財産使いました・・。汗




金はなくとも心は錦。
どっこいおいらは生きている。
ははっ。


なーんて、言ってる場合じゃないかも・・。









投稿者:TERU

流されて・・。

クリックすると元のサイズで表示します

何処までも続く牧場とコブ牛と境界線・・。

ブラジル中部の高原地帯の典型的な風景だ。

一体どれほどの鉄線と杭を使うのだろうか、この景色が何時間も続く。

この境界に使われる杭、「100年水に浸かっても腐らない木」と呼ばれる木が使われる。

南米は狭い日本とはスケールも自然の豊穣さも何もかもケタ違いだ。
その南米の自然ですら機械を使う人間の前では脆い。

人間は必要以上の領土を欲する生き物だ。欲望は果てしない。
この想像もつかない大きさの牧場にも持ち主がいる。

日本人なども僅かなマイホームを手に入れるために一生を費やす。

俺のまわりにもいっぱいいる。
けど、何故か腑に落ちない。

これが、どうしても理解できない。

まあ、俺が変わり者だということで終わらしておこう。
俺は俺の基準で生きればいいだけのことだ。
また押しつけがましくなるところだった。


それより、ある事件があった。

車で辺境の町サンミゲル・ド・アラグアイアのバス停まで送ってもらい長距離バスを待っていると、俺は酔っぱらいに軽く絡まれた。

それぐらい南米旅の長い俺は何ともないのだが、この三人の娘達は過敏に反応した。
雌の親鳥が外敵を追い払うが如く、猛烈に追い払い、俺のことを心配するのであった。

俺のことを想ってくれていることは非常に嬉しいのだが、何か微妙にこっ恥ずかしい。

まったく、俺は女心がわかりません・・。


そうこうしているうちに、長距離バスがやって来た。
やはり、友達がいるとこの長時間のバスもあっという間だ。
色んな話をした。それぞれの身の上話や日本の事、ブラジルの事・・。

いつも一人だから何か楽しい。釣りがない旅だっていいじゃん。

この余裕がいつも俺を最後にモンスターに惹き合わせてくれるのだ。

俺は「釣りあげる」という単純な行為ではなく、その国の、その大自然の頂点に「逢い」に行ってるのだ。
その裾野の文化や風習や自然を見ずして頭の部分だけ喰っても旨くもなんともない。

だから、関係ないこといっぱいするのだ。

それでいいのだ。




大都会ゴイアニアの隣街アナポリスに着くと、女の娘の一人のパイ(お父さん)が車で迎えに来ていた。

「えっ?話が違うよ。ヒッピー旅じゃないの?」

もう、どうでもいいや、とりあえず流されてみよう。




家に帰る道中ゴミが道端にたくさん捨ててある所があった。

そして、また巨大な動物の死骸が・・。

クリックすると元のサイズで表示します




お父さんが俺に気を解すために言ったのかどうかはわからないが、

「馬もテレビを見ているよ。」

というブラックジョークには、なぜか笑うことが出来なかった・・。
投稿者:TERU

なぜ、ラムがなくなるんですか?

ああ、だめだ・・。
最近なんか超いい人みたいになってきている・・。
大自然を想う気持ちを叫べば何故か聖人のような扱いになっていく・・。
俺はそんな人に尊敬されるようなデキた人間じゃあない。
いいかげんで人というものを信用しない天性の天の邪鬼。

人に尊敬されると自分を蹴落としたくなるんだ。
究極のM体質。辛い釣りも旅も大好きだ。
女性に対しては何故か逆なんですけど・。


おカタいブログはよくない。何か押しつけてるみたいだ。
最近の傾向を打破すべく、ここらで軽く肩の力を抜こう。



人間一寸先なんてわからない。

俺は好き勝手に生きて、好き勝手に死んでいくんだ。


それが理想・・。


けど、金がないとそれもままならないのが現実・・。


Why is the Rum Gone? (なぜ、ラムがなくなるんですか・・?)
             







俺の場合・・。



なぜ、お金がなくなるんですか・・?(汗)
                     (すべてのものを利用し、これからボンバダおおいに壊れます・・笑)
投稿者:TERU

犠牲。

浮かれた気分で行こうとしたのも束の間・・。




ここで悲しき事件に遭遇する。




道路に巨大な動物らしきものが横たわって道を塞いでいた。

「ああっ!こ、こいつは・・。」

行き道に見たあのオオアリクイなのか・・。

地面についた足跡が苦しんだ様子を連想させる・・。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・。

ショックを受けた。

飛び跳ねるような気持ちでカメラを持って追いかけたあいつが・・。

胸に杭を打たれたように心が痛い。

せめてもの報いに重い体を引きずり道路脇の草むらに葬り土を覆せた。


毎日世界中の人間が造った道路で死にゆくたくさんの野生動物・・。

遣る瀬無い気持ちで心がはち切れそうだ。



俺がこんな釣り旅をしていることだって正当化するつもりもない。

動物達のアングルから見れば俺だって「悪」だ。



消えゆく熱帯雨林AMAZON・・。

この大自然が急速に破壊されている現実をグーグルアースを使って見て欲しい。

今は地球の裏のアミーゴの家も瞬時で衛星画像で見ることができる。
この忌々しい「便利」を逆手にとって見てやるんだ。
この世界中の現実を写す衛星写真地図でアマゾンを、世界を何気なくでもいい、見て欲しい。
辛辣なるほどに克明に記録されている。

森林を違法道が突き抜け伐採され牧場に変わっていってる。
格子状の直線が地球に爪跡を残している。
木々を輸出し、そこに大量の農薬を機械で撒き、大豆やパームやしなどの畑を作っている。


アマゾンが手付かずの大自然だと思っている諸氏は自然だけを映す動物モノのTV番組のその国の一部分だけを鵜呑みにしてはいけない。

確実に急速に大自然は消失している・・。

後に旅するであろうマダガスカル島の大自然の象徴パーソンカメレオンの悲劇「ペリネの森の巨人」などと称される「悲しい進化の箱庭」の現状の二の舞にしてはいけない。
この大自然は80パーセントの森を失ってしまった。

世界の河どこにでも言えることだが、河を守るのは森なのだ。

だからネグロ河に、シングー河に俺は猛烈に感動した。

究極の河だとか叫んでいる深い意味を汲み取って欲しい。


エラそうに言うんではない。俺は苦しいんだ・・。



そんなことに興味を、地球に興味を持っている人の少なさが・・。
(ここの読者は少なくともそうではないと思いますが・・。)


だから、今の日本の社会で褒められるような人間になろうとは思っちゃいない。


今、俺は写真にすごく興味がある。あくまでカメラでは、スペックではなく・・。
(スペックにこだわりすぎてウンチクは凄いが・・なんて人が多すぎるため。釣りも一緒かな?)

写真にはこんな学のない不良人生を送ってきた自分にも説得させられる何かがあると思っている。
心が入る。



毎日の生活は大事だ。目の前の生きることで精一杯かもしれない。

俺だってそうだ。

けど、間違っていたとしても俺は信じた道を行く。

こんなことに、ボンバダを伝えるために一生懸命になって生きてみよう。


関係ナイ世界ではない。すべて繋がっている地球の為に。




投稿者:TERU

す、すみません・・。

なんという更新頻度の低さ。(汗)

度重なるトラブルのおかげで時間もお金も無いです・・。


しかも「爆裂!究極古代牙魚狩り南米編」 長すぎて終わりが見えない・・。

まだまだ日本中が目を白黒させちゃうようなスゴイ画像とあったかいお話しがあるんですが・・。

待っている読者の皆さんごめんなさい。

もうすぐ連続更新必ず致します。



ちょっとここで後編のダイジェスト。

俺のアミーゴ。小さな友達ジーコくん。

二人でしたプチ釣り旅は最高に楽しかった。

もうベイトリールは使いこなせるようになった?

あの時はムイトグランジ!ムイトグランジ!って凄く興奮してたよね。

また一緒に秘密の河に行こうね!

クリックすると元のサイズで表示します


AMAZONASの少年もびっくりのボンバダ・・。

何処にも出していない驚愕の画像は・・。

更新を待て・・。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ