人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

なんにもない。

クリックすると元のサイズで表示します


景気がいいとは、いらないものをバカスカ消費し、経済が回るということだ。
逆に景気が悪いとは地球的に見ればいいこともあるはずだ。

と、まあ、こんな下りで今日は話してみよう。 (また寄り道?)



俺は幼少時から密かな反骨精神の強い子供で青年期には反社会行動を繰り返していた。
自分が正しいと思ったことを確かめたくて狭い社会でもがいていたんだ。
しかし、芯の部分では大半の大人は、日本人は正しいと思っていたところがあった。

だが、この歳まで生きて、色んな経験をした今、見廻してみてもそうとは限らない。
くだらない大人は腐る程いる。


世界の街を歩いていて、おっ、これは人物だな。という人に俺は惹かれる。お年寄り、ホームレスの人にでもあるんだ。
社会の地位や職業、年齢など関係ない。
俺は人間嫌いでもあり人間好きでもあるんだ。
んー、何かよくわからんことを言ってるが・・。




世界を金なしで這いずリ廻る旅するようになって自然に気が附くことがある。

国家、社会、世間の「常識」と、地球という星の自然現象からくる「真理」だ。

常識、それは空気のようなものであり、自分の脳に染み付いたガスのようなものだ。
それを払拭するのは容易なことではない。

払拭せず楽に生きる方法はいくらでもある。

でも、何か疑問を感じたり、納得いかないのなら旅がいい。
それもできるだけ金なしで。

洗い流すのは違う空気、違う場所、違う目線だからだ。

世界の風に洗われるとその汚れたものがよく見える。見え過ぎるほどに。

価値観が変わったというのも同義語なのだろうか。

如何せん、もう俺はとっくに目が覚めた。


このブログでも何回も言ってるような気がするが、何度でも言う。
それが俺の今の存在意義であり、ボンバダアグアであるからだ。

実際、それに何か感ずるものがある人にはこのブログに「熱い魂」を感じて頂いているはずだ。




「大人たちに褒められるような馬鹿にはなりたくない。」

若い時に感じた魂の詩い手の言葉を今も感じて突き進む。 


俺は真実にしか流されない。




PS,学歴、出世、人間のしがらみに疲れた人はマジメに考えることはない。ちょっと斜に構えて社会を見てみるといい。優劣の基準を入れ替えてみるといい。ボンバダを見るといい。(笑)


楽ではないが“楽”がみつかるであろうことと思う。


さあ、明日も頑張らずにガンバるゾ!
                                  敬具。
投稿者:TERU

チーミド。

話を本編に戻そう。

さて、アラグアイア河の宿を出た女の娘三人と俺の“即席結成ヒッピー軍団”一行は一路ゴイアス州の州都ゴイアニアに向けて旅立つこととなった。

とりあえずオニブス(バス)の停車駅がある辺境の町サンミゲル・ド・アラグアイアまで送ってもらう。

そんなことしてていいの?なんてここを見ているマジメな方は思うかもしれないが、俺の旅は実にいいかげんなモンである。
“いきあたりばったり”なんて書いてるのは形容詞でもなんでもなく、本当に何の計画もないのだ。
おおまかにこの旅ではこの魚が釣れればいいなぁ〜、なんて決めてその国に飛び込むだけである。 
ただ、その釣りたい魚の知識、触れ合った数がアクアリウム歴、輸入業歴が長かった為他の人より多く、欲求も多いだけ。

俺は何でも好奇心が満足するまでヤメないのだ。

純粋に真っ直ぐシンプルに考えれば何も難しいことなんてない。

この娘たちと出会ったのも何かの縁だ。

カイピリーニャ(田舎の娘)の縁である。

素晴らしいじゃないか。
こんな冗談みたいな話が旅では実際起こる。

ここは楽しくいこう!

じゃあ、手始めにこの言葉!

「チンチン〜!」

いや、これはれっきとした「乾杯」という意味なので・・。



いや、実はこの日本語の意味は日系の風刺で定番である。
であるからして、この娘たちは知っており、何度も俺に言えとせがんでくるのだ。


これはもう文化の違いとしか言いようがない。

日本での下品なことや淫猥とされることをこの国では吹き飛ばしてしまうのだ。

このブラジルという国は日本の美徳であるお淑やかさや、恥ずかしがり、一歩引いた態度、などの正反対を美徳とする国なのだ。

それもこの国の人達は日系人が多いのでよく理解しており、ダンスを踊るのを恥ずかしがったりすると、
「もう、ジャポネースはチーミド(恥ずかしがり屋さん)ね♪」
と言いながら優しく教えてくれるのだ。



―知的な痴的な教訓その一―

日本の美徳は美しい。しかし、ブラジルの美徳も美しい。
あなかしこ。あなかしこ。
(笑)
投稿者:TERU

フォーゴ。

あー、もう働きまくってるのにジェネイロ(お金)が思っているように貯まりません・・。

こんなんで本当に今年の夏も長期旅に出れるのだろうか・・。

妄想だらけでMy写真集を見返しているとパンタナルのクイヤバで写した奇妙な写真が。

まったくもっって何屋かわからないが、そこに書いてある文字は・・。

サンベネジットの炎。

あぁ・・。なんてタイムリーなんだ・・。

まさに挑戦したい夢の赤い孔雀。

釣り宿を使わず旅的に釣りたい。

誰のためでもなく自分の夢を汚さないように挑戦しよう。

クリックすると元のサイズで表示します



これがわかるの村田基さんぐらいしかいないんじゃ・・。

意味不明ですみません・・。
投稿者:TERU

そこが○○だよ日本人・・。

あ〜、もう時間が無え〜!
窓から朝日が差し込んでるよ!(怒)

書かなきゃならんことは山ほどあるのに!

今年も挑戦する相手で頭は妄想だらけ。
釣り界ではピーコックバス、熱帯魚界ではアイスポットシクリッド、ブラジルではツクナレ。

このルアー界のスーパースターを「そこが違うよ日本人!」と題して

多数ある種の解説、釣法を一から説明したいのだ!

今回の釣行記では後にタライロンとツクナレに関しては勉強になる超解説をしようと思う。

南米の種の多様化は想像を絶する。

ピーコックバスは熱帯魚を飼わない釣り人は数種しか知らないはず。

タダ巻きでは喰って来ない最高のゲームフィッシュだ。
そのピーコックの中でもこいつは小型種、ハワイやマレーシアに移植されている種だ。(目の横ではなく胸鰭の後ろに模様があるでしょ?)


その現地名はツクナレ・ピッタンガ。
クリックすると元のサイズで表示します

旅の後半は究極の自然の迫力をお見せしましょう・・。
投稿者:TERU

あーあ。

やっぱり朝だよ・・。

もう寝なきゃ。

去年は超暇人だったのに今は時間がない・・。

更新しようと思えば思うほど書けなくなるし・・。


気長にお待ち下さい。<(_ _)>


ボンバダ見てて絶対損はさせませんから!

すべてがリアルだ! この骨も!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

咬む咬む。

「なんか俺に似ている。」

俺のケツに喰らいつきとっ捕まって抵抗する蟻を見てそう思った。

自分の力ではどうしようもできない程の大きな力。

それに屈伏することなく渾身の力でまだ咬もうとする。

自分で播いた種にも関わらず運命に抗い本能で抵抗する。




「くっくっくっ・・。わかる、ワカルゼ、オマエノキモチ。そうだよな。そんなの関係無えェ。
お前も自分の自由を邪魔するヤツは許さんのだろ?」

クリックすると元のサイズで表示します


あぁ・・。自由に生きるってことがこんなにも厳しいものなのかと実感している今日この頃の生活です・・。はい。相当病んでます。今すぐ大自然に帰りてぇ〜!(w)




また関係ないこと書いてしまった・・。すみません・・。頑張ります・・。
投稿者:TERU

アラグアイアとの別れ。

朝、荷物をまとめ、ここから街まで交通機関はないので車で送ってもらうことに。(しかし、ここでも相場以上の料金を請求される・・)

あの意地悪おばさんとは挨拶をする気にもならなかった。ボッタクリバーと何も変わらん。

ふと、ボート着き場を見ると、ジョアンがこっちを見ていた。
いつもは何考えてるかわからない顔しているがこの時は悲しそうな顔しているように見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

俺はジョアンにあいさつをしに行った。

「ジョアン。またいつか違うかたちで会おう。楽しかったよ。お前のアラグアイア。マラビリョーザ!ビダ ナトゥレザだ!」



「テル。いい旅を。」




何気ない言葉だがそんな言葉が返ってくるとは・・。


その一言が嬉しかった。


こういう普段何も言わない男が発する重い言葉は胸にくる。

い、いかん・・。泣きそうだ・・。




やっぱり旅は当分やめれそうにない。








そろそろ出発だ。

女の娘三人組はもう車に乗り込み手招きしている。




恒例の河にあいさつをして帰ろう。


ごほんっ、短い時間でしたがありがとう。
一目で凄い河だとわかったよ。
まだまだ本当の姿を見ていないはずでしょうが驚愕の連続でした。
夕日が本当に美しかった。


また、いつかここに帰れる時は真剣に遊ばさして下さい!

類い稀な豊饒なる大河Rio.Araguaia!




また会う日まで!

クリックすると元のサイズで表示します

                          Rio.Araguaia編 完
投稿者:TERU

えっ!?

夜。
宿に帰りあの金好きそうな女主人のおばさんに釣り宿代が心配だったので幾らか聞いてみるとびっくり。

最初に聞いていた値段の3倍くらいの値段を言い出した。

「ああ、それはボートの船体の値段だけよ。エンジン代にガソリーナ代にピロテーロ代に宿代に・・。」

「やられた・・。」

俺は神聖なる冒険釣り旅をしているにも関わらず努力せず自分で現地の河で普通に暮らす人々を探さなかった。

罰があたったんだ。

釣り以外の旅で一番面白い、人々との出会いの部分を切り捨ててしまったんだ・・。

ボンバダアグアがボンバダアグアらしくなかった。

いつか、また来よう。ピライーバが大群で遡って来る季節に。


今度は完全に自分の力でアラグアイアの家族を探そう。


今となってはアマゾンのいろんな河に俺を家族の一人だと認めてくれる家族がいる。

釣り宿は一回ずつ金を払わなけらばならないし、釣りだけなので釣れなければまるでつまらない旅になってしまう。

そこには熱も夢も涙もない。

俺の旅は釣れなくてもいいのだ。

ボンバダアグアは釣れなくても旅自体、冒険自体が面白いのだ。

そこが外の釣行記とは違う一点。

見る物すべてが新しく鮮やかで・・いわゆる、お子様の脳を持った輝く冒険なのだ。




ここでゴネても仕方ない。
不敵な笑みを浮かべるおばさんに少々まけてもらったがその場で金を払い、
明日の朝ここを出ることにした。
アラグアイアは3日の挑戦だった。


部屋に戻り荷物のパッキングをしていると、
あの女の娘たちが入ってきた。

そのうちの一人の娘が
「話しは聞いたわ。あのおばさんちょっとお金に汚いの。ここは昔私のお父さんの持ち物だったの。でも、死んじゃってあのおばさんに盗られちゃったんだ・・。」


その娘は赤茶けた一枚の写真を取り出した。

「私のお父さん。いいペスカドールだったのよ。」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだったのか・・。

アマゾンでも色んな問題があるんだな。

「何か力になれることがあったら俺なんでもするよ。」

「ありがとう。でも、もういいの。」

「それより、テル。これからどこ行くの?」

「いや、あては何もないよ。」

「そう!じゃあ私達と一緒に旅しない?」

「えっ!?別に問題はないけど・・。」

「やったぁー!!テルはヒッピーだから問題ないわよね!ねっ!ねっ!私達もヒッピーよっ!」


なんかまたおかしな展開になってきたが・・。

まあ、いい。

これこそが自由な旅ボンバダアグアだ。

さあ、これから一体どうなるんでしょう・・?

乞う御期待。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ