人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

バナナール島。

テル、今日は暑い。
釣りは夜だけにしよう。
昼寝しようぜ!

ジョアン・・。
お前いいかげんにしろよ・・。
まだ朝だろ!

なんでそんなにやる気がないんだ!
俺が今まで出会ったアマゾンの男はすごかったぞ!

「アマゾーニャのコラソン(心)まで失ったか・・。はいはい。ナーダ ナーダ トードナーダ。(ないない、すべてない。)」
俺は口をとがらせて全開にすねて無茶苦茶なポル語の愚痴を吐いた。

ジョアンは聞く耳持たず。この男には何を言っても無駄だ。何も言わずどこかに行ってしまった。


だが、しばらくすると太いロープを手にしてすたすたと何も考えてなさそうな顔でもどって来た。

そして、一瞬マジメな顔をしてジョアンはこう言った。

「本当のアラグアイアを見せてやる。コンブリードだ。」

?意味がわからん・・。コンブリード?

まあいい、ヤツの一瞬の目つきには何かある。

昨日の3倍はガソリーナを積んでる。

面白くなってきたぞ〜。さあ、行こう!


この時、サンパウロからも釣り客が来ていたが、どんどん追い抜いていく。今日のジョアンは一味違うゾ(笑)

が、いきなり他のボートとは違う河に逸れていく。

すべてを委ねている俺は何も言わず2時間ほど無の境地にいた。

すると、ある岸部に舟を止めた。

ここはインディオ居住区。バナナール島(Ilha do Bananal)だという。

この島はおよそ2万平方キロメートル。考えもおよばないほど果てしなくデカい。

インヂオのおばあさんが畑の手入れをしていた。

クリックすると元のサイズで表示します
(実はこれちょっと好きな写真。おばあさんのニヒルな“強さ”を表す笑いが・・。)

今気付いたけど左上にUFO写ってないですか?(笑)

バナナを頂き(日本で喰うバナナとは味が全然違う!もーっとフルーティーというか・・)、コレでバナナール島に来た意味があるってもんだぜ。

だってバナナール島でバナナ・・。(汗)

おばあさんはこんな怪魚の河に囲まれてバナナとマンジョッカを植えて暮らしているのだ。
こうやってミシンも使って自分の服を作りおしゃれしているのだ・・。
クリックすると元のサイズで表示します

おばあさんは
「ここはいいところだ。」
と言った。

その目に嘘偽りがなかったことだけは確かである。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ