人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

アリっ!?

夕暮れ。
ここはワニの天国。
無数の2mぐらいのワニが浮いている。(小さい)

これをオカッパリからルアーで釣るのが面白いのだ!

ジッターバグが恐るべし!
ワニは動かすのを止めたらだめだ。見切る。

ポコポコ引いてくると、スーっと近ずいてきて
バッコーン!!


すんごいパワー!面白い!
超太軸のフックを載せてる為、金具がくの字や飴が溶かされたみたいになる。

これは理屈抜きに面白い。
魚じゃないが、誰が何と言おうと面白いのだ。

それを狙っていると水がV字ラインの波を作り、銀の龍が飛び掛かってくる!

写真を撮る瞬間、おしりを蟻に噛まれた超稀少なショットを見ろ!

あいやーっ!痛って〜!

クリックすると元のサイズで表示します
(ジョアンもこんな時だけちゃんと写真を撮る。)

クリックすると元のサイズで表示します←こ、こいつ・・。


どんな奇蹟をも生み起こす。

それが

世界釣り旅冒険記!

☆BOMBA DA AGUA☆だ!

お、おしりがボルケーノ・・。




投稿者:TERU

ジョアン。

ここからは今回のピロテーロ(船頭)についたジョアンについてのお話し。

このジョアンという男は一言で言うとまったくやる気が見受けられない。
事あるごとにポサーダ(釣り宿)の10km程上流にある自分の家に寄ろうとする。

「ちょっと待ってて。」
と言いながらいつまでたっても帰ってこないと思ったら酒の匂いをプンプンさせて酔って帰ってくるのだ。

さすがの俺もそういうことが何回か続くとだんだん腹がたってきた。
何しろ今回は釣り宿。
いつものように河に住む人のご厚意で釣れてきてもらっているのではない。
金が発生しているプロのはずなのに・・。

昼メシも用意せず得体の知れないこれだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは何だ?
はじめは栗か何かの実かと思った。
何しろ食感が栗そっくりで味がほとんどない。

クリックすると元のサイズで表示します

あぁ・・。そうだ、これは亀の卵だ・・。
紙のような殻で白身がないし・・。
説明も何もしないで何所かに消えるし、その間ルアーを投げればやっぱりたくさんのピラーニャが無数に釣れるのだが・・。

どんどんこの男の信用がなくなる。


帰って来たジョアンはいきなりこう言った。

「カメを釣ろう。」

俺は多分自分が食いたいからだろうと思ったが何事も否定しないことにした。
天然な男だが、こういう奴ほど何かわからん能力を持っていることが多いからだ。

「どうやって釣るんだ?」

ジョアンが持ったのはナマズ用の重いオモリとハリという単純な仕掛けだけ。

これをボートで川底を引くと言う。

俺は呆れ返った。
いくらなんでもそんな三本針でもない一本針に硬い甲羅のカメがこんなに広い河で引っ張ったからといってそうそう掛かる訳がない。
しかも底の倒木とかにひっかかかるんじゃねえか?



釣り始めて二分でいきなり竿が曲がり、スカポー(バレた)と言っているが、信用できない俺はベルダージ?(マジ?)と怪訝そうに聞き返す。


しかし、すぐに引き続けるといきなり、またもや竿が曲がった。し、信じられん。

うおー!マジ?
も、もしかして・・。
ここの川底はカメでぎっしり!?





しかも日本では売価数十万円のレアなカメ!

南米オオヨコクビガメだ!!

                         〈Podocnemis expansa〉

(違う表記してたのに突っ込みがないのが悲しい・・。 )

この河も恐ろしい・・。いや、ジョアンも・・。
投稿者:TERU

知と体験。

河に繰り出しまずは五目釣り。
五目釣りなどとは日本流の言い方。
ここでは五目ぐらいで済むはずがない。(笑)
俺が釣りで最も重要視するのが針だ。
どんなサイズも抜かりなく持っていく。
小物用の袖針を使えばありとあらゆる魚が飛び出てくる。
大物だけが釣りじゃないぜ!

多種多様水中生態系世界No,1の舞台はこうだ!

うおーっ!
ロングノーズコンコルドキャット!!
凄いヘンテコななが〜いお口!(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


出た〜!ゲオファーガス!
何気に俺はこいつを釣りたかったんだ!
これのマニアも多いはず。
アラグアイア種は超極美!
クリックすると元のサイズで表示します


で、出た〜っ!!エクソドンっ!!
こいつはなにを隠そうスケールイーター(鱗喰い)。大きな魚の鱗を削ぎ取って食べる食性の魚だ。
豊饒な環境であるからこそ、そう進化したアラグアイアを象徴するかのような魚なのだ!
カンゲキ〜!!嬉しすぎるぜ!
小さな牙でガシガシしている!くぅわいいっ!!
比較的安価でたまに日本で売られているが全く形や色が違う!
こんなにかっこいい魚だったんだ〜。
俺の天才的アワセがわずかなアタリのこいつを掛けたのだ。(←バカ。笑)
クリックすると元のサイズで表示します


ビックーダ!ハイドロシナスガー。
普通はこの大きさ。俺がシングー河で釣ったのがどれだけ化け物かわかるでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します


シルバープロキロダス!
地味すぎてほんとにマニアな人しか探してないだろうな〜。意外にレアかも。
こういう種を大事に飼っている人を見ると唸ってしまうだろうな。
クリックすると元のサイズで表示します


スポットヘミオダス!これらの中型カラシンを日本で優雅に飼育できる程のわかった人とスペースが日本にはほとんどいない為人気がないが実に洗練されたカラシンだ。
クリックすると元のサイズで表示します
                             〈Hemiodus unimaculatus〉


カラープロキロダス!現地名ジャラキー。アマゾンの原住民が特に好んで食べる魚だ。俺はパクーだが・・。
クリックすると元のサイズで表示します


シルバーダラー!
アメリカ人がドルコインに似ている為に付けた名に違いない。
現地でフィッシュイーターに水面で追われてモーゼの十戒のように無数のこの魚が飛び跳ねる様は銀にキラキラ光り、まるでアマゾンで大当たりしたラスベガス!(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


悪魔ジュルパリっ!
アマゾンには昔から伝わるこの魚が主人公の民話があるんです。
そのお話しはまたの機会に。
サタノペルカ。サタンの魚ってこと。
クリックすると元のサイズで表示します


こんだけアマゾン旅してて意外に釣っていなかったのがこれ。
オスカー!
アラグアイアの魚はピラーニャの猛攻を搔い潜って生きている為に鰭がボロボロ。

豊饒=熾烈極まる生存競争なのだ!

大きさの割にはけっこう強いひきをする。
クリックすると元のサイズで表示します


おなじみ!河のチビッ子ギャング!
タライーラ!!
こんなにカッコいい魚なのに生息数の余りの多さとタライロンに比べられて卑下されてかわいそうだな〜。
ブラックバスぐらいの力は持ってるのにね・・。
クリックすると元のサイズで表示します


一種類一種類書いてたら好きな魚多すぎてきりがね〜っ!

諸君!魚を勉強するのだ!
知らなければ例えアマゾンに行ってもお汁粉のような黄色いトロンとした河を見るだけで貴重な魚や自然を素通りしてきてしまうぞ。

逆に言うと熱帯魚マニアは必ず目指すべき場所であるとも言える・・。

食性や生態を知り、なぜそう進化したのか、なぜここにいるのか。
それが河や森を知ることに繋がり、大きな目でみることによって何がエコなのか知ることに繋がるのだ。

アマゾンではこう言う。

セルタニスタ。(森を知る人。)


良い釣り師とは世界中の国を問わず、そういう人のことを言うのだ。


投稿者:TERU

ペイシとタンガ。

寝坊した。

少し昨日のカイピリーニャが残り頭が痛い。

河に出ると昨日の娘たちは水着で釣りをしていた。

「テル〜!こっちで一緒に釣りしよう!」

クリックすると元のサイズで表示します

「あたしたちだって結構釣るんだから。」

クリックすると元のサイズで表示します

「ほらっ、ピラーニャとツクナレ!」

クリックすると元のサイズで表示します

昨日しこたま吞まされたカイピリーニャとはブラジル伝統のカクテルだ。

ポルトガル語で「田舎のお嬢さん」という意味。

そんなことを想い出し奇妙な出会いもこれ運命と、アラグアイア河を吹きぬける風と水で頭を冷やした。


が、すまん・・。ボニータちゃんたちよ・・。

君らとおままごとしている場合じゃなかった。


そう、俺にはボンバダが待ってるからナっ☆
                   



                        (PS,アイスポットシクリッドマニアよ。何かに気付いた?)
投稿者:TERU

カイピリーニャ。

宿に帰ってくると真っ暗な河の岸部は高速道路の街灯の様に一本筋に赤や青に角度によって変わる美しい光が連なる。

そう、それは全部ワニなのだ。
何千匹というワニが岸部の水際に一筋の帯になって遥か遠くまで連なっている。
信じられないくらい明るく眼が輝る。
なんという崇高なる光景。
世界にはまだこんな場所があるのだ。

船を岸に近づけると子ワニらしい感じの水音で何匹も連鎖してばしゃばしゃと逃げる。

豊かだ・・。実に豊だ・・。

俺はこれを感じるために旅してるんだと思った。

自然と笑みがこぼれる自分に気付いた瞬間、
宿のほうから黄色い声、女の娘の声が聞こえた。

「テル〜。どうだった〜。グランジなペイシは釣れた〜?」

誰だ?なぜ俺の名を?

近づくと宿のヤシの葉で出来た屋根のテラスに女の娘が三人カイピリーニャを飲みながらカードをしていた。
ポルトガル系で金髪の娘、中東系の娘、中東系でふとっちょの娘。

なぜこんなド辺境に年頃の街の女の娘が?
クリックすると元のサイズで表示します

話してみると、あのサッチー似の女主人の姪っ子とその友達らしく、遊びにきているが退屈とのことであった。


とうぜん、そんなところに俺みたいのが現れたからいいおもちゃにされるのは必然である。

無理矢理、カイピリーニャを何杯も吞まされ・・。
吞みほす度に黄色い声で喜ぶのだ。(男女逆転してないか?)

この帽子がかわいいから欲しいとボンバダ帽子を無理矢理略奪され・・。(替えを持ってきて良かった・・)

すごく気のいい娘らで、ヒッピーを崇拝しているらしく、
「テルは髪が長いから当然ヒッピーよね?」
と問い正してきた。
まあ、大きく間違ってはないので一応うなずくと

「キャーっ♡やっぱりー♡そうだと思った〜♡」

ヒッピーはこの国では人気なのか?

俺ってヒッピーだったの?

薄れゆく意識の中でカイピリーニャに浮かぶライムの皮が鮮烈なる緑を発し、
なぜこんなことになっているのかはわからないまま秘境アラグアイアの夜は更けていくのであった・・。

                                 (明日につづく・・。)
投稿者:TERU

美しきエイ。

夜が始まろうとする。
日が落ちる前後ニ時間はモスキートタイム。
アラグアイアは蚊はそれほど凄く多くはないと聞いてきたのだがやっぱり凄い猛攻。
南米で何が一番辛いかって言われれば間違いなく蚊である。
幾度となく蟲にはとんでもない仕打ちを受けてきた。
トカンチンス河では大気が唸るほどの蚊に襲われたこともあった。
だが、俺は嬉しい。
経験で言えば
蚊多い=ナマズ多いだからだ。

豊饒さはすべて繋がっている。

その豊かな河の夜が始まるとナマズ達が騒ぎだす。

ナマズ釣りは待っている間は手が空いてるのでもう一つバスロッドに中ぐらいの魚の切り身を針に付けて投げ込む。

すぐにアタリがある。ピラーニャの猛攻をかわすポイントだとすぐにキタ!

ナマズ界の特攻隊長!
アラグアイア・バルバード!
クリックすると元のサイズで表示します
                            〈Pinirampus pinirampu〉

今、ナマズ類はIBAMA(ブラジル環境庁)の規制で入ってこないのでけっこういるこの種でもナマズマニアにとっては憧れの魚なんですよね〜。

おっと、ここでもうひとつの忌々しい蟲を紹介しよう。

俺が暗闇でアタリを待っていると目に蟲が入った。
日本でもよくみるハネアリだ。サイズも同じくらい。
最初は偶然だと思っていた。
しかし、何度も目に入る。
これは何かおかしいと思い始めた。
そして注意していると、明らかに
目をねらって入って来る!
涙がおいしいのかどうかはわからないが完全に目に入ろうとするのだ。
何匹かが目の中で潰れ目が痛い。

そこにアタリがあったものだから目を搔きたいのだがリールを巻くしかない。
その苦しみを乗り越えて上がってきた魚はなんと!
アラグアイア・ゴールデンスポットスティングレー!!
クリックすると元のサイズで表示します
                            〈Potamotrygon sp〉
真っ赤な目が今見ても痛そう。蟻酸にやられているのだ。

そして、エイは尻尾の毒針が想像以上に危ない。
世界でもっとも有名なオーストラリア人とも呼ばれる「アニマルプラネット」の「クロコダイルハンター」でお馴染みだったスティーブ・アーウィンSteve Irwin氏も一年半前にエイで命を失っている。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、俺はエイが好きだ。この美しさとツンデレの目を見ろ!
何考えてるんスか?って感じ。
思考の読めない生物ほど魅かれるのだ!(意味深?笑)

クリックすると元のサイズで表示します

余談だが、あるアマゾンの奥地で食べたエイのフリットはモチモチしたゴムのような食感で不思議な味。珍味中の珍味であった・・。

あぁ・・。南米って何が釣れても嬉しいっ。(笑)
投稿者:TERU

雲と雲の挟間で。

世俗ってのは厳しいなぁ。

日本の都会で生きていくってのは世俗にまみれることなんだ、きっと。



俺、辛いことがあった時はなぜか旅の空の写真を見る。



下界で起こることなどちっぽけなものに見えてくるんだ。

大きな空から見ればなんてことはない。

小さすぎて見えることもない。

クリックすると元のサイズで表示します
                              


空を見てると言葉にならない答えみたいなのがなんとなく見える気がするんだぁ。








(本編更新できないせめてもの罪亡ぼしに大サイズの空の写真でもどうぞ・・。あなたはこの写真の中のうっすら写る大地が都市に見えましたか?それとも熱帯雨林に見えましたか?)
投稿者:TERU

噂と現実。

一応、俺みたいな旅をする者が“一応”見るサイトで外務省 海外安全ホームページというものがあります。

前回の旅は直前までコロンビア廻りでベネズエラ、ペルー、ボリビア、エクアドルを旅しようとしたが、急遽変更してブラジル2周という旅になった。

ちょっとじゃあコロンビアを見てみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり外務省サイトで参照するとまったくもって行くことが難しい治安にしか見えない。

しかし、意外と現実はそうとも限らないのだ。

そのことを後に本編で書いていこうと思う。

・・のだがヤバい話が結構あるな・・。(絶対的に面白いが・・)

ボンバダに書いたぐらいの情報はホンの氷山の一角。
それぐらいで俺というものを判断されては困る。

だが、わかるヤツはすぐに喰い付いてくる。

俺を慕ってくれている愛すべきアミーゴ
放浪学入門のあきらくんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
                               〈Silurus biwaensis〉

ちょうど今コロンビアに彼が行っている。

噂と現実。

いつの時代にも時代に流されない情報と本物を見分ける目を持った者がいる。
彼もひょいと飛び込んだ。

見た目はおっとりとしてマイペースな男で、東大というイメージを一変させてくれるのだが俺とは妙に気が合う。

俺のアングルで見るとほんとにいい青年だ。


あきらくん、アタパボはどうだ?素晴らしいか?教えたところもがんばれよ。
でも、某大陸の赤ラインはさすがにマジでヤバかったので慎重に行くとこは慎重にねっ。

魂の詩を叫ぶ君を待ってるゾ!


                        (今日は私的な飛びまくりの内容でスミマセン。)
投稿者:TERU

怪魚仕様。

クリックすると元のサイズで表示します
                 〈ピラルク漁師がくれたアルポン(銛先)と怪魚〉



俺の財産などダンボール二箱と釣り道具と原チャリしかないことが判明した今。(笑)

現在、四畳半怪魚秘密基地制作中。全面怪魚仕様。

でっかい押し入れが付いてる超古いタイプのアパートなのでドラえもん流寝床もありかと。(笑)


たこ焼きと壁土とたたみとルアー。
デイィープな大阪の下町感とミスマッチな世界の怪魚オブジェ、タックルが結構イイ感じ。

ネットもどこでもできるMobile環境に変更。
これでボンバダ更新設備もマイペンライ。(笑)

魚関係の仕事に長期冒険OKの条件付きで呼んでもらえたのですべて問題ナッスィング。
みなさん、ご心配をおかけしました。<(_ _)>



MyFriend各位、
落ち着いたらまた大阪の下町に潜む俺の怪魚秘密基地に遊びに来てね!

                          更新しばしお待ちを!
投稿者:TERU

シンプル。

クリックすると元のサイズで表示します
シンプル。(3分で作った。)

今日もスミマセン。寄り道、心の声です。
(まだ南米編半分も書いてないのに・・。)

明日、四畳半一間風呂なし共同便所のアパートに引っ越し人生の仕切り直しの新しい生活の始まりです。

こうやって書くとしんみりとした感じになりますが、実際は夢に向かって生きる男の自分がカッコ良くて仕方ない。(笑)

頭の中では常にゴダイゴの銀河鉄道999が流れています。(笑)

見栄も世間体も気にせず人生に向かって生きるのだ。


男はこれぐらいでないといけない。



人間、泣かなくちゃ。

投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ