人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ヒッサツワザ。

もうひとつの技を公開しよう。

その名も

肉ペンシル。(笑)


もうわかっちゃったかな?

ブラジリアンペンシルベイトの後ろフックを外し20cmぐらいのワイヤーPEをつけてシングルフックにピラーニャの切り身をかけてワイドスライド系ドッグウォーク。(笑)

冗談でやってみたセッコイ釣りだが爆釣。



踊る阿呆に見る阿呆♪
同じアホなら踊らにゃ損々♡


九州の人はいいこと言うな〜。マジ阿波踊りリスペクト!深けェよ!

クリックすると元のサイズで表示します
                          〈Osteoglossum bicirrhosum〉
クリックすると元のサイズで表示します
                                 (なにげにデカい)


型に嵌められた人生なんてまっぴら御免だぜ!


俺のブログ見に来てるだけでも君達はイケてる!(笑)

鋭いコメントを残す者は更にイケてる。(爆)
投稿者:TERU

アロワナのパターン。

今回はアロワナフィッシングのお話し。


アロワナフィッシングのパターンについて。
この魚はよくもわるくもパターンに陥りやすい“強い特徴”を持った古代の魚だ。
アロワナを釣るコツには大きく分けて2パターンの河がある。
すべては環境に左右される。
ひとつはブッシュやウィードの中に潜んでいてトップにアタックしてくるようなパターン。上流域、茶色系の河川、アマゾナス州などはほぼこのパターン。
このパターンは魚体が見えない。岸際に投げてトッププラグをアクションさせると細い独特なV字ラインの波を作りながらすーっと茂みの中から素早く近づいてきてパッカーンとアッタクしてくる。
すべて見える派手で面白いトップウォータースタイル。
ファイトもアタックもアグレッシブでいい。
薙刀が怒り狂うかのような華麗で強く水飛沫をあげる特徴的なファイトが気持ちいい。


もうひとつは下流域の白い河川系に多いのべーっとふらふら泳ぎ魚体が目視できるパターン。
けっこうたくさんの数がワンドの奥の風の当たらない場所で水面直下をゆらゆら泳いでいる。ペアになっているものもある。
ピラーニャにいたずらされるのかヒレなどもけっこう齧られている場合が多い。(小さい頃から図鑑の絵を見て憧れていた光景でもある。)
こういうパターンの場所のアロワナはルアーをあまり追わない。やる気がない。
池原ダムの見えバスのような感じだ。(わかりやすい?)
世界の釣り堀に移植されているアロワナもこのタイプになっていることが多い。
急いで逃げないという特徴もある。意外に図太い。
浮きをつけてエサで釣る方がいい。
前者は逆だ。ルアーの方がよく釣れる。
落ちるものに反応し、ゆっくりエサと一緒に潜り消えていく。
その瞬間にゴゴンとアタリがある。
ある意味面白いっちゃ面白い釣りだが簡単すぎる。
落ちるものは咥えてしまうすっごい落ちフェチなのだ。(笑)
この釣り方はキャストの精度がものをいう。進行方向を見据えて2m前に落とす釣りだ。

しかし、どうしてもルアーで釣りたい場合は小さいS字系のルアーが威力を発揮する。
ゆらゆら巻いてきて鼻先でふらーっと沈めるのだ。
すると、ゴンというキスバイトをする。
ここらへんのアワセは集中力がものをいう。

シルバーアロワナは遠く離れた何箇所かで釣ったことがあるが、学術的には一種類だが、どうも一種類という感じがしない。
アマゾナス州とパラ州のアロワナは何処が違うかと言われれば説明できないが雰囲気や体色、模様、体高がよく見るとけっこう違うのだ。(アマゾナス州編でお見せします。)

幸い少し見辛いが動画を撮ってきているのでお見せしよう。こんな感じで泳いでいる。



エサで釣ろうとしたのだがこの河は余りにもピラーニャが多く浮きをめがけて咬みにくるので感覚もないほどに太いPEラインがぱっすり切られ、沖で漂う浮きが突きあげられてピコピコ動いている。

コリャダメだと思い、そこで小さめのS字系ルアーを取り出した。
この技はタイのIT MONSTER LAKEという釣り堀で編み出した技だ。
今そこでは定番テクニックになっているらしい。(笑)

うまくやればはい、このとうり。

クリックすると元のサイズで表示します
                         〈Osteoglossum bicirrhosum〉
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ