人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

アラグアイアに向けて。

アロンさんとの別れは書かない。また会うために。

俺はアラグアイア河に向けて旅立った。
地図ではブラジリアからは近い。たった数センチだ。
ブラジリアからは一番近い大河だ。

しかし、わかるでしょ、ここはブラジル。空間的感覚が狭い日本とはまるで違う。
まず、ゴイアス州の州都ゴイアニアに行き、トカンチンス州の辺境の町サンミゲル・ド・アラグアイアにオニブス(バス)で向かう。これで600km。

ブラジルの旅は金持ちは飛行機、どこの街でもあっという間だ。
金があればバンバン使えばいい。否定はしない。
ただ言いたいのはやる気があればなんでもできるってこと。
俺なんか常にぎりぎり。人生もぎりぎり。
関西空港でバイトしてる時に白米のおにぎりを食べていておばちゃんに言われた言葉が
「兄ちゃん、ぎりぎりやな〜。」きっつい大阪弁で。
また余計なこと書いた。そんなの見ればわかるって?(笑)

国内線は皆さんが想像するより恐ろしい数の便が飛んでいる。過密スケジュールによりよく落ちる。というのが現状である。今ブラジルが抱えている問題のひとつ。実際見た事故はエグイ。
そして、金がなければ鉄道が発達していないこの国ではバスか船だ。
しかし、これが意外といいものなのである。景色は見えるし、シートも良い。知らない人もすぐ友達になる。

時は金なり。でも急いで行くことが時間を節約しているとは限らない。
特に旅に至っては無駄こそが重要な時間であると後になっていつも思う。

無駄こそが人生。人間は完璧でないからこそ魅力があるのだ。

さあ、夜が明けたら辺境の町に着くはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ