人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

赤い殺し屋、ピラヤ。

水草と闘いながらヘモ(櫂)で漕ぎ大きな開けたポケットに出た。

そして、そこはルアーを投げてもあれだけいた魚の反応が極端に薄くなった。
しかし、ここで俺は何かおかしな雰囲気に気付いた。
何の根拠もないが何か底にいるような気配がするのだ。
色んなルアーをとっかえひっかえして投げてみるがアタリがない。
しかし、この場所に俺はこだわった。何かおかしい。
あるルアーがひらめいた。困った時のボーボレータ。(秘密が知りたい人はネットで探してみてね。まだ教えない。)
こいつの小さめのタイプのレレにST-66の極小を付けて沈むやつがあった。
わからない人の為に言うと、要は小さい水中ジャークペンシル。

これで深めの場所を緩いトゥイッチで探ってみた。

ガッツーン!!

カカッタ!この瞬間にヤツであることはすぐにわかった。

とうとう出会った俺だけのこだわり。

やったぜ!超レア!
サンフランシスコ河流域のみ生息する赤い殺し屋!

ピラニア・ピラヤ!

クリックすると元のサイズで表示します
(写真も一人で撮れないので岸により枯れ枝に固定して撮影。おかげで前に出し過ぎた。)

シブい・・。シブすぎる・・。初めて見た野生大型ピラヤ。水槽のものとは全く違う。右から左から上から下まで穴が開くほど見続けた。この縦に波立つ赤の模様が独特だ。


これを釣ったことのある日本人なんて聞いたことないし、ネットでも見たことない。

こいつのカッコよさがわかるかな〜。
頭のラインと厚みとアゴの力が全然違うんだよ。
相当なピラニアマニアでもわからんだろうな。野生のピラヤのシブさ。
みんなブラック、ブラックだからね。
日本の水槽では大きくなりづらいタイプだからみんなよさがわからんのだろうな。
(俺はわかるぜ!という方の熱いコメント待ってます。)

こいつはでかくなってこそシブくなる。

えっ?マニアすぎるって?
ここを見ている98パーセントの人はナッテリー(普通種)とどこが違うかわからんという顔して見ているのが目に浮かぶようだ・・。
そう。俺は怪魚マニア中の怪魚マニアだ。誰にも情熱は負けんしオタクだ。もう言い切っとく。

戦法は見えた。
同じ要領で釣った。これ位が最大クラスだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

俺の釣りは本当のハンティングだ。自然が薄くなった場所でのゲームフィッシングというルールを守らなければならない世界もあるがここは違う。
今日はこれを喰う。闘いに勝ったのだからじっくり味わって相手に無礼のないようにキレイな骨になるまでおいしく頂く。それがこの自然の流儀だ。ピラーニャは美味いんだ。

遂にこの手にしたピラヤ。さあ帰ってみんなで喰おう。

しかし、あの藪に消えたおじさんはいつまでたっても帰ってこなかった・・。

いやー、実にうれしい。

                プチ旅ピラヤ捕獲ミッション終了☆

クリックすると元のサイズで表示します
                              〈Pygocentrus piraya 〉
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ