人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

あぁ、フロッグ・・。

だが本命のピラヤはいない・・。
まったくもって釣りの定説どうりドラマのラストシーンにならなければやってこない。
釣れる場所を求めて沼の周りを歩いてみるが想像よりも遥かにデカイ。
どれぐらい歩いただろう。投げれる開けたポイントまで来ると前に突然アルミボートに乗った手漕ぎの色黒の初老のおじさんが現れた。
「何してるんだ?この人?」
陸に上がってきたので声をかける。
「こんにちは。ここに赤い大きなピラーニャいますか?」
「ああ、いるよ。沖の深みじゃないと釣れん。このボートを使いな。」
そう言っておじさんは藪の中に消えていった。
ナニ者?
手漕ぎなのになんでアルミボートなんだ?しかも何処へ・・?

とりあえず、お言葉に甘えて一人でボートに乗りとりあえず手前の浮き草密集地帯へ。
雷魚用フロッグを投げてみたくなった。
草は日本にもくさるほどある巨大版ホテイアオイだ。日本のものと全く同じ。ただデカイ。
こいつの世界中にはびこる増殖力にはほんと畏れ入ります。アマゾン河本流なんて巨大な島になってるからね。
浮き草の上にポトンと落とす。
ガポンッ!
ワンバイトで釣れる。その間3秒。
これも定番のタライーラ。
いるべきポイントには必ずいて恐ろしい密度で生息している。
釣り上げると既にフロッグは破れて使いものにならない。
あまりの雷魚用フロッグのモロさに落胆し、写真すら撮り忘れた。

クリックすると元のサイズで表示します
                             〈Hoplias malabaricus〉
一見鋭くなさそうな牙だがこれは薄い肉が歯の前に唇状に覆いかぶさっていて中にカミソリのような牙が入っているのだ。

―教訓―
南米にフロッグは無意味です・・。もったいないです・・。あぁ、ジェリービーン・・。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ