人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ピラヤ。

俺はこのイシュクール河に来るのは二度目だがどうしても俺の釣魚大全に入れておきたい魚がいた。

サンフランシスコ河流域に生息する幻の大型ピラニア

ピラニア・ピラヤである。

釣り的にはさして今までのビッグフィッシュと比べると大きくもない魚だが、俺はどうしても釣りたい。
この目で野生の姿を見たいのだ。
たくさんいるピラニアの種類の中でも俺が特に好きなピラニア。
怪魚が持つ“逝ってる目をした殺し屋”なのだ。
俺だけのこだわりがあるんだ。

しかし、色んな漁師に聞くがこの河にはあまりいないという事実が判明した。

じゃあ、どこにいるんだ?
この家のくろんぼジェッソおじさんに聞くと、
「俺の親戚の家の前のラーゴ(湖)に多分いるよ。」
との返事。

多分という言葉がひっかかるが・・。

今までこの多分という言葉に何度泣かされてきたことか。

いつもこんな調子で世界の辺境の地を右往左往しているのだ。
自分でもホント懲りない奴だなと思う。
誰に言われるわけでもなく周りの日本人は何の関心もいだいていないことをなけなしの金を使い、ある時はバスで60時間移動したり、5人乗りのジープに12人詰め込まれたり、カヌーで三日もかけて釣った魚だけを食い奥地に入っていったり・・。
地球の裏側のはずれの辺境まで来て危険を危険とも思わず、楽しく竿を振っているのである。
まったく自分を第三者の目で見るとかなりおかしい奴に見えるんだと思う。

おっと、また余計なこと書いた。

「おじさん!そこに連れてってくれ!」

「いいよ、ちょうど用事もあるし。」
かくして、ピラヤを求めるプチ旅が始まった。


4時間ずっとこの景色。




むきだしの地球ってやっぱいいな〜。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ