人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

タマタ。

うわーっ、いっぱい入ってるわ。

俺だけではない。みんな爪ノミの餌食になっている。

もう、まるで猿の毛繕いのようである。

クリックすると元のサイズで表示します

蚊はインディオにはあまり刺さないという事実を真の当たりにしたが、こいつは人を選ばないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、何故こいつは痛みもなく体内に侵入できるのか未だにわからない・・。

もうどうでもよくなってきた・・。
死にはせんだろ。

アロンさんがおもむろに
「美味いもん喰わしてやる。」
といって河の反対側の池に付いてこいと言った。
この家の長男のマイクと三人で投網とバケツを持っていった。

池に近づくと大きな太った丹頂鶴にそっくりな巨大な鳥トゥユユが大群で逃げていく。
何気に凄い光景だな・・。やっぱ凄いわ、南米・・。

「ところで何が獲れるの。あっ、もしかして、ピラヤ!?ピラニア・ピラヤ!?」
サンフランシスコ水系に生息するこの幻の大型ピラーニャをまだ目撃していなかった俺ははしゃいだ。

「いや、違うよ。タマタだよ。」

何それ・・?

池に着くといきなりマイクが投網を投げた。

クリックすると元のサイズで表示します

引っ張るとすでにたくさんの魚が入っている。
しかも一種類だけ。
ああ、こいつはヨロイナマズのカリクティス・カリクティスだ。
タマタって言うんだ・・。
いや、こいつのマニアはかなりの変態なのでたくさん写真撮っとこ。

クリックすると元のサイズで表示します

「他の魚はもう獲っちゃったんだ。赤いピラーニャ?少し居たよ。けどもう一週間もしたらここは干上がっちゃうんだ。」

マジで・・。

けど来年になるとまたたくさんの魚が入っているらしい。
自然って不思議だな・・。

家に帰るとタマタを泥を吐かした後、アロンさんが料理してくれる。
内臓も抜かずそのまま醤油の煮付けだ。

し、しかしその醤油とトマトってあうんですか・・。(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

「わ、わたしいりません・・。」
クリックすると元のサイズで表示します

エリカちゃんの反応にビビった俺。
恐怖の料理が出来上がった・・。

何故俺が恐怖を感じるかと言うと、以前アクアリムショップで飼育していた時、こいつの店に匂いが充満するような鼻も歪む程の死臭を体験していたからだ。
マジ強烈。
                      
・・・・いかんいかんいかん。
こんなことではいかん。
先入観が旅では最も危険だ。
自分の味的感覚美的感覚の中心軸を破壊しろ。
それを破壊できるのが勇気ある男だ。
うまいと思い込め。
醜い物ほど美味いのだ。
薄っぺらい男になってしまうぞ。
そう自分に言い聞かした。(笑)

「あれ?」なんだか美味そうに見えてきたぞ。
なんて自己暗示にかかりやすい俺。

ようし、食おう。
おっ、硬い鎧がすぅーとキレイに剥がれる。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、白い身を喰ってみる。
もぐもぐ・・。
・・・・うっ、以外とイケる・・。

アロンさんが、
「肝が美味いんだよ。食ってみ。」

ええい、ままよ。もう手で食う。
こういうもんは手で食うのが一番うめえっ!

腹に俺はムシャブリツイタ!

・・・なんという濃厚で上品なとろけるような脂、それでいて鮎のわたのような清涼な苦み。
むうっ!
・・・・うっ、美味いっ!

数々の南米の魚を食ってきたが最上クラスの美味さだ・・。
俺の親父は相当な鮎の釣りキチで今までかなり日本全国の鮎を食ってきたが
鮎より美味いかも・・。
鮎の肝を濃厚な脂で包んだ感じと言えばよいのか・・。くせになる味だ。

クリックすると元のサイズで表示します

いや、もう止まらん。
8匹も食ってしまった。

生きたやつしかこの調理法で食えんし、アマゾン在住の日系人特有の調理法らしい。
南米でもしこいつと日系人に出会うことがあったら是非是非ご賞味あれ。
俺がこれほど言うということがわかるはず。
きっと人生に深みが増すことでしょう。

いやー、“くもりなき眼の旅”をけがすところだったぜ☆

最近、食いもんばかり書いてるよね・・。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ