人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

爪ノミとドラード。

今回はもう結果から言おう。
ハッキリ言って爆釣ですた。
同じサイズを2匹追加して(まだまだ小さい)河岸を上がると、
アロンさんが、
「今上がって来た砂の所、爪ノミがたくさん湧いとるらしいよー。」

えっ、マジですか・・。

爪ノミとは初めての南米放浪から聞かされていて、爪の間に寄生し卵を産むという最も出合いたくない蟲である。

「ついとるかもしれんからよく見てみ。」

いや、そんな感覚はなぃ・・。

よく見ると膝の裏にゴマのようなものが数匹がっしりひっついてる・・。
見た目はあのイヌネコのノミと同じようだ。
サイアクです・・。テンション下がるわ〜。

それをむしり取り、更に探す。

足の裏を見ると、土踏まずの前の硬い皮膚の中に3つ程エンピツの芯が刺さって残ったような黒い点が見えた。
アロンさんが、
「ああ、こいつは爪ノミだ。注射針を持ってこよう。」

俺は注射針を借りてメスのように切れるその針先でその黒い点を周りの皮膚を切りほじった。
その黒い点は皮膚を食い進み、肉に達して血を吸いがっちり食い込んでいる。
トゲが刺さったような感覚で少し痛い。
頭が残ると膿むので少し肉ごと取り出した。

おぞましい。寒気するぜ・・。サイアクです・・。

後日談だがアロンさんの家に帰った後、爪の間が痛痒くなってきたので針でほじるとそいつは自分の何倍もある白い卵を抱えていて取り除くと肉に大きな穴が開いた。9匹もいた・・。
ダルいわ〜。
あんた、え、エイリアンですか・・。



昼間、ウィルソンおじさんが来てペスカドールたばこを一緒に巻いて、船でドラード探索に出たが昼間はうそのように全く喰わない。
ピラブタンガを釣って楽しむ。

やはり、日の出と夕暮れの暗くなるあの一瞬、あのポイントがベストに間違いない。

夕方戻り、一の太刀!

ズババババーンッ!!
クリックすると元のサイズで表示します

マグナムタイガーに穴開いた。

投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ