人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

最強毒蛇ジャララッカ。

ここは厳密に言うとアマゾンではない、高原の片田舎だ。
釣りのインフラなど存在しない。外国人もほとんどこない。
観光名所もなく、今まで日本で釣りのレポートなどされたことはほとんどない。
日本人にとっては未知の地域だ。
南米はアマゾンだけではない。ありとあらゆる地域、気候がある。
南に行けば氷河でサケ、マス族が釣れるパラダイスだってある。
俺の好奇心は尽きない。
今回初のドラードをあっという間に釣り上げた俺に家のみんなはやけに驚いた。
やはりドラードは地元の人でもそう簡単ではないということが窺える。

日が暮れようとしている。辺りがほとんど見えなくなってきていた。
赤道に近い分、太陽はストンと瞬く間に落ちるのだ。
だから南米の夕日は綺麗なんだと思う。

前回の敵打ちがあっという間に果たせ、気をよくした俺はもう一匹釣ってやろうと河に下りた。

何か蠢く物が足元の川岸に見えた。
ロープかな?と思い、いや、一瞬それがヘビであろうという意識が俺の頭の中で何故か否定した。

竿先で探ってしまったのだ。

その影は俺に向かって襲ってきた。

間一髪でよけれた。というか外れた。ハヴァイアナス(ゴム草履)にカスッった。

ヘッドランプで照らした俺は恐怖で凍りついた。

こともあろうか南米最強、いや世界でも三本の指にはいる最強毒の持ち主「ジャララッカ」だった。
咬まれれば4時間も生きていられない。助かったとしても大きな後遺症が残る。
前の旅でそれだけは注意されていた。ブタンタン研究所でも実物写真を撮りまくった奴だ。

慌てて逃げ帰った俺は、家の人達に真剣に心配され怒られた。
そして、おばさんが蛇に咬まれた近所の人の写真を持ってきた。
(心臓の弱い人は見ないで下さい。)

クリックすると元のサイズで表示します

南米旅も縦横無尽に出来るようになり、ナメていたのかもしれない。
あと2cmで命を落としているところだった・・。

―人間、浮かれている時が一番危ない。―
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ