人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

居合い斬り。

あの懐かしき家に帰ってくると娘のエリカちゃんが自転車を直していた。
この娘は南米では少ないかなりの恥ずかしがり屋で、小さい声で
「ボアタージ。(こんにちは。)自転車壊れちゃった・・。」

クリックすると元のサイズで表示します

そんな自分より大きな自転車を直して走り去る姿がなんともいじらしい。

俺は日が暮れるまでに少し時間があったので、我慢しきれずに家の前を流れるイシュクール河(暗いという名の河。)にフィッシュグリップを腰に提げ、竿を持って下りて行った。
クリックすると元のサイズで表示します

スナップにヘドンのマグナムタイガーを付けた。
これは前回パンタナルでドラードにはかなり効くということが確認できたルアーだ。
3年程前、日本ではワゴンセールで280円で売られていた。
俺は即、その店のマグナムタイガー50個程を全部買い占めたことがある。
このルアーのよさの多くは語るまい。是非秘境で試してほしい。

この家の前のすぐ下流にちょっとした岩が連なり、水に急流のつくポイントがある。
地元の人はカショエラ(滝)と言っているがそれほどでもない。

さっき見たように確実にドラードは遡ってきている。
ここしかないだろ。

ドラードというのは少し変わった習性を持っている。
普通、激流に生きる魚というのは岩や流木など流れの後ろのヨレに附くものと相場が決まっている。
しかし、このドラードという魚はその障害物の前に附く。
そのひとつをとってみてもこの魚はタダモノではない。
ありえんスピードで泳ぎ跳躍する。
開高さんや醍醐さんが形容したとうり正に全身筋肉の河の虎なのだ。
エサを捕食するのも“全力で泳ぎ逃げる魚”をそれに勝るスピードで追いつき捕食する。
パンタナルでその光景を見た時、まるで追いかけっこの遊びのように背びれを水面に出し追いかけまわしていた。
エサが元気であればあるほど燃える究極のファイターフィッシュなのだ。

すべての今までの経験が生きる。
そのようにルアーの動きをイメージするのだ。

“居合い抜き”まさにこの釣りにはこの言葉がよく似合う。
ドラードが附く場所はわかる。無駄には投げない。
通す軌道、深度を間違わなければいれば必ず喰って来る。
一度バラした魚はその日は二度と食わない。

水面は何も揺らめかないが気配をピリピリ感じる。
心臓がバクバクしてきた。釣り師にとってこの上ない高鳴る鼓動だ。

心を落ち着かせ、
針は爪に掛るほど鋭敏であることを確認し、
深呼吸をして投げた。

シュポッ。岩の上流奥5m。

いつもこう言う時はキャストが素晴らしくキマる。

ギラン!という光と共に どんっ!というロッドエンドで脇を棒でシバかれたような衝撃が走る!
フックアップできない。これだけ集中していてもダメなのだ。
凄いスピードとパワー。感覚を忘れている。
想像を超える衝撃。デカい!
なされるがままだ・・。


その次の瞬間、ごんっ!ときた!

体があわせた。
跳ねる!狂ったように飛び跳ねる。
違う小さい奴が喰った。
外の魚とは違う、多く水を纏って舞い上がり花が咲くように暴れ飛ぶその姿は河の虎。
夕日に輝くその光景は釣り師の夢だ。

夢中で泥に足をとられキャッチした。

小さいが、今回初。
プラチナカラーのドラード。

一投目から釣れたよ。

やっぱりちょっと体が震える。

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ