人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2008
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

夜明けの若武者。

まだまだ俺と“虎”との闘いは続く。

この家の朝は早い、夜明け前に起きる。
聞くとエリカちゃんの学校が遠いからだそうだ。
しかし、今は夏休み。
シャイだけどよく家事を手伝う心の優しい娘だ。

ここでの一日の始まりはカフェをいれることから。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おいしい熱いカフェとビスコイット(クラッカー)で目を覚ます。
6時10分が夜明けだ。
6時には河岸に立って精神を落ち着かせなければならない。

河は静まりかえり、水面には朝靄が立ち込めている。

日が出てきた。

ドキドキドキ・・。
まだだ・・。

無駄撃ちはドラードを警戒させる。
 
靄が薄れてきた・・。

今だ!
ポチャン。プルプルプル・・・。

ゴンッ!ガツっ!
キタっ!
クリックすると元のサイズで表示します

ドバババババッ!!ドバッ!ドバッ!
静寂を打ち破り、暴れる水音だけが鳴り響く!
うおーーーっ!!
何度釣ってもこいつの暴れ具合はハンパじゃない。
まさにクレイジー。狂ってる。

ウラぁ!!若武者捕獲!!
クリックすると元のサイズで表示します

朝日に輝くその多く水を巻きあげる狂気の爆発は釣った者だけが味わえる至福の時だ。

やっぱり体が少し震える・・。

あっ、針のST-66曲がってるよ・・。
投稿者:TERU

魂の爆発。

文章というものは実に難しい。

日本語という世界でも類を見ないくらい精緻な表現ができる言語。

難しく書くのは簡単だ。

型ばかりにとらわれて難しい複雑な言葉を使うのも一見上手そうだが
分厚い物は斬れない。

もっと自分をさらけ出し弱い部分も書かなければいけない。
弱い部分にこそ人間の本性があるから。

まだまだ俺は弱い。

魂の刀を磨かねばならん。

もっと自分を窮地に追い込んでやる。

言葉も写真も釣りもすべて芸術だ。

スペックなんかでは語れない。

心の躍動にすべてを懸けてるんだ。

BOMBA DA AGUAとはそういう内なる魂の爆発。

生きることを意味するんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

俺の爆発は届いていますか?
投稿者:TERU

開高丼。

プルルル・・・。カチャ。
「おい、正月暇だろ?今すぐ北陸に開高丼を食べにいくぞ。」

いつもお世話になりっぱなしの先生からいつも急な電話が来ました。
「是非。喜んで!」

こうして正月の開高さんを偲ぶ男二人旅in北陸が始まったのです。

僕は独りになりたい傾向が強い人間ですが、幸せなことに多くの人達に助けられて生きています。
この先生も僕の事を常に心配してくれ、よきアドバイスを頂き人間的にも尊敬している
生物好きなある部位のお医者さんなのですが、ひとつ言えることは
「熱い男」です。
いや、僕みたいなおかしな熱さではなく、内に秘めたる情熱を持った人です。

僕が大の開高ファンであることを気に留めてくれていてお誘い頂くその篤い温情に正月から胸のすくような想いです。
会えばとめどなく話があふれ、北陸はもうすぐ手前でした。
すっかり雪景色。

勇壮な日本海のキリっと澄んだ空気を吸い込み、海の水平線が一望できる温泉に浸かり、たくさんの水揚げされた蟹に驚き、吸盤が五百円玉ぐらいある大タコに驚きつつ、
夕方ちかくに
ふるさとの宿「こばせ」
にたどりつきました。

北陸の海の印象はいつもさみしい過疎の進んだ村を連想させますが、
この宿も例外なく正月だというのに、玄関にはお客が来ている様相がほとんど見受けられません。
「○○御一行様」という看板にも一行も何も書いておりません。
普段であれば立ち寄ることも、気付くこともない「昭和」を強く残した宿でした。

少々不安になりながらも靴を脱ぎ、玄関奥に目がいった瞬間、灰色の景色が急に鮮やかに色付きました。

そこには、開高さんがここで書き遺した色紙が飾られていたのです。

「この家ではいい雲古の出るものを食べさせてくれます。
 保証します。 開高健」

お墨付きというやつです。

おばさんに部屋まで案内され落ち着くと、その昭和が色濃く残るテレビや掛け軸、机を見、お客のいない静けさでその先生はちょっと失敗したかなという冴えない表情をしていました。

僕は間違いないだろうと思っていました。過去、世界の開高さんの後を追い、同じ経験をしてきましたが、実に忠実に事物を語っていたことに間違いがないからです。

「失礼します。」
方言なまりで静かに入ってきたおばさんにビールとバイ貝を注文し、小さな乾杯をして、冷たい日本海をバックに吞み始めました。

このバイ貝の口いっぱいに広がる自然の海の香りに先生もこれは間違いないという確信の表情を浮かべ静かにうなずき呑んでいました。

ほどなく、おばさんが大きなドンブリに山盛りになった開高丼を持って入ってきました。
その豪快。彩り。シンプル。
これまた一気に部屋が華やいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

勢子蟹の「うちこ」と「そとこ」と「ミソ」とご飯のみというそのシンプルで贅沢な丼の圧倒的存在感に酔いしれる。

ヤバい・・。絶対美味いだろ、これ・・。

いよいよ口にする。お墨付き。

一口かき込んだ。

・・・美味いっ!!
昇天するかと思うほどの絶妙さ。想像を遥かに越えた。

これこそが見た眼やらブランドでしか判断できない大衆に一石を投じるかのごとき本当の贅沢。
「食事は大地に近いほどうまい。」
との名文句を述べた氏を表すかごとき丼。

さすが食通開高健がお墨付きをつけた一品だ。

シンプルであるが故にここでなければ絶対にだせない味だということは容易に想像できた。

食べながら横でおばさんが生前の開高さんの話をしてくれる。
「あたしが先生の食べるカニを全部剥いてたんですよ。朝まで呑んでおられました。あたしもお酒をついでたんですが、途中でよくこっくりこっくり寝てしまってね。よくお吞みになられてよく食べられましたよ。えぇ、あの先生は男ですよ。今、そのお食べになっているドンブリで開高先生もお食べにならっしゃったんですよ。」

えぇ〜っ!!マジっすか?

感無量です・・。

開高さんに携わった人はみんなファンにさせてしまう魅力を持っていたのだ。

開高さんはこの宿がみんなに知れて味が堕落することを好まなかったらしいが、
あえて、今の状況から見て、今度は反対にこの味を守り存続する為に紹介したい。

ふるさとの宿 こばせ

是非。俺と開高さんのお墨付きです。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

宿の高齢の白髪のご主人が返り際に色んな開高さんの話を聞かせてくれました。

いや〜、いい小旅行でした。

この宿の温かさが気に入りました。

そして先生、こんないい旅に誘って頂いてありがとうございました。

最後に一言。

拝啓 開高先生。

「確かに。」
投稿者:TERU

闇の一瞬。

GARRRRR!!
クリックすると元のサイズで表示します

MONSTERは暗闇になる一瞬が勝負!

言葉はいらんだろ?

投稿者:TERU

爪ノミとドラード。

今回はもう結果から言おう。
ハッキリ言って爆釣ですた。
同じサイズを2匹追加して(まだまだ小さい)河岸を上がると、
アロンさんが、
「今上がって来た砂の所、爪ノミがたくさん湧いとるらしいよー。」

えっ、マジですか・・。

爪ノミとは初めての南米放浪から聞かされていて、爪の間に寄生し卵を産むという最も出合いたくない蟲である。

「ついとるかもしれんからよく見てみ。」

いや、そんな感覚はなぃ・・。

よく見ると膝の裏にゴマのようなものが数匹がっしりひっついてる・・。
見た目はあのイヌネコのノミと同じようだ。
サイアクです・・。テンション下がるわ〜。

それをむしり取り、更に探す。

足の裏を見ると、土踏まずの前の硬い皮膚の中に3つ程エンピツの芯が刺さって残ったような黒い点が見えた。
アロンさんが、
「ああ、こいつは爪ノミだ。注射針を持ってこよう。」

俺は注射針を借りてメスのように切れるその針先でその黒い点を周りの皮膚を切りほじった。
その黒い点は皮膚を食い進み、肉に達して血を吸いがっちり食い込んでいる。
トゲが刺さったような感覚で少し痛い。
頭が残ると膿むので少し肉ごと取り出した。

おぞましい。寒気するぜ・・。サイアクです・・。

後日談だがアロンさんの家に帰った後、爪の間が痛痒くなってきたので針でほじるとそいつは自分の何倍もある白い卵を抱えていて取り除くと肉に大きな穴が開いた。9匹もいた・・。
ダルいわ〜。
あんた、え、エイリアンですか・・。



昼間、ウィルソンおじさんが来てペスカドールたばこを一緒に巻いて、船でドラード探索に出たが昼間はうそのように全く喰わない。
ピラブタンガを釣って楽しむ。

やはり、日の出と夕暮れの暗くなるあの一瞬、あのポイントがベストに間違いない。

夕方戻り、一の太刀!

ズババババーンッ!!
クリックすると元のサイズで表示します

マグナムタイガーに穴開いた。

投稿者:TERU

オカッパリドラード

オカッパリで釣る居合い斬りドラード面白ろすぎ!

次の日ワクワクしてひんやり寒い朝をハンモックから飛び起きた。
蛇のことなんてすっかり忘れている。
俺ってやつは・・。

起きてすぐ目の前の小さい河に下りるとドラードがいるのだ。
なんたる幸せ。なんたる自然。ここに住みたいぜ。

前回来た時より4mは水位が低い。

自然の神は完全に俺の味方をしているようだ。

カショエラの前に立ち、精神統一して弟一投、

プルプルプル・・。
竿先を下げ、中腰になってロッドを脇に挟み、いつでも衝撃に耐えれる姿勢で全開で巻く。

流れにより大きく弧を描きマグナムタイガーが引き寄せられてくる。

「来い!来い!」

ベストなポイントで鋭く短いジャークをカマす。

ギランッ!岩の前を通過する瞬間、プラチナに輝く光が放たれた。

ガンッ!カカッた!

あとは水に咲く爆弾に酔いしれるのみである。

美しい・・。

クリックすると元のサイズで表示します

渓流釣りの要素とGT並みの巻きスピードで虎のジャンプと闘うこの釣り。

楽しすぎる!

なんか爆釣の予感・・。
投稿者:TERU

最強毒蛇ジャララッカ。

ここは厳密に言うとアマゾンではない、高原の片田舎だ。
釣りのインフラなど存在しない。外国人もほとんどこない。
観光名所もなく、今まで日本で釣りのレポートなどされたことはほとんどない。
日本人にとっては未知の地域だ。
南米はアマゾンだけではない。ありとあらゆる地域、気候がある。
南に行けば氷河でサケ、マス族が釣れるパラダイスだってある。
俺の好奇心は尽きない。
今回初のドラードをあっという間に釣り上げた俺に家のみんなはやけに驚いた。
やはりドラードは地元の人でもそう簡単ではないということが窺える。

日が暮れようとしている。辺りがほとんど見えなくなってきていた。
赤道に近い分、太陽はストンと瞬く間に落ちるのだ。
だから南米の夕日は綺麗なんだと思う。

前回の敵打ちがあっという間に果たせ、気をよくした俺はもう一匹釣ってやろうと河に下りた。

何か蠢く物が足元の川岸に見えた。
ロープかな?と思い、いや、一瞬それがヘビであろうという意識が俺の頭の中で何故か否定した。

竿先で探ってしまったのだ。

その影は俺に向かって襲ってきた。

間一髪でよけれた。というか外れた。ハヴァイアナス(ゴム草履)にカスッった。

ヘッドランプで照らした俺は恐怖で凍りついた。

こともあろうか南米最強、いや世界でも三本の指にはいる最強毒の持ち主「ジャララッカ」だった。
咬まれれば4時間も生きていられない。助かったとしても大きな後遺症が残る。
前の旅でそれだけは注意されていた。ブタンタン研究所でも実物写真を撮りまくった奴だ。

慌てて逃げ帰った俺は、家の人達に真剣に心配され怒られた。
そして、おばさんが蛇に咬まれた近所の人の写真を持ってきた。
(心臓の弱い人は見ないで下さい。)

クリックすると元のサイズで表示します

南米旅も縦横無尽に出来るようになり、ナメていたのかもしれない。
あと2cmで命を落としているところだった・・。

―人間、浮かれている時が一番危ない。―
投稿者:TERU

居合い斬り。

あの懐かしき家に帰ってくると娘のエリカちゃんが自転車を直していた。
この娘は南米では少ないかなりの恥ずかしがり屋で、小さい声で
「ボアタージ。(こんにちは。)自転車壊れちゃった・・。」

クリックすると元のサイズで表示します

そんな自分より大きな自転車を直して走り去る姿がなんともいじらしい。

俺は日が暮れるまでに少し時間があったので、我慢しきれずに家の前を流れるイシュクール河(暗いという名の河。)にフィッシュグリップを腰に提げ、竿を持って下りて行った。
クリックすると元のサイズで表示します

スナップにヘドンのマグナムタイガーを付けた。
これは前回パンタナルでドラードにはかなり効くということが確認できたルアーだ。
3年程前、日本ではワゴンセールで280円で売られていた。
俺は即、その店のマグナムタイガー50個程を全部買い占めたことがある。
このルアーのよさの多くは語るまい。是非秘境で試してほしい。

この家の前のすぐ下流にちょっとした岩が連なり、水に急流のつくポイントがある。
地元の人はカショエラ(滝)と言っているがそれほどでもない。

さっき見たように確実にドラードは遡ってきている。
ここしかないだろ。

ドラードというのは少し変わった習性を持っている。
普通、激流に生きる魚というのは岩や流木など流れの後ろのヨレに附くものと相場が決まっている。
しかし、このドラードという魚はその障害物の前に附く。
そのひとつをとってみてもこの魚はタダモノではない。
ありえんスピードで泳ぎ跳躍する。
開高さんや醍醐さんが形容したとうり正に全身筋肉の河の虎なのだ。
エサを捕食するのも“全力で泳ぎ逃げる魚”をそれに勝るスピードで追いつき捕食する。
パンタナルでその光景を見た時、まるで追いかけっこの遊びのように背びれを水面に出し追いかけまわしていた。
エサが元気であればあるほど燃える究極のファイターフィッシュなのだ。

すべての今までの経験が生きる。
そのようにルアーの動きをイメージするのだ。

“居合い抜き”まさにこの釣りにはこの言葉がよく似合う。
ドラードが附く場所はわかる。無駄には投げない。
通す軌道、深度を間違わなければいれば必ず喰って来る。
一度バラした魚はその日は二度と食わない。

水面は何も揺らめかないが気配をピリピリ感じる。
心臓がバクバクしてきた。釣り師にとってこの上ない高鳴る鼓動だ。

心を落ち着かせ、
針は爪に掛るほど鋭敏であることを確認し、
深呼吸をして投げた。

シュポッ。岩の上流奥5m。

いつもこう言う時はキャストが素晴らしくキマる。

ギラン!という光と共に どんっ!というロッドエンドで脇を棒でシバかれたような衝撃が走る!
フックアップできない。これだけ集中していてもダメなのだ。
凄いスピードとパワー。感覚を忘れている。
想像を超える衝撃。デカい!
なされるがままだ・・。


その次の瞬間、ごんっ!ときた!

体があわせた。
跳ねる!狂ったように飛び跳ねる。
違う小さい奴が喰った。
外の魚とは違う、多く水を纏って舞い上がり花が咲くように暴れ飛ぶその姿は河の虎。
夕日に輝くその光景は釣り師の夢だ。

夢中で泥に足をとられキャッチした。

小さいが、今回初。
プラチナカラーのドラード。

一投目から釣れたよ。

やっぱりちょっと体が震える。

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU

謹賀新年。

2008’
新年明けましておめでとうございます☆

とんちんしゃんっ♪とんちんしゃん♪
いやっ、めでてェなっと!

やはり新年というのは明るく身が引き締まる思いがします☆

一年の計は元旦にあり!

俺の今年の抱負は
“誰にも流さるることなく
我がの逢いたいモンスターを
世界のどこまでも追い駆け、
我が信念の基に我が道を貫き通す”

この旅をするのに最も基本的なこと。忘れかけていたぜ。

さあ、行くぜ!元気があればなんでもできる!

皆さーん!ご一緒に!1,2, 3,ボンバダー!!

今年もヨロシクね☆

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ