人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2007
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

いざ、古代が眠る地球最後の秘境へ!

 ――プロローグ――


なぜ魚は人の心を魅きつけるのだろう。
そんなことを思い不完全燃焼のフラストレーションが胸の中でブスブスと煙をあげていた。

「“太古”に逢いたい。」

人間の歴史、伝統、風習などを遥かに超えた、生物の奥底に眠る本能とでも言おうか、古代の面影を色濃く残す魚に俺はたまらなくシビレル。

その周りに溶け込む体色、魚を捕食する為の瞬発力のある筋肉、大きな鰭、水を斬るそのフォルム、古代のフィッシュイーターは何時間眺めていても飽きない。
俺にとってはこれこそが美である。
目的を遂行するがために考え抜かれた無駄のない紛れもない究極のフォルム。

厳しい生存競争に勝ち続けねばならない。餌である魚もこれまた強暴なのだ。

そんな多種多様の魚がひしめき生存し、太古の地層を流れる地球に残された数少ない神秘の河、そこに俺はまだ足を踏み入れてなかった。

行こう。我慢強く我慢している暇はない。
 
 

  ―――――――――――――――――――――――――――――――

今回足を踏み入れた河、河、河。

リオ・アマゾナス・リオ・シングー、リオ・イリリ、リオ・イシュクール、リオ・アラグアイア、リオ・ジャバエ、リオ・パラグアイ、リオ・カバカル、リオ・ガァポレ、リオ・タパジョス、リオ・ソリモンイス、リオ・ジュンマ、リオ・パラナドマモリ、リオ・ネグロ、リオ・アラカ、リオ・クルンドリ、リオ・デメニ、リオ・ジャワリ


今回戦い魂の傷を負った俺の友。

クリックすると元のサイズで表示します

では俺の物語を始めよう。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ