人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2007
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

パンタナル大移動・・。

宿に帰る途中にGOLDと書いてある店を見つける。
なんだ?と思って中に入って聞いてみると、ここではまだ金が出るらしく
それの換金所なのだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

宿でどうするか考えていた。
ドラードの難しさはここにもある。大河を溯上し季節によって移動しているのだ。
その時、ドアの扉をコンコンと誰かがノックした。
誰かと返事して扉を開けると宿のオヤジだ。
何かスズキという人から電話がきているらしい。
なぜ?
下に降りて電話にでると、
「ああ、はじめまして。スズキと申します。ドラードを釣りに来られたんですか。」
「ええ、しかしここから先に行けなくてどうしようかと思っていたところです。」
「その先にはポルトジョフレという村があるんですが今は時期的にドラード上がって来ていません。釣れる可能性は低いですよ。下流に行かなければならないでしょう。ドラードは追いかけなきゃならんのです。」
「ところであなたは誰なんですか。」
「私はあなたと同じ釣りバカですよ。昔に渡ってこの国に来ました。それでは幸運をいのります。ボアビアージェン。(よい旅を)」

謎な電話だった・・。今だにわからん・・。

よし、こうなったら執念だ。
一度クイヤバに戻り、大湿原パンタナル一周してでも追いかけてやる。
金はないが時間はあるのだ。
まず西の果てのコッシンに行こう。
そして、COXIMに着いたのだがここでも首を横に振られた。
クリックすると元のサイズで表示します
さらにパンタナルの下に位置するコルンバまで来た。
しかし、ここも同じだった。
今は上流のカセレスがいいみたいだぜと言われる。
カセレス?
「ああ、上流。パンタナルの上の端さ。」
そして、パンタナルの上に位置するクイヤバまで戻ってきた。
文で書くと何行かだが陸路で移動しているので気の遠くなるような距離なのだ。


絶対カセレス行ったる!
峠のような景色を越えて(何でパンタナルに峠?でも実際通ったのだ。)
カセレスに着いた!
パンタナルの上のはずれみたいだ。
バイクタクシーの兄ちゃんに河に連れて行ってくれと言うと。約800円と言われる。
いいからもう行ってくれと言って後ろに乗ったのだがここで事件が起きた。

セナではなくドゥーハンだったのだ・・。
異常にスピード狂で、運転が荒い。
重いバックパックを担いでいた俺は段差で振り落とされたのだ。
バックがクッションになって助かったのだが・・。
脇を大きく擦り剥いた。
こんな貧乏旅、本当の釣りキチでないとでけんな・・。

そして河が見えた!
ボロボロになっている俺は吠えた!
たどり着いたんだ!


河沿いには不法占拠して風変わりなテントをはり密集して生活しているファベーラがある。
そこにボートをたくさん置いてあるロッジを見つけて入っていった。
そこだけは周りと違い金があるようだった・・。

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ