人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2007
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

装備。

いやー、今回は奮発しちゃってます。
金のタイトな私としては異例です・・。
どんな釣りでもそうですが道具を準備している時はあーでもないこーでもないとか頭の中でシュミレートしてる時は楽しいね!
僕の前に人はいないので誰も教えてくれません・・。
「あの・・。100kgちかいナマズの・・。」
釣り具屋で質問しても何言ってんだ?くらいに思われているかもしれません。
最近は海のマグロなどを追いかけてる超大物師にアドバイスを受けているくらいか・・。
それでもシュチュエーションが違うので参考程度です。

写真で何か気付きました?
このタックルが必要なのはあの大陸、牙魚のひしめくあの大河しかないでしょう! (ひっぱるなー。)

クリックすると元のサイズで表示します

ルアーだけはいっぱいあるなー。
ほんの一部でこれだもの。
裏ボンバダも更新しなければ。
クリックすると元のサイズで表示します

明日は三重県で僕をこんな釣りキチに育ててくれたおじいちゃんの88歳のお祝いです。
幼少のころはほとんどおじいちゃんのうちで育てられました。
鮎のしゃくりや渓流釣りや虫獲りや山菜採り。その中で教えてもらった日本のハンティングや生活はかけがえのないものです。
この歳になってぎりぎりのお金でバイトや海外釣りばかりして何もお返しできず心配ばかりかけて本当にごめんなさい。

けど人間の芯の部分は間違っていないつもりです。
大切なおじいちゃん。いつまでも元気に長生きで。

多分パソコンなどは見ないと思いますがこの場をかりて。


という訳で更新は明後日。
おやすみなさい。
投稿者:TERU

クローン

とりあえず長時間車をスッ飛ばしてアロンさんの住むサンマンバイヤに昼に帰ってきた。
アロンさんの仕事が片付く間、銃屋というかアウトドアショップのような店で下してもらって時間を潰すことに。

いきなり目に飛びこんできたのはドラード・ブラジリエンシスの写真。
明らかに金色のドラード・マクロッサスとは亜種レベルで違うよな・・。
俺が釣ったのは小さかったからこれで確信が持てた。
今度もっとデカイの絶対釣っちゃる。

クリックすると元のサイズで表示します

ポルカドット?マンチャ・デ・オーロ?
最も美しい淡水エイの一種。
最近、日本に入ってこなくてえらい高値になってるよね・・。小さいので30万とか・・。
左の人は何族でしょうか・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ピラルク・・。こいつはデカイ・・。生で見たらかなりだろう。
今はこのサイズは乱獲が進み、このサイズは少ない・・。
ブラジルではもう一部でしかルアーで狙って獲れる密度の濃い場所はない。
何でも隠さない方の俺だがその場所だけは教えない。
日本で紹介されている管理されている場所とは全く別の所だ。
究極の秘境で俺が釣りたいからだ!(笑。ごめんね。)

クリックすると元のサイズで表示します

アロンさんが戻って来た。以外に早く問題が解決できたようだ。
「TERUさん。今から〇○○○大学に行こう。」
えっ!?何で?
「見せたいものがあるんだ。」
とりあえす車に乗って行ってみると、
「何だかわかる?」
えっ!?牛でしょ。
「よく見て・・。」
クリックすると元のサイズで表示します

うわー!!も、もしかしてク、クローンですか・・。
模様まで同じだ・・。

クリックすると元のサイズで表示します


き、きもちわりいんですけど・・。(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル恐るべし・・。すべての倫理感を飛び越えてやってくる・・。
いや、どこの国でも研究しているのだろうがお国柄あけっぴろげにやっているのだろうか・・。
俺自身は死ぬ時は死ぬでいいとは思うのだが。

クローン。
実際にこうして生まれている。
その神に逆らう行為が良いの悪いのかは俺にはわからない・・。
投稿者:TERU

うまい魚とお別れ

クリックすると元のサイズで表示します
帰るとおっさんの娘のエリカちゃんが宿題をしている。
河で一人感動しているのもあれば、ここに住む人たちにはいつもの日常なのだ。
魚を持って帰ってくると勉強をおいてすぐに台所で魚を手慣れた鮮やかな手つきでさばいてくれる。
夕食は魚とごはん。何よりのご馳走だ。しかもピラブタンガはパクーに並ぶほどうまい。やはり木の実食い系だからだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

家の中も夜になるといろんな生物が顔を出す。ヤモリ、カエル、ネズミ、昆虫・・。
食卓にはフンコロガシまでいる。
クリックすると元のサイズで表示します
またこれを見てうわっとか言った諸君。だ〜めだよ。
よく俺は人からワイルドだ、ゲテモノ食いだとか言われるけど、
そんなことはない。超美食家に向かってなんということを。(笑)

俺は自分ではごく普通であると思っている。
君達現代日本人が超ひ弱なだけであ〜る。

そして、明日はがんばるゾーなんて思っていると、
アロンさんの携帯に一本の電話がはいった。
何かアロンさんの会社でトラブルがあったらしい。
今晩帰らなければいけなくなった。
残念だが仕方ない。御世話になってる分際でわがままも言ってられない。

じゃあ気持ちよく帰るとしますか!
ありがとう!お世話になりました。ごはんも超うまかったよ。

チャオ!リオ・サンフランシスコ流域の生物とそこに住む人達!必ず帰ってくるからね!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

銀のドラード

河に戻り、餌を投げて浮きをぼんやり眺めていた。
アロンさんは横で頭に手を組み寝ている。
ほかの釣りをする気にもなれず森の色んな生物の声を聞き、
ねっとりとした空気の中で手巻きのうまい煙草をゆっくりふかして見つめていた。
永い時間がたった。
ボシャン。ボシャン。
遠くで魚の跳ねる音が聞こえた。
下流の遠くの方で魚が跳ねている。
その瞬間アロンさんは飛び起きた!
「ドラードだ!」
よく見ると、力強い銀色の魚が跳ねている。
ひとつのグループの様で、あっちに飛び、こっちに飛び、集団でこっちに向かって河を遡って着ている。
「凄い!ドラードか!?銀に輝いてるぞ!?」
想像とは違うぞ・・。

100m手前まで来た!
何か捕食している!
「チャンスだ!」
浮きに近づいて来てる!
浮きの周りに来た!
うわっ!銀色のドラードだ!
しかし、浮きは動かない。
「ダメか・・。」
その時、ふっと浮きが消えた!
よっしゃー!!
電光石火のフッキング!
かかった!!
その瞬間、狂ったように魚は飛び跳ね続ける。
力はあるが、そんなに大きくはない。
しかし、狂ったように止まらないジャンプ。
華麗なジャンプを堪能してボートに引っこ抜いた。
「なんだこの魚は・・。美しい・・。」
「TERUさん。こいつはパンタナルのドラードとは違う。銀色だが金色に負けないファイターだ。サンフランシスコ河の特別な河の虎さ。」
あーっ!あのデカイのが食ってくれれば・・。
腹に大きい個体にカブられた跡が・・。
 
正直、この時点で俺はこの種類のドラードが金のドラードに劣っているという先入観を持っていた。知らなかったからである。専門職だったのに恥ずかしい。

しかーし!
実は超〜レア種!
サンフランシスコ水系に分布する幻のドラード。
パンタナル、パラナ推計の金のSalminus Maxllosusではなく
白銀に輝く、

Salminus brasiliensis!!
ドラード・ブラジリエンシスだ!!
クリックすると元のサイズで表示します

日本人でこれを釣った人はあまりいないだろう。
顔は金で体は白金、各ひれはレモンイエローに染まり、尾びれは深紅。
華麗なるドラード。
幼いが俺は嬉しいヨ!!
ありがとう!未知の河サンフランシスコ!
そして美しき華麗なるドラード!

クリックすると元のサイズで表示します

この究極の種の多様化こそが俺を惹き付けてやまないのだ。
ドラード、最低でも4種はいる。大型になるのはこの銀と金。
一生かけても全然足りないぜ!
南米釣り旅最高!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

魂の職人。

うわー!やっぱりいそがしい!
いい意味で超いそがしいです!
魂のチューナーに出会いました!!
日本最高の職人です。
やっぱり大阪にいたか・・。さすがNASAの部品造ってるだけはある・・。
タックルこれで大幅に変更です。
日本にこんなすごい人いるのか?状態です。
小さな町工場にあれほどの技術と職人がいるとは・・。
やっぱり海の100kgオーバーの超大物師は知っていた。
コンクエスト400より強い200って信じられる?
魂のリール完成次第また報告します。

更新は今晩遅く! 
       では失礼!
投稿者:TERU

多々なる驚き。

カラポナイフのエサを持って河に降りた。
仕掛けは単純そのものでウキをつけてエサをつけて投げるだけ。
アロンさんはすぐに寝に入る。
「魚は釣れる時は釣れるし釣れん時は釣れんよ。」

まさにその通りだけど・・。究極の一言は言わないで・・。あぁ・・。

そこに漁師が船で通りかかった。その人に大声でドラード!と尋ねると、まだまだ下流の本流にいてのぼって来ていない。というようなことを言った。

あぁ・・。こりゃだめだな・・。いないもんは釣れん・・。

クリックすると元のサイズで表示します

たまにエサを引き上げてみるとピンピン泳いでいる。体をフックが貫通しているのになんという生命力。恐ろしい生物だ。

アマゾンだったら一瞬でピラーニャの餌食なのになあ。ここは魚影薄いのか?
それとも方法が良くないのか。

竿を持って神経を集中していた。
大気は「ジ〜〜」というラジオのノイズの様な音で唸っている。
アロンさんがふいに
「この音なんだかわかるかい?」
「えっ、セミじゃないんですか。」
「よく聞いてごらん。船の底を。」
船底に耳をあて聞いてみた。
なんと、その音は川底全体からとぎれることなく水を通り抜け大気に向かってジ〜っと聞こえてくるのだ。
アロンさんは
「これはクルビーナ(淡水イシモチ)が鳴いてるんだ。パカモンもいるよ。」
「えーっ!うそーっ!シンジラレナイ!
不思議だ。なぜ生物が音を途切れることなく鳴くことができるのだ?
アマゾンのホエザルもそうだが全く理解できないし地球の壮大さを感じる。
ねっとりとした空気と神秘のバックミュージック。
俺は感じてる。今感じてる。
最高だよ南米!

しかし、場所も変えてみるがピクリともウキは動かない。
ちょっと休憩がてらに別の漁師の家に寄ってみた。
家の前に獲ってきたばかりであろう珍南米オオトカゲ
ブルーテグー。
が置いてある。野生のものは美しい。
日本では高価なトカゲが晩メシなのだ。あたりまえなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その漁師は日本から来たこの釣りバカをたいそう歓迎してくれて魚の写真をいっぱい見せてくれた。
すごい!すごすぎる・・。
この河はこんなにポテンシャルを秘めているのか!?
その漁師の人生最大ナマズがこれ。

ピンタード。
クリックすると元のサイズで表示します

スポッテッドタイガーシャベルノーズキャットは熱帯魚図鑑には全長1mって書いてるのに・・。
南米はすべての期待を上回る。
敬意を持って、オッパ・・。
投稿者:TERU

エサ・カラポ

昼飯を喰いに帰るとアロンさんがとなりのおじさんの家にエサをとりに行こうと言った。
その家に行くとポリバケツに無数に黒い物体がうごめいている。
勝手にそれをアロンさんは取り出し、ペットボトルに入れようとした。
見ると、それは・・。

カラポナイフフィッシュ!

「こいつはねえ、針に刺してもなかなか死なないいい餌なんだよ。」
ああ、なるほど。こいつ肺呼吸もする珍魚だもんね・・。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

そしてその家のおばちゃんが魚のフライの盛ってある皿を持ってきてこれを喰えと言った。

何ですかこれ?も、もしや・・。

ああ、ムイトグランジタライロン・・。 (でっかいタライロンだ・・。)

夢の魚タライロンがうまかったのは言うまでもない・・。

悔しまじりのゴストーゾ〜! (クヤシーけどウメー!笑)
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

更新再開

更新もしないブログを毎日観て頂いている何百人という敬愛なる読者諸君。
本当に申し訳ない。
少しの間黙って世間より離脱していたのだ。(意味わからんと思うでしょうが)
いつかその常識では考えられない壮大な物語をお話ししよう。
もう大丈夫だ。
そして、これから当分の間毎日更新することを約束しよう。

ヨーホーヨーホー海賊暮らし♪

念の為に言っておくが俺は狂っている。
狂っていることを知っている。
精神障害と同義にとってもらうと困るが。

俺は横眼で社会を軽蔑している。
世間に楯突いてる人間なのだ。

ここを熱読されている聡明な方には御判り頂けると存じ上げるが・・。

狂った社会で狂っているということはまともなのだ!

うおりぁっー! 行くぜ!

自由を掴め! ボンバダアグア!!

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU

行くぞ!有史以前の原生林!

更新遅れて申しわけありませーん!
珍しく超忙しいです!
次回、壮大な長期旅を計画中&目的地大陸決定!
狙うはアイツしかいない!
今年はすごいぞ!!色んな怪魚のひしめく原生林に迷い込むのだ!
命の保証一切なし!(今回は保険に入ります。家族に迷惑かけるといけないので・・。)
追って報告します!
更新なんとかがんばりまーす!(温かい目で見てね!)

クリックすると元のサイズで表示します

それまでにこの映画だけは見ておこう・・。
世界を股にかける海賊なんだろ?  YO-HO-HO-!(笑)


PS,次の旅は怪魚、牙魚、珍魚目白押しの連続が予想されます。
特にビッグトップウォーター爆裂であろうと思われます。(大好き)
もし、ここを見ておられる方でこの自信ありのルアーを試して欲しいとか、本気で自分で作った魂のルアーの真価が知りたい!なんて方(インディーズルアーデザイナーさん、プロ含む。)がおられましたらメッセージボックス(管理者のみ閲覧)に一報下さい。
完璧にテストして牙で傷だらけになったものを御返し致します。(ホントに牙刺さると
思います。)
現在の私はどんなルアーメーカー(釣り業界)にも繋がりがない為、本気で真実のインプレッションができると自負しております。
私自身魂のルアーに出会えることを楽しみにしています。(どうしようもない位オタクですがコレクターではありません。実力第一主義。)

どんどん私を利用して頂きたいと思います。(このブログも世間の皆様への恩返しの一環と思っています。)

こんなことに命を懸けてるヤツそうはいないと思うんですけど・・。(笑)

三週間ほど猶予があるのでお便りまってまーす!
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ