人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2007
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

パクー!?

次の日もポカン釣りを楽しむ。
ポカン。
グググ!!
おっ、強いゾ。
うっ、こ、これは・・。
超珍!リオ・サンフランシスコのパクー!?
しかもパクーにしては化け物サイズ!
数少ないメチニスマニアさん。このブログ自分で発見して下さい・・。
アマゾン流域とは全く違うパクーだ。やはりここは独立水系・・。美しい・・。
名前が検索できんぐらいレアだ・・。レッドフックどころじゃねえぞ・・。こんなのいるんだ・・。(ゴメンなさい。オタクで・・。)
クリックすると元のサイズで表示します

河の流れが結構速いので二人で息を合わせてテンポよく撃って行く。
けっこう川底には倒木が多く引っ掛かるのに注意しなければならない。
もうすでに晩御飯分は釣ったな。
おじさんにも漕がせてばかり悪いので煙草を差し出すと、いや、俺のを吸えという仕草で子供用のノートをカバンから取り出し、巻いて火をつけてくれた。
オブリガード!な、なんか異常にうまいんですけど・・。(笑)
なんかこの長いのをくわえてるおじさん漁師の匂いがプンプンでかっこいいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに流れて俺に魚が釣れた。
しかし、次の瞬間、アロンさんは水面に垂れ下がる木に引っかけてしまった。
それを取ろうとした時、
「オッパ!!」(俺が聞いた中ではオーパとは誰も言わなかった。開高さん・・。オッパなんですけど・・。)
そう叫んだ瞬間河にドッパーンと飛び込んだ!
俺は何が起こったのかわからない。そして、手に釣り針の刺さったアロンさんがボートに上がってきた。
うわー。大変だこりゃ。
しかし、アロンさんはボトボト水を垂らしながら無言でブチッ!と引きぬいた。
「ハリささちゃった・・。あはは!」
唖然茫然・・。
どんな体してんですかアンタ・・。
クリックすると元のサイズで表示します
まあちょっとアロンさんも怪我したし別荘?の前で下すことになった。
おじさんと二人で下流に釣りに行く。
ルアーがしたくてたまらんかった。
手始めにおきまりのスティッピンイメージやロングAを引いてみるが全然あたらない。
けっこう色んなルアーを試して
おかしいなあ。アマゾンとは違うのか?
おじさんは何も言わない。にやっと笑うだけだ。
この水系には巨大種のピラニア・ピラヤというピラニアのお化けもいるはずなんだけど・・。
やっぱり反応がない。
おじさんを見ると黙ってスポックを指差した。
やっぱりこれか!

絶好の倒木の脇に向かって投げた。
ヂョッ、ヂョッ、ヂョッ・・
うーん、やっぱりこないなー。と、思った瞬間!
バチコーン!!
で、出たー!!
タライロン!!
魚体が確認できるほどの凄まじいバイト!
こんなところにタライロンがいるとは!
これが噂で聞いていた幻のサンフランシスコタライロン!!
デカい!
が、少々ファイトすると寄って来た。
色が今まで写真で見たタライロンより薄く黄土色だ。
フィッシンググリップで掴もうとした瞬間。
バッシャーン!あっ!外れた!
またもや俺の恋人は逃げて行ってしまった・・。
淡水シーラカンスとも呼ばれる古代牙魚の末裔。
しかも未だ謎の多いサンフランシスコ河の亜種・・。

なんてかっこいいんだ・・。タライロン・・。
世界中の最も狡猾なる牙一族のひとつ・・。

1mを超える怪物級のお前を抱くのが俺の夢なんだ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ポカン釣り

夜が明けた。朝おっちゃんが家の裏についておいでというのでついて行ってみると弁当箱ぐらいの箱が木の一本ずつにつている林があった。
よく見てみると蟻より少し大きいぐらいの小さな蜂が出たり入ったりしている。
「これはね。特別な花の蜜を集める蜂で世界最高のプロポリスがとれるんだ。」
と言ってた。本当かな。
アロンさんがそこにきてトウモロコシの粒の入った麻袋を持っていた。
「TERUさん。今日はポカン釣りというのを教えてあげよう。出発するよ。」
用意して河に降りるととなりに住むおじさんが船の船頭をしてくれるらしく待っていた。昔漁師だったらしい。
クリックすると元のサイズで表示します
「ボンジーア!」
ようし、出発進行!
この河の幅は狭く、30mぐらいで水はトローンとしたミルクコーヒー色。
家の前から4kmほどアルミボートで遡った。
そこでエンジンを切った。
アロンさんは
「この釣りはねピラブタンガ(頭が鮒みたいで体はドラードそっくりの魚)を釣るんだが、ここのピラブタンガは落ちてくる木の実を食べてるんだよ。それにコーンをそっくりに落して釣る本当に面白い釣りなんだ。」
えっ、ドラードじゃないの。でもピラブタンガいるところにドラードありだ。長い進化の歴史の中で何か関係があるからそっくりの真似た体型してるんだろうから。(実はピラブタンガでもウレシイのだ。)

まず仕掛けはこうだ。3.6mほどの普通のフナ竿に30ldのナイロン糸をつけて針から30cmはダブルに撚る。そこにコーンを二粒つける。ごく単純な仕掛けだ。
しかし日本ではこの竿に考えられん糸の太さ。歯も強力なのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

そして船は音もなく河を流れて行く。その流れに合わせてテンポよくブッシュの変化、特に木がオーバーハングしている所にあたかも木の実がポカンと落ちた音を出して演出して落してやるのである。

さあ、釣り開始だ。俺はこういうの得意だ。目にもの見せてやる。
いいポイントにポチョンと落とした。反応がない。
「もっと木の実が落ちたような音をださないとダメだ。」
そう言われてポカンと落としたその瞬間、
グググッ!!
キタ!うわっ、フナ竿だからひきがツエー!
でた!ピラブタンガ!大きさの割に力あるねー。
楽しいー!

クリックすると元のサイズで表示します
 
口の中を見ると人間の奥歯そっくりの歯だ。これで木の実を潰すんだな。

そのあとも次々うっていくのだが、音がかなり重要で目に見えないから音で一瞬で判断するらしい。疑似餌的要素もふんだんに含まれている。
あと自然に沈ませなければならない、するとイトフケにあたりが出る。

河は蛇行しているがおじさんは岸からつかず離れずの絶妙な櫂捌きでながしてくれる。
いいポイント、いい音で落とすと次々にあたりがある。だめだと出ない。はっきりしている。
いやー風情があって楽しい!こういう釣りもいいもんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目にハデさはないが引き味が強い魚で純粋に楽しい。
一日これで楽しんだ。

しかもうまいらしい。
楽しみー。

大漁。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

リオ・サンフランシスコ

宝石屋をあとにして果てしなく続く一本道をひたすら走った。
地平線までのびたセラフと呼ばれる草原。
やたらと1mから2mほどの赤土色の突起物がめだつ。無数にある。
蟻塚だ。
とてもあんな小さなものが造形したとは思えない。
奇妙であり畏怖を感じる。
こんな草原もあるんだ・・。

夕方突然赤土の横道にそれた。
もうすぐらしい。
300kmぐらいしか走ってない。(もう空間的感覚が南米サイズに・・。)
「ところでアロンさん、こんなとこにドラードは・・。何処に連れて行ってくれているんですか。」
「あっはっは。心配するな。サンフランシスコ河の支流だよ。」

マジー!!未知の河リオ・サンフランシスコ!
そこはアマゾンではなくブラジル中部の西の端を南に向かって流れ大西洋にそそぐ独立水系だから未知の生物がたくさんのとこだ!
というか熱帯魚ルートがほとんどなく日本には知られていないレア魚が多い河だ!

けどドラードほんとにいるの?有名なパラナ水系からかなり遠いよ?

赤土の細い道を行くと木で朽ちかけた門が出てきた。そこを開けさらに走るとまた、また走るとさらに3つの門を開け、一軒の家に着いた。
「ここが僕の別荘だ。」
しかし、別荘という感じではなくただの民家であった。
そしてやたらにたくさんの犬が出迎える。ニワトリや七面鳥に似たのやら猫やブタや・・。
なんだここはムツゴロウ王国ですか?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
中からおじさんが出てきた。気さくな田舎の黒人のおっちゃんという雰囲気。のんびりしてる。
そこには管理人としてバイアーニャ(カポエラで有名なバイーア地方の人という意。黒人系。)の家族が住んでいた。
クリックすると元のサイズで表示します
アロンさんはおっちゃんと管理人という間柄ではなく友達のような接しかただった。これがIt'sブラジルだ。
しかし河は何処だ?裏庭を歩いて見に行くと狭いが深そうで音もなくとうとうと流れるミルクコーヒー色の河が流れていた。
その時、バゴンッ!と大きそうな魚が跳ねた。
うおーっ、期待でわくわくしてきたゾ!

もう日が暮れるので明日だ。
大柄なやさしそうな奥さんはもう晩御飯を用意してくれていた。
「TERUさん。バイアーニャの奥さんはみんな料理がうまいんだ。たらふく食べなさい。」
これがまた言うとうりで肉の煮込み料理だったが絶品であった。ブラジルはアホイス(ごはん)なのもうれしい。
なぜかこのあと料理の話ばかりした。日本の料理のことやブラジルの料理について熱く語ってしまった。しかしブラジルの人は結構日本料理のこと知っていた。日系人がたくさんいるからだろうな。

夜も更けて寝ることになったが誰も普段使っていない部屋が・・。
地面はむき出しの赤土でなんと、南米ヒキガエルが無数に跳ねている。恋の季節らしい。
クリックすると元のサイズで表示します
別荘ですか・・。マジで・・。
しかも寝ていると柱の隙間に吸血コウモリ(かなりデカイ)の巣があるらしく夜中じゅうたくさんのコウモリがバタバタと出たり入ったりしている。たまに当たる。
当然蚊もたくさん。カユイ・・。
もう南米の驚きには大分慣れっこになってきてはいたが糞による病気が少し不安だ。

まさか無数の巨大ヒキガエルと巨大コウモリにはさまれて寝るとは・・。

しかしたまに横の河から聞こえる大きな魚が跳ねる音に期待しながらハンモックに揺られ楽しい明日を夢見て眠るのであった・・。
 
投稿者:TERU

ビワエンシス

“お箸の国の人だもの” (ある少年との合言葉。笑)

日本にも畏怖はある。
日本に残る純淡水の怪魚。
ビワコオオナマズ。(Silurus biwaensis )クリックすると元のサイズで表示します
何というかっこいい学名!誇らしい。

申し訳ないのですが詳細は申し上げれません。
それでなくても本来2mオーバーになるこの魚種が環境破壊により小型化しているのです。(大昔の記録に2.7mというのもあったそうな。 以前琵琶湖博物館に実物大の衝撃の模型があった。)
世界レベルで見ても学術的にも貴重なこの魚がいなくなるのは悲しいから・・。
30ポンドラインが太いと言うような大きい魚に慣れていない釣り師が押し寄せるからです。
切られるのは目に見えている。針が刺さったまま泳ぐ魚なんて見るに堪えない。(実際いる。)
天然記念物ではないというのが疑問だ・・。
特別天然記念物に指定されてもなんらおかしくない程の生物だ。
世界中を探してみたってここだけにしかいないのだ。

上海水族館で見た揚子江流域に生息する最大4mを超える本当に絶滅寸前のナンポウオオクチナマズ(Silurus soldatovi。今はそんな最大級はいないに等しい。けっこうこの種自体知られていない。長江の環境破壊は凄まじい。)でもなければ、

クリックすると元のサイズで表示します


最大種のヨーロッパオオナマズ(Silurus glanis)とも全く違う。(これの最大級は想像を絶するがこいつも3mをこえる個体は最近は稀だとカザフスタンの漁師は言っていた。この世のものとは思えない怪物が竹のような硬さの葦原をなぎたおしていくの目撃した。水の中を車が走っているほどの光景だった。)
クリックすると元のサイズで表示します

似て非なる日本の純淡水の食物連鎖の頂点にたつ固有種。
同じサイズなら一番厳つい顔をしている。
特徴を述べるなら“目”が違う。(重要なことなので今度話します。)
永き幾多の時代を越え、現代は外来種を喰らい生き続ける。

あえてこう言おう。
ギガ・ビワエンシス!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

俺はこの四尺クラスの主が現われるのを半年間待っていた。
間違いなく日本記録クラスだろう。しかし俺にそんなものは関係ない。
こいつが生きていて出会えたことが重要なのだ。

超ギガント・ビワエンシス!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
拳二つなどすっぽり入る。 
え?正面からだとサイズがわからん?
しょうもないこというなよ〜。
はいっ。

クリックすると元のサイズで表示します
素早く写真を撮り、丁重にリリースした。
ヤツはまだこの地に悠々と生き続けている。

この釣りを書く気はなかったがこれを心待ちにしている少年の為にも書きました。

少年よ大志を抱け。釣りは素晴らしい!
可能性を信じることのできる価値あるものだ!

日本は素晴らしい文化と環境を持つ島国。
それがいつまでも清らかであってほしいと思うのは当然だ。
そうさ俺だって一応、端くれ。


“お箸の国の人だもの”
投稿者:TERU

自然。

一寸一言。
俺はね、自然には恐怖が必要なんだと思います。
優しく包んでくれる中に命を奪うほどの深淵を持っている自然。
恐怖のある自然が本当の自然なんだと。

日本にはいい言葉があります。

水の中に想像もできないものが潜んでいる可能性や自分の命が危なくなるほどの自然。
そこに尊敬の混じった恐怖

「畏怖(いふ)

その畏怖が自然の尊さ、命の尊さ、夢、浪漫・・などを教えてくれるんだと思います。
昔話の妖怪だってそう。自然が深いからこそ恐怖と尊敬が生まれる。

よく世界の秘境を訪れた人が浪漫チックな話をしますよね。そういう人は自慢しているのではなくそれに気付いたのです。それを伝えようとしているのです。

もしそれを自慢だとかくさい言葉に聞こえた人は心が力をなくしてきているのかも知れません。

それに感動できる人はまだ心の翼が胸の中でふるえている人でしょう。

俺はもっともっとその畏怖を感じたい。

恐怖と尊敬で震えたい。

それが世界釣り旅だった。

ただそれだけです。




投稿者:TERU

クリスタリーナ

朝早くアロンさんの車に乗り街を出た。
延々と広がる見渡すかぎりの麦畑や牧場を抜ける一本道を走り続けた。
大きな幹線道路のはずなのに車は少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

道中アロンさんはこう話した。
アロンさんは末っ子でブラジルで生まれたらしい。小さい時は苦労したそうだ。
八人兄弟だが成功しているのは俺と兄貴だけだと言った。
兄貴ほど金持ちじゃないけど親の面倒をみてるのはふたりだけだと。
「TERUさんとしゃべったから日本語大分思い出してきたよ。普段全然しゃべらんからね。いっぱい本当のブラジルを見ていってくれ。そして日本で話すんだ。」
どうもこの人もブラジルのことを日本人に知ってもらいたくて仕方ないみたいだ。

ミナス・ジェライス州に入った。
しばらく走ると道路脇に何やら奇妙な置物のある店がチラホラ見え出した。
なんとそれは宝石屋だった。
宝石屋と言っても先進国のきらびやかなものではなく掘っ立て小屋に毛が生えた程度のものだ。
ここの地名はクリスタリーナ。宝石の町である。
ここからはたくさんの宝石が出てるらしい。
種類も量もかなり。
隣町ではアレが出てコチラはナニナニといった感じ。

ちょっと覘いて見ることにした。
驚くべきことが車を店の前に止め降りた瞬間から起こった!
地面のジャリが薄く透き通っていて全部クズ水晶なのだ。
まさにクリスタリーナ!!・・。(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ってみると凄い量の水晶が所狭しと置いてある。
値段を見ると信じられないくらい安い。子供のお小遣いで買えそうである。
琥珀色の水晶がここの特産らしく目についたので母のおみやげに一つ選んだ。
店員も決して押し売りすることなく振る舞いに余裕があり、40歳ぐらいの華美ではないが上品な女性である。
ブラジル定番のセルフサービスのコーヒーがあるので小さな紙コップに入れて飲みながらじっくり拝見する。(この習慣は凄くいいね。俺も店を持つことがあれば絶対採用しよう。)
                   
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

しかし水晶では宝石のうちに入らんなと思っていると、奥の宝石を見ていきませんかと言ってきたので奥の部屋に通してもらう。
見るだけですよと言ったが全然OKという感じで重そうなアタッシュケースが出てきた。
おいしいコーヒーも出てきていよいよ密談といった感じ。

アタッシュを開けると小さな紙の包みがたくさんあり、それをおもむろに開いた時感嘆の声が思わず洩れてしまう。
なんという美しさ。なんという数。次々に袋を開けて見せてくれる。
こんなにたくさんの宝石は生まれて初めて見る。
水晶とは輝きが全然違う。
吸い込まれそうだ。
人は最後には石にハマるというのを聞いたことがあるが今ならうなずける。
こんな心境になるとは思いもしなかった。
しかも値段が異常に安い。
世界で旅行者相手に商売しているものはロクなものがなく100%と言っていいくらいダマされるのだが何故かここではその感じが感じられない。
しかも人などほとんどこない場所だし。

日本でこんなに大きい石を見た記憶があまりない。
それでも安い石らしくとんでもない石はすぐにパナマに運ばれると聞く。
色んな種類の石を見たが一つ心を奪われる石があった。
それはトパーズ・“インペリアル”(皇帝)。
その琥珀色に近く深いピンクに輝くトパーズは世界でここだけしか採れないという。
もう神秘的な美しさである。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

店員の女性も買うならこのロマン溢れる石が絶対お勧めでお買い得という。
カットと色の気にいった石があり、すごく欲しかった。
値段の事を言うのもなんだが大豆小ぐらいの大きさで8万円ほどだった。
しかし、怪魚を狩るあてのないさすらい旅の途中なのでそれほどの余裕がなかった。
渋々諦めたのだが日本に帰ってきて驚愕の事実を知ることになる。
それは日本だと7ケタに近ずくほどのお値段だったのだ。
あぁ・・。買っておけばよかった・・。

俺は嫁さんができたら絶対に石はここに買いに来るぞ!(笑)
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ