人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2007
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

農家・・。

朝早く車に乗り込みサンタイザベルのカナイさんの家にやってきた。
となりの畑で仕事する麦わら帽子で長靴のおじさんが手を振った。
「完全」なる日本の農家の初老のおじさんだ。
不思議な光景だ。これがMr.日本移民なのか。
ここはアマゾン流域だぜ?
やっぱり地球は地球だし、日本の文化は日本の文化だ。
脈々と流れる農耕民族のDNAもあるに違いない。
キドサキさんが俺を紹介してくれる。
すると、
「おーお、日本から来たのかい。日系人に見えたよ。」
基本標準語だが、かなり東北なまりである。ゆっくりしている。
キドサキさんが、
「カナイさん、今ホバーロは釣れますかね?」
「うーん、どうでしょう。」
後から気付くのだが、この人、長嶋茂雄と同じ口癖なのだ。
何を聞いても
「うーん、どうでしょう。」
笑いをこらえるのに必死である。
しかし、ここにブラジルのおおらかさを感じることができ、大変好きになった。
しかし、釣り的にはこの調子だと多分期待出来ないな。
ボートを車で牽引して、サンカイタの河口に釣りに行くことになった。
車中、
「今年のピンメタの相場は悪い。もう三年寝かそう。」
などと話している。
いろいろ儲かりそうな作物を探しているらしいが、現実は厳しいようである。
そこで、俺はホバーロがどんな魚なのか聞いてみた。
「ああ、スズキだよ。スズキ。ちょっと日本のとは違うけどね。今はよくないよ。」
え、そうなの?ふっと足元に写真が落ちていたのを見つけた。

クリックすると元のサイズで表示します

これなら満足できるんだけどな。

そうこうしているうちに赤土の道を走り続けて川に着いた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

まずここでカマロンを買うと言い出した。
えっ?、カマロン?どうもエビのことらしい。
その川のほとりで煙草をのんで?(笑)いると、水面にペンシルベイトの様な魚がポコポコ浮いてる。
あっ!ヨツメウオだ!
現地の生息する姿を見れただけで嬉しい。
汽水に生息してるんだ。思ってたより大きいな。
小石を投げても逃げない。感激ー。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、エサ屋のおっさんが現れた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

さあ、これで用意が出来たぞ。
投稿者:TERU

キドサキさんに拾われる。

優しそうな目でキドサキさんはこう切りだした。
「ホバーロ釣りにきたんでしょ。遠かったでしょ。ブラジルはどうですか。いいところでしょ。ちょっと時期は悪いけど釣れると思いますよ。明日僕の仲間で超がつく程釣り好きの釣りキチカナイさんってヒトがいるから隣町のサンタイザベルまで行きましょ。バルコ(ボート)も借りなきゃいけないしね。」
「よかったら家に来なさい。最近畑を売ってベレンのアパートに引っ越して来たから。」
もうそれだけで嬉しい。釣れなくてもいいよ。さすらいの旅なんだから。
「そのタバコのんだらいきましょ。」
えっ!?のんだら?ああ、そうか、昔の人はこう言うんだ。
そして荷物をとってキドサキさんの家に泊まらせてもらうことになった。
奥さんと一人娘の三人暮らしだった。
その夜色んな話を聞いた。
今、日系人の間ではピンメタ(こしょう)畑や牧場が割りに合わなくなり、みんな失敗してやめていってる(タイや東南アジアで安く栽培され、相場が下がっていくため。)ことや、ベレンも都市化が進み、人が悪くなってきたこと。
昔は溝に真っ黒になるぐらい魚がいたこと。
ムクイン(ジャングルを歩くと移るダニ)や爪ダニ(爪楊枝で掻き出すらしい)の強烈な痒さ。
キドサキさんの若い時の話。
これが面白かった。
キドサキさんもバックパッカーだったのだ。
やはりブラジルアマゾンのおおらかさに心を打たれ永住を決めたのだった。
そして日本移民の奥さんと熱愛して結婚したのだ。
どうりで発音が日本すぎると思った。
ポルトガル語の発音も微妙である。
奥さんはさすがに完璧だ。
娘さんになると日本語がかなりビミョーだ。
寝室には幸せそうに抱き合う二人の若い大西洋をバックにした写真がある。
こういう人生もあるんだな。
「さあ、もう寝ましょう。明日は早いから。」


クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

(無題)

ホントにお待たせしました。タイ編はやはり初回の釣行記から書かなければ深い意味が出ないし、ゆっくり深い話も交えながら書きたいと思うので、南米編で熱く語らなければいけない事もあり、途中なので、魑魅魍魎!南米牙魚編再開します。(ありがたい南米リクエストや応援もメッセージボックスに多数寄せられたので。)
いろいろ迷ってすみません。実はガラスの様な繊細な心の持ち主なので。(笑)
じゃあ、始めるよ!
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ