人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2007
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

セニョール・キドサキ。

バザールを楽しんで帰ってきた俺は、むしょうに自然に帰りたい気分になってきた。
「魚を釣りたい。」
そう思ったが、ここは都会だし、目の前に広がるのはどこまでも続く黄色いおしるこの海。
どうやって手をつけていいかわからなくなっていた。

そうだ!
このベレンの上のマラジョー島の上にメシアナ島がある。
そこはピラルクの宝庫であるというTV番組を見たような気がする。
それだ!ピラルク釣りてー!
最初にエコツアーで行ったリオ・マモリの支流でよく考えたら南米にやってきて最初のルアーフィッシングのアタリがピラルクだったよ。
それってある意味すごくない?うわーっ、釣りてー!

早速ネットカフェに行く。
意外に世界中どこでもかなりネットカフェは浸透していて街にはどこに行ってもあるのだ。
おねえちゃんがチャットして子供のゲーセンと化しているが。
だから、こういう旅がだれでも出来るようになってきているのだ。
秘境まで行くのはちょっと慣れと勇気が必要だけど。
日本はかなりネットカフェ少ないほうだと思う。

調べてみたが、見つからないので、
日本にいる世界怪魚釣行記の武さんにメールで聞いてみた。(こういう情報のことならbP。世界を見つめる孤高の人です)
すると、すぐ返事とメシアナ島のHPが来た。
ありがとうございます。
しかし、それを読むとメシアナ島は大牧場主(多分アメリカ人?)が経営していてセスナでしか行けないパッケージツアーなのだ。
目が飛び出るほどの金額!(俺にとっては。)
しかも、釣堀!?もしくは自然ちっくな養殖。
電話で問い合わせてみるとそのようで、3人集まらないとムリと言われる。
しかも今日本人が撮影隊引き連れてきてるからと。
「はぁ!?なんだそれ。」
そんなの俺には全然用ないぜ。
ここまで来たからには野生の赤い悪魔を釣りたいんだよ!
どうりでピラルクをルアーで釣ったとか言うのをメディアでみるわけだ。
そんなに甘くはないはずだ。
世界最大の崇高なる淡水魚アラパイマ・ギガスがそうであって欲しくない。
仕方ない。
今回はピラルクはあきらめよう。
次回必ず野生のピラルク釣れる場所があるはずだ。
さて、これからどうしよう。武さんから来たメールに続きがあった。
「TERUさんホバーロ調査してきてよ。」なんですかそれ。
「前に南米に行った時サンパウロの新聞社で会った日系人がホバーロ釣りに来いって言われたから見てきてよ。」
わかりました。
いくあてもないのでその人に電話してみると、
「おおーっ、遠い日本からわざわざいらしたんですか。今すぐいきます。」
え!?この宿の裏に住んでるんですか!?
なんたる偶然!!
そして、すぐに車で?来てくれる。
なんか完全に日本人に見えるその人は
「始めまして、キドサキです。お腹すいてるでしょ?ヤキソバ食べにいきましょう!ごちそうしますよ!」
え!?ヤキソバ!?
「そうです。ヤキソバです。ブラジルには日本人移民が広めてブラジルで人気になったんです。日本移民の最初の入植地がトメアスーという所でベレンから近いんですよ。
高いものじゃないですけど、美味しいから私のいきつけです。」
みるからに人がよさそうで、言葉使いのきれいな人だ。
ヤキソバレストランに着いた。中に入ると色の黒いお姉ちゃんやボーイが着物で現れた。なんか笑ってしまう。

キドサキさんが、

「ヤキソバ、ペケーニョ、ドイス(を2つ)」
と言って
しばらくして重そうな物体を奥から運んでくる。厨房の奥には山のようになってるそばのような物体が見えるが、まさか・・。

いやな予感は的中した。黒いお姉ちゃんが重そうに運んできたものは、

うわっなんだこれ!? 
クリックすると元のサイズで表示します

これがなのか?
そしてとなりの席に座っているカップルに運ばれてきたものを見てさらに驚いた!
まさに道路に植えてある小さな植え込みぐらいの物体が運ばれてきた。
あまりの衝撃に画像に残されていないのが悔やまれてならない。(笑)
しかし、意外にもそれは超うまかった。
日本でもこれに勝てるのは少ないのでは?
胃がはちきれそうになるまで食べ完食した。
そんな俺をキドサキさんは楽しそうに見ている。

クリックすると元のサイズで表示します

のっけからおもしろそうなことになって来た。

そう、南米怪魚狩り編第2章は2世代前、新天地を求めて遠いブラジルに渡った日本移民、日系人の歴史と怪魚の感動の章である。

                                          乞うご期待!!
投稿者:TERU

遠いアジア。

次の日、宿のおばさんが、街の広場で日曜日だからバザールやってるからみてらっしゃいと言われ、広場に繰り出した。
にぎやかでまたなんか買ってしまいそう。
マナウスでもおみやげたくさん買ってるのに。
秘境が深くない旅では欲しいものが少なく(既製品などには何の価値も感じないし、もらっても嬉しくないと思うから)おみやげなど買わないのだが、アマゾンは特別である。(摩訶不思議な自然のおみやげがたくさん!ムイラプアマなんて一番高級な精力剤とかに入ってるんだよ。今度薬局で見てみてね。)

はい、そしていきなり出ました。このかばん。
完全に新聞コピーしただけです。
意味わかってません。
日系人注意しないのか!と思うけど、2世、3世になってくると、しゃべるのはNHK観たり、家族で話すので少ししゃべれるが、字はもう読み書きできなくなってる人が多い。

これ完全にインドネシアのテロだよね・・。でも何故に虎?(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジルの人達は漢字がかっこよく見えるのか、ちょっと笑ってしまう刺青をしてる人が多い。

きれいな女の人が耳に「五右衛門」とか入れてたりする・・。 あぁ・・。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ