人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2007
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

パパガヨの宿。

宿に帰ると、パパガヨ(オウム)がお出迎え。
この鳥、宿じゅうを歩き回って喋り捲っている。
ものすごくたくさんの言葉をしゃべるし、意地でも飛ぼうとしない。
ここまでのオウムは見たことない。
高い所もくちばしと足を使って登っていく。
しかも一人でしゃべっている。
人間のつもりなのか?
明らかに俺は下に見られているんですけど・・。

たくさん蚊に刺されてかゆいけどなんかいい宿だ。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ベレン散策。

ベレンに着いた!
明らかにアマゾン流域で一番でかい都市だ。
マナウスとは雰囲気も大分違う。
人もあふれかえってるし、マナウスの長閑さもない。
しかし美人が多いように感じるゾ。
とりあえず安宿だ。
多分都市だから宿代も高いだろうなと思っていると、ポケットに手紙があるのを思い出した。
船に乗る前に、ちょっと仲良くなったおっさんに
「俺の姉がベレンでいい宿屋をやってるから行くといい。」
と言われて住所と言伝(俺のダチだからヨロシクみたいな内容)を書いた手紙をもらった。
実はあまり信用していなかったのだが、あてもないので人に聞きながらたどり着いた。
中から出てきたのはカリオカ(リオデジャネイロのいけてる女の子のこと)っぽい昔とてもキレイだったんだろうなという感じの気の強そうなおばさん(あの女海賊船長に似ている)が優しく迎え入れてくれた。
宿代は8レアル(約400円)でいいと言うのでここに決めた。メチャ安!
そして荷物を置いた俺は早速恒例である市場を観に行くことにした。
ヨーロッパ調の通りを抜けるとそこはヴェロペーゾ市場だった。
もうすでにフルーツの甘い心地良い香りに包まれている。
とりあえず生フルーツジュースを2杯飲んだ。
一杯でかいグラスで50円。日本にはない果実。
これがもう信じられないくらいうまい。暇があったら飲む。
アマゾンにいる間はこれが俺の健康を守ってくれる。お肌もツルツルだ。
しかしでかい市場で、肉は肉、魚は魚、薬草は薬草で分かれている。
そこである兄ちゃんに目が行った。カゴを担いでいる。近寄って見てみると、
なんと、泥カニ、カランケージョだ。
あの開高さんも絶賛したこのカニを食うためにここに来たと言っても過言ではないくらいだ。
オーパに憧れていたからだ。(皆さんも読んでみて下さい。大人の男の本です。)
しかし、あせることはない。楽しみはとっておこう。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ここで定番の魚のランチを食べた。
おばちゃんに、
「何があるの?」と聞くと、
ドラードが美味しいわよ!」と言う返事。
えっ!?ここにはドラードいないんじゃ・・。」
そう言うと、魚の切り身を出してきた。
明らかにパラナの牙ドラードではない。
おばちゃんは呆れ顔で、
「ベレンじゃナマズのことをドラードって言うのよ!死ぬまではまっ金金よ!
「ああ、そうか、ドラードキャットか、ピライーバの金色版みたいなやつだ。」
そして指差した魚屋にはでかい恐ろしいくらい金色のナマズが横たわっていた。
しかし、なぜか画像に残っていないのが口惜しい。
そして、それを食った。うまかったのはいうまでもない・・。

ではここで、アマゾンで食べた一番うまいと思った魚を紹介しまーす!
書いていないけど、ここまで約一ヶ月半の間メシ屋にある魚はかたっぱしから全部経験だと思って喰ってきた。

パンパカパーン!そこで栄えある一位に輝いたのは、ピラ・・じゃなく、いやいや、ジャラ・・でもなくそれは、
パクーです!!
誰がなんと言おうと俺はこれです。
この魚は落ちてくる木の実を食べている魚で、なんともいえない良い風味がする。
言葉では表現しにくいが、くせになる。
お昼になると食べたくて仕方ない。
頭がうまいのだ本当に。だからポテトチップスみたいに食べれるくらい頭をうまく揚げてくれるおばちゃんでないといけない。
みなさん、もし、アマゾンに行くことがあったら、パクーですよ、パクー。

投稿者:TERU

ルアーがっ!

今日、旅の準備をしようと思い、ルアーを整理しようとしたら、出てくる出てくる。
とんでもない量にルアーが増えている!中古で超お買い得の名作ルアー380円以下しか買わないのに・・。
ブログ更新しようと思っていたのに・・。
俺が大好きなルアーが日本ではなぜか投売りされているっ!メチャ釣れるのに。
おかげでこちらは嬉しい悲鳴!外国でルアー買ったら以外と高いのに・・。
今日もスーパー名作ルアーが箱入りで50円で売っていたので、買占めちゃった・・。
しかも帰りにたこ焼き買ったら店の兄ちゃんおつり間違えて5000円得した!
なんてツイテルンダ!これのしっぺ返しでタイでテロに遭わなきゃいいけど・・。

袋いっぱい買ってもルアー1コ分くらいの値段だった。箱にガラクタコーナーと書いてあった。
うぬぬぬ・・。許せん!複雑な気持ちだ・・。アマゾンの奥ではこれを心待ちにしている友達がいるのに・・。まっ、いいか。
今度おみやげにもって行こうっと!
もう片付ける気力がないので更新しよっと。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ