人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2006
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

BELEM!

いつになったら着くのか。
もう一週間も船旅してる。
聞くところによるとここは川幅160kmあるらしい。
ベレンってどんなとこなんだろう。
そんな事を思っているとぼんやり陸地が見えた。
目をこらしてよくみると、
見えた!ベレン!

クリックすると元のサイズで表示します

想像以上に大都市だ。
とうとう着いたぞ。
アマゾン河奥地から2000km。
遠かったぜ河口の街ベレン!

俺は孫が出来たら、
「若いころおじいちゃんはアマゾン河上流から下流まで船旅したことあるんだぜ。お前もがんばれ。」
と言ってやる!ハハハ。

さあ今から南米冒険第二章の始まりだ!
投稿者:TERU

どこまで続くのか。

長い長い水路を抜けた。
またどこまでも広く続く黄色い大河。
白に飲み込まれてく・・。
果てしなさに睡魔に襲われる。
甲板を吹き抜けていく風がハンモックに優しい。
夜遅くブレビスという町に着いた。

クリックすると元のサイズで表示します

船で仲良くなったおっさんが、
「テル、ここは少し物騒だからあんまり遠くに行くなよ。」
おっさん、心配してくれてありがとう。
けど俺全然金もってないから・・。
日系人より日系人化してきてるんで・・。
足なんて日に焼けてこんなに・・。

クリックすると元のサイズで表示します

みんなすごく心配してくれるけど全然危険な感じがしないのはなぜ?
次の日出発すると河の中洲で子供達がサッカーをしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

未来のロナウジーニョがいるんだろうか・・。
投稿者:TERU

改造船?

延々と続く水路を走る船。
ジュラシックパークに出てくる場面のようだ。
森の中からあらゆる生命の声がする。

クリックすると元のサイズで表示します

と、そこに風変わりな野郎が現れた!
なんとカノアの改造マニアだ。
日本でも車を改造して自慢しているやつらがいるがここではカノアだったのだ。
爆音をあげ、純白のボディに車のハンドルまで付けている。
そいつは船と平行して走り続け、横目でちらちら見ながら追い抜いていった。
スポーツカーではなくスポーツカノア。
恐るべし、カノアマニア。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

人々の足。カノアとヘモ。

そして船はシングー河合流点を通り過ぎた。
もうだいぶ下流に来たようだ。
水がかなりとろんとした黄色いお汁粉河になってきている。
ネグロとは全く違う水だ。
ここの人達はネグロとか上流は魚が少ないと言う。
そんなことはねえだろういっぱい怪物いたぜと思ったが、よく聞いてみるととこの栄養豊富な水にはとんでもないサイズのナマズ類や肉が多い魚がいるらしい。
ネグロで魚が少ないなんてここは考えただけでも身震いがする。
アマゾンは何を聞いても想像以上の答えが返ってくる。
まったく楽しいぜ!
グルパという町に着いた。
ここからはアマゾン河最大の島、マラジョー島(九州と同じくらい。島でこれかよ!笑)の上の水路のような網目状に流れている河を通っていく。
川幅が狭くなり、民家が目立つようになってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

そして両岸からカノア(カヌー)に乗った子供たちが何かをもらおうとして、通り過ぎる船に向かって全速力で必死にヘモ(オール)で漕いで何かわめきながら突っ込んでくる。
小さい女の子もおおきなカノアを一人で漕いでいたりする。
しかし、たいがい何ももらえずに、船の余波でザッパンザッパン、カノアが揺れ沈みそうになるのをたてなおして楽しそうに遊んでいる。

これで、これでいいんだアマゾン。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

仕事納め。

とうとう今年の仕事をやり収めて家に帰ってきました!
なんとか次の旅の資金が貯まりました。
いやー、今年の一年を振り返るとまさに世界の怪魚を追い求めた年でした。
何かふっきれた感じがしました。今、価値ある人生を熱く生きている!という実感がします。
前半は南米を放浪し、間働いて後半はMONSTERKISSの拓矢君と中国シルクロード、カザフスタン、モンゴルの貴重な朋友二人旅もしました。(実は電波少年とか見て憧れていたんです。)
世界怪魚釣行記の武さんと僕の家の近所の川(武庫川)にナマズも釣りに行きました。
いい友達にめぐりあえて僕は幸せです。
仕事場の人達も協力、応援してくれて本当にありがたいです。
この一年でどれだけ感動があったかわかりません。
来年も惑わされることなく、自分の信じた道を熱く生きていきたいと思います。
皆さんにもよい年でありますように。
クリックすると元のサイズで表示します

それでは、今日から旅の準備とブログの更新再開します!
投稿者:TERU

ヒッピーハッピー?

人と荷物でいっぱいになった船にはいろんな風変わりな人達がいる。
船の後部のスペースにヒッピーのグループ(家族?夫婦ではなさそうだ。どうゆう間柄か全く分からん)がいた。
俺と目が合うと、近づいてきて、
「遠い日本から来たのかい?この船のチケット代で金がなくなったんだ。アクセサリーを買ってくれないか。君のためにアマゾンの心を入れて作るよ。」
一文なしの辛さは俺もよくわかる。じゃあ一つ作ってよ。
「ムイトオブリガード!」
そう言っておもむろにペンチと針金を取り出し、あれよあれよと言う間に針金を器用に曲げて作っていく。
その早やさ美的センスには驚いた。あっぱれです。
たしかにアマゾンの心は受け取ったよ。(笑)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

しかしあなたはなんでオンサ(豹)の手を首からぶらさげてるんですか・・。
しかも、キリストの生まれ変わり だとか訳分からんこと言ってるし・・。

クリックすると元のサイズで表示します

この猛獣の手イルカの牙のライターケース買ってくれとか言い出すし・・。

クリックすると元のサイズで表示します

その女たち(どうも妻ではない。)もいろんな珍品を買ってくれと亡者のように言い出したので、だめだこりゃと思い、ハンモックに退却して深い眠りに着きました。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

アマゾンの秘宝の夢を見ました。 あぁ・・。
投稿者:TERU

実は迷っていたんですが・・。

次の旅はタイに決めました!ギリギリまで迷っていたんですが・・。実は僕の夢である魚、血紅龍(レッドアロワナ)をボルネオ・カリマンタンの河をさかのぼり命がけで会いに行こうと思っていました。心を捕らえて放さない古代魚界の究極の頂点の魚に会うために準備し、情報収拾していました。しかし、このレッドアロワナに挑戦をした釣り人は世界でも前例がなく、確かな情報も限りなく少なく厳しい挑戦は必至でしたが、ある理由が重なって今回はやむなく見送ることにしました。かなり行きたかったんですが・・。
と言うことで、今タイにすべての常識にとらわれない意味で尊敬する釣り友達、世界怪魚釣行記の武さんが2メートルのエイを本気で狩ると言って旅立ったので年が明けたらそれにまぜてもらいに行ってきます。五人がかりで何時間とからしい。
タイは何度も行ってるので冒険になりにくいけれど何かを発見してくるよ。
あっ、そうだ何年か前に行ったタイの海で釣ったクエは凄かったな・・。
とりあえず年末までお仕事がんばります。正月は更新大幅にします。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:teru@DoCoMo

ああ・・。

今日も雨だ。
どうやら雨季も本格的らしい。
果てしなく続く河をエンジン音だけが静かに響き船は漂っている。
ハンモックに包まり物思いに耽る。
何気なく天井にぶら下げたバックが目に入った。
「ああ、お前とはいつも一緒だったよな。現地人に殺されかけた時も、凍るような夜も、河にはまった時も・・。いろんな世界見せてやったよな。内側のコーティングはハゲてボロボロでシミもたくさんあってルアー容れなんかにしたりして無茶な使い方したりしてるのに壊れずついてきてくれてうれしいよ。最後まで俺が使い切ってやるからな。まだまだいろんなところ行こうぜ。」

クリックすると元のサイズで表示します

強い雨が降る湿度の高い空気の中で眠りに堕ちた。
「着いたぞ。」
誰かの声で目が覚めた。
外を見ると小さな港の前の山にすごい数の白い鳥が被い尽くしている。(写真ではちょっとわかりづらいかな。)
雨で悪魔城みたいな雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ここで船は荷物をまだ積むと言う。
しかも乗客がバケツリレーのようにこの果実を運ぶ。
しかも嬉しそうに。当然俺も。
どうなってんだ?
さらに人が乗ってくる。
足が腐ってきているおばあさんまで乗ってくる。
もうギュウギュウ詰めである。ハンモックの上にハンモックがきて視界がない。
完全体リアルノアの箱舟になりました。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

左の兄ちゃんはバイクタクシーの運ちゃんなんだけどこれだけでアマゾンの男がどれだけ優しいかわかるでしょ?
それに面じて俺も我慢するよ!
投稿者:TERU

人魚と猫。

夜、船に帰るが寝れないのでバイクタクシーに乗ってバーに行く。

とてもさみしい畑のあぜ道をぬけた寂びれたバーだった。
カイピリーニャ(ピンガというサトウキビから作った酒とライムと砂糖のカクテル。ブラジルの定番。)をたのみ飲んでいた。

マスターとブラジルと日本の風習について話していくらか時間が経ち、意識が朦朧としてきた時、赤いソファーの上に微笑む小麦色の人魚が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

これは夢に違いない。
あの忠告をうけてきた人喰いいピラーニャではなく男喰いピラーニャかもしれん、と思い酔ってうなだれた重い頭をもちあげると、そこにいた人魚は猫に変身していた。

クリックすると元のサイズで表示します

人魚が猫だなんて。
ああ、いい夢見た。もう船に帰って寝るわ・・。
投稿者:TERU

サンタレンの教会。

町を歩いていると、なにやらアスファルトがキラキラ光っている。
近づいてよく見るとそれはコーラの瓶のキャップだ。
こんなものが本当に滑り止めになるのか?
余計に滑るんじゃ?
気まぐれか?
やっぱりアマゾンは進んでいるのか遅れているのか理解に苦しむ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

そこを見上げると教会だった。
そこの前でブラジリアンヒッピーがアクセサリーを売っていた。
手作りのピアスをいつかあげる人のために買った。
教会の中ではミサをしていた。
なぜか清らかな気持ちになる。(都合のよい無神教者だけどね。けどこれはすごく大事なバランスだと思う。)

クリックすると元のサイズで表示します

軽くお祈りをして心が清らかになったところでまたハラが減った。

ちょうどそこにブラジル定番の串焼肉を道端で焼いてるおっさんを見つけ、4本注文した。(1本デカいのに50円!)
マナウスでもこれにはまっていて、昼は魚、夜は焼肉の毎日だった。
この肉、これがまたうまいのよ。
日本の牛とはまた違う野性味にあふれていてジューシーなのよ。
やっぱりピンメタとファローファ(ファリーニャを揚げたもの)ごはんも合わさると格別ですねー
。ねぎも乗ってたりなんかしちゃったりして。どう?おいしそう?
ごちそうさま。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

サンタレン散策。

ヘストランチ(食堂)を出てぶらぶら歩いていると、釣具屋発見!
マナウスではドロボウ市場みたいな所でしかルアーを見れなかったので、うれしくなって入ってみた。
竿やリールはやはり我が国の製品には及ばず欲しくなるような物は少ないが、ルアーに関して言うと、あの恐るべしブラジル製が置いてある。
すかさず購入した。
サンパウロの釣具屋で見た時は鼻で笑っていたあのルアー。
動かしてみると目から鱗。一瞬でファンになった。
アマゾンではKV、ボーボレータ、ベイトプラーこの天才三大ルアーメーカーに敵うルアーはたくさん日本でよしとされている物を持っていったが、淡水の日本製ではなかった。
ブラジル製、アメリカ製に明らかに見劣りしていた。
日本ではメディアや商業主義が乱立し、本当のルアーの面白さを見失っている。
子供たちでさえそれに汚染され、高価な竿や釣れない値段だけのルアーを欲しがり、本当に実力のあるルアーが安物だと見向きもされなくなっている。
大人たちや釣具業界の人達だってそうだ。
他のジャンルの遊びについてもいえると思う。
僕が世界に出て一番いいたいこと。それは、

「メディアや常識にとらわれるな!自分で考え、行動して切り開いて行くんだ!固い頭じゃ虫も食わないゼ!」

釣りはその最たるもので自然と戯れ教えてもらい、とけこんでいける人類とは歴史の長い原始的で面白いものなんじゃないかな。

そう。自分を変えよう。
しばられるのは自分が悪い。
自分が変われば世界も変わる。
俺はもう目が覚めた。
俺はもう目がさめたのさ。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

釣具屋のおっさんが自慢げに出してきたピラチンガ(悪魔に近づいた怪物ピライーバ)とアナコンダより凶暴なイエローアナコンダのFhoto。
                       オッパ・・!
投稿者:TERU

生ピラルク。

なんかハラが減ってきた。
陸に上がったんだからちょっといい物食べようと思って川沿いの食堂に入った。
「おばちゃん。今日のおすすめ何?」
「ちょうど生のピラルク入ったところよ。おいしいわよ。」
冷蔵庫に入ったピラルクを見せてもらい注文した。
「カリッと揚げてね!カリッと。」
「まかせなさいよ。」
数分すると出てきた。まずはピラルクをパクッ。
ウマーイ!
たとえようのない脂ののりとモッチリ感。
マナウスで食べたのは生ピラルクではなかったのか?
それにスパゲティーとご飯をまぜソバメシのようにしてファリーニャをかけたものと、塩キュウリ、香りの良いピンメタ、なぜか不思議なくらいうまいミネラルウォーター。これのどれかひとつも欠けてはいけない。
これで5ヘアウ約250円。
いいのか?こんな貴重な魚がこんなに安くて。

貴重な世界最大の淡水魚を殺さないでほしいという思いと、おいしいので食ってしまっている俺。
ここで開高健さんの言葉が頭をよぎった。

釣り人は絶滅を予感しながら釣りをやめない
1匹釣ると1匹減る
生きたまま放流しても魚はその分だけ傷つく
私は何匹も魚を釣ってきた
罪深さに震えて酒を飲んだ

ビフテキを食った口で動物愛護を語る
文明生活を楽しみながら自然破壊を嘆く
体を鍛えながらタバコを吸う

私は自分がわからない
人間がわからない

もし学者が言うように人間の自然破壊は
繁栄し過ぎた全ての生きものがたどるべき
セルフコントロールへの道であるとしたら
この美しい地球全体を道づれにしてしまうだろうか

私にはわからない


・・先生、わかろう、わかろうとして努力するのですが、僕にも人間というものがわからないんです・・。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

サンタレン。

目が覚めた。
今日も穏やかに船は漂っている。
いつものように船べりで目覚めの一服。
アマゾン河のそよ風にふかれながら吸う煙草。
今日も美味いぜ。
河の水面に目をやると、見えた!タパジョス河の合流点。
ということは、ここはサンタレン!町も見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

マゾン河三大都市マナウス、サンタレン、ベレンの一つなのに思っていたより大きな街ではないなあ。

サンタレンに着くと、普通サンタレンでは一泊しないのだが、この船は安いので一泊すると聞かされる。
俺にとっては好都合だ。
早速バイクタクシー(どこまで乗っても市街なら1ヘアウ、約50円。安い!)をつかまえて散策に出かけた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そして、川沿いで釣りをしているおっさん達を発見。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

どうやらピアウー(タイガーレポリヌス)をパンを練って釣ってるらしい。
まあ日本のハス釣りみたいなもんで、アマゾンらしくなく繊細なアタリが面白いようだ。
横に佇み見ていると、赤い帽子のおっさん達は道具も結構いいのを使っているのだが、全然釣れない。
しかし、一人で来ている黄色い帽子のおっさんはコーラの缶をリール代わりに使い、
手釣りで微妙なアタリをとり、糸も全く動いていないのにシックスセンス(第六感)を使い、鋭くあわせて次々に釣っていく。
俺もこのおっさんに話しかけ道具を貸してもらい素早く2匹釣った。
おっさんはやるじゃねえか。
という感じで見てたが、俺もこういうの得意なんです。
日本でも良く見るこの二人のおっさんのようなこの光景。
釣り道具は値段ではないのだよ。値段では。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

おかず分釣ったら何も言わずビニール袋に入った魚をウエストバックに入れ、颯爽と自転車に乗って消えていった。
かっこいいぜ。おっさん!
投稿者:TERU

JURUTI.。

夜遅くジュルチと言う町に着いた。
雨がぱらついていた。
迎えに来た人や荷物を引き取りに来た人達が桟橋にいる。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ここで船の中で仲良くなった小さな友達アントニオとお別れ。
色んな卓上ゲームを教えてくれた、とってもシャイな男の子だった。

しかし、その子と別れ際にカメラを向けると身分証明書を掲げ胸に手を置きポーズをとった。
「それはどういう意味なんだー。」
と船の上から大きな声で言うと、
凛々しい顔で
「僕は誇りあるパラ州の男だ。」
と答えた。
またいつか。アントニオ。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

更新しなければ・・。

いやー、読者の皆さん更新なかなかできなくてゴメンナサイ。
なぜかと申しますと今は次の冒険に向けて1日16時間働いておるのです。早急にお金を貯めなければならないのです。その為に関空近辺である仕事をしています。
更新のほうは会社のPCが空いてる時にたまに使わしてくれるので少しづつしかできません。
できる限り頑張りますので見捨てずお待ちください。あぁ・・。この期間が辛い。
ジャンボ宝くじ当たりますように。(笑)
南米編まだまだです。これからアマゾン河以外にもサンフランシスコ河水系、大湿原パンタナル、パラナ水系に続きます。その後、モンゴルの怪魚イトウ編や微笑みの国タイ編も待ってます。いろんな珍魚、怪魚も待ってます。
ブログを更新できないフラストレーション溜まりまくりです。
応援よろしくお願いします。(密かに応援メール待ってるんですけど・・。)
投稿者:teru@DoCoMo
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ