人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2006
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

おいしそうなツクナレ。

どうやら船はアマゾナス州を抜け、アマゾン河中流域のパラ州に入ったようだ。
そう、今は中流域の大きな街サンタレンを目指しているのだ。
しかし、景色は変わらない。
あいかわらずのみである。
水と大気それだけがすべてである

河を見ているとまた頭が白という無に犯されていく。

その時、河の彼方から一つの黒い点が現れた。
小さな点が少しずつ近づいてくるとそれはペスカドール(漁師)の船だった。
魚を売りに来たらしい。
船の横に小船を付けるとツクナレ(ピーコックバス)がのっていた。
おや?ここのツクナレはオレンジがすごく濃いな。
まあ、ネグロのレッドにはかっこよさやサイズは劣るけどね。
それを船長は全部買った。今日の夕飯ははまちがいなくツクナレだ。
ハラへった。
おなかが鳴いてきたよ。
今日も俺の健康に異常なし!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

やはり・・。

小さな港町が見えた。
景色がなんていうか、おとぎの世界を旅しているみたいだ。
西洋風であり、南国であり、強力であり、美しく、大自然である。
どこを撮っても絵になるよ。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、イヤな予感は的中した。みんなが荷物を持って船をおりていく。
なんで?
しばらくその人達の行動を見ていると、隣の二周り小さい船に乗り換えている。
そうか、やっぱりチケットの安い訳はこういうことだったのか・・。あぁ・・。
もう見てる間にギュウギュウ詰めじゃねーか!
しかたねえ。
ノアの箱舟の旅もいいかもしんねえ。気を取り直して行きますか!(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

大河漂流中。

昼ごろに目が覚める。
あいかわらず船のエンジンがルッルッルッと穏やかなエンジン音を奏でクリーム色の大河に浮かぶ小さな点となって漂っている。
船の上の階では大きな音で踊る人たちがいる。
この無音と爆音の対比。
なんて世界は広いんだ。これが河なのか。
もう小さな悩み事ななんかどうでもよくなる。
白昼の白と大河の白がすべてを無に変えていく。
また深い眠りに堕ちた。

何時間寝ただろう。気が付くと岸の近くに寄っていた。
途中の町に寄るようだ。
そして船の反対側にはいつの間にか同じような船が横付けして少年たちがたくさんすごい勢いでこちらの船に飛び乗ってきた!
あまりの勢いに勘違いしてしまったがただの少年物売り団だった。
退屈だったので色んな物を買って食べてみる。
しかし安い。

クリックすると元のサイズで表示します

このゴムにそっくりの袋に入ったフルーツアイス。
すごく濃厚な香り!3本も食べちゃった。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

無。

クリックすると元のサイズで表示します

静かな夜になったが眠れない。
船はルッルッルッと穏やかなエンジン音で大河に浮かぶ点となっている。
重なるハンモックの樹海で物思いに耽る。
生きるとはなんだ?死とは何?なぜ俺はここにいる?
なんとなくそう思っていると、みの虫のようになってハンモックに包まっている自分が急に愛しくなり、写真を撮ってみた。

何故だかは分からない。何故だかは。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

海軍!?

いきなり?
出航して間もなくすごいサイレンとスピーカーの音で船が止められた。
「何だ?何だ?何が起きたんだ?」
船の横を見ると海軍の装甲車のような後ろにマシンガンみたいなのが付いてる船が横付けして銃を持った軍隊が飛び乗ってきた。
後ろには少し大きめの戦艦みたいなのもいる。

クリックすると元のサイズで表示します

海賊のような船長が明らかにビビッた顔をして走り回っている。
みんな静かにしている。
下の階で何かごちょごちょしていたが1時間ほどすると解放された。

軍隊が去った後船員達は、ふぅー、助かった。みたいなこと言ってる。
あぁ・・。あんたたち確実に何か持ってますね・・。
しかし、アマゾン河はそんなことにかまうことなく白い河と黒い河の流れが交わらずに悠々と流れていた・・。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

大河を下る。

さあ、ここまで来たからにはアマゾン河の河口まで船旅してやるぜ。
予定は全くないがどんな出会いがあるか分からない。
自分でも分からないが全く不安がない。
この悠々と流れる大河と人々のおおらかな性格がそうさせるのだろう。
いったい俺の行き先には何が待ち受けているんだろう。
どんな魚に会えるんだろう。ワクワクする。
すぐに船のチケットを買いに行こう。

クリックすると元のサイズで表示します

船着場に着くとたくさんの人でごったがえしている。
すかさずダフ屋が寄ってきた。
「セニョール、メチャ安いチケットあるぜ。100ヘアウ(約5千円)だ。」
まじー!それは安い。
1週間ほどかかるのにこの値段!しかも船は3食付きなのに。
ここで俺のいけない超貧乏癖がフルに活動した。
「うん。買うよ。安いほうがいいにきまってるじゃん。」
しかしこれがまたダルいチケットになろうとはこの時知る由もなかったのだ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

男たちがどんどん荷物を積み込む。よく見るととんでもない重い物とかも頭に乗せて運んでいる。
どんどん、どんどん積み込む。夕方になると船の一階は荷物と家畜で満載、まさにノアの箱舟状態だ。
これなのか?チケットの安い訳は。
ブオーン!!出航の合図だ。
河口の大都市ベレンに向けて、
アマゾン大航海出発進行!!
またな!マナウス!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

南米最大の熱帯魚問屋。

おっと、ここでひとつ忘れていた用事があった。
南米最大級の熱帯魚シッパーはここマナウスにあるのだ。
ある程度の熱帯魚マニアなら聞いたことのある有名ファームだ。
電話番号をある日本の熱帯魚問屋の社長に聞いて、ぜひ見てきてくれと言われたので、自分もかなり見たかったので、見に行くことにした。
電話でアポをとるが、いっこうに受け付けてくれない。
ある人の名前をだすと、「おおっ!○○のアミーゴか。いつでも来い。」ということになり(けっこう秘密主義?)、
けっこう遠いマナウスの町外れのガソリンスタンドにバスで行くとファームの人が車で迎えにきてくれていた。
車に乗り込むとどんどん赤土の怪しい道に入っていく。
こんな所に本当にあるのかと思いしばらく走ると、監視カメラ付きの大きな鉄板のドアが出てきて中から自動で開いた。
おお、すげえデカイファーム!設備も想像以上に近代的だ。びっくり。
(画像公開は了承済みです。)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

従業員の人にあいさつしていると、オフィスの中から上品そうな紳士がでてきた。
「やあ、アミーゴ。私がここのボスのアッシャーだ。私の息子が案内するからゆっくり見ていってくれ。」
えっ!?あなたいまお名前をアッシャーと言われましたね。もしかして、コリドラス・アッシャーのアッシャーですか。
「そう。私の名だ。」うおー!すげえよ!なんか感動! (熱帯魚わからない方ゴメンナサイ。)
クリックすると元のサイズで表示します
アッシャーさんと世界の熱帯魚事情について話すと、
「日本は今まで一番たくさん買ってくれたけど、今はダメだ。そのかわり台湾がよく買ってくれる。ドイツはずーっと変わらず買ってくれる。」
いや、そんなことはないですよ、これからまた日本もよくなりますよ。とあいづちをうったが、
「いや、ダメだろう・・。」
この返事に色々な事が頭をよぎった。
私の熱帯魚、爬虫類の業界の少し特殊な分野で働いていた経験からすると、日本のマニアはないものねだりが多く、珍しい生体でもたくさん入荷してくると、見向きもしなくなる。その生物の本当の生態を知ろうともしないのだ。いや、知ろうとする努力がたりなすぎる。その証拠にほとんどブリーディングも成功しない。
そこが本当のアクアリウム文化として根付かない原因だと思われる。
少し辛口だけど本当にいつもそういう悲しい気持ちを持っていたのは事実です。
そしてアッシャーさんは話を続けた。
「最近、IBAMA(ブラジルの野生生物保護団体)の取り締まりも厳しいんだ。」
まあ、日本の熱帯魚ブームが去ったのもあるけど、俺が働いている時より確実に魚種も減ってるもんね。
でも僕が実際に肌で感じたことはこれぐらい採取する魚の数は雄大な大自然から見ると本当に微々たるもので、自然破壊でいなくなる魚とは比べものにならないということだ。
サンパウロ(大都会)に近づくにつれ、魚の種類、数は極端に少なくなり、いくらブラジルといえども秘境的な自然などない。絶望的な気持ちになる。
地球の3分の1の酸素をつくっているアマゾンの熱帯雨林の生態系を傷つけたらマジでヤバイくね!?
また話がそれてしまった。とりあえずいろいろお魚見学。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

雨季で魚種は少なかったが、カージナルテトラは大量にいた。
魚の写真公開許可はこれぐらいだったので、写真や生息環境に興味のある方はまたお便り下さいね。

クリックすると元のサイズで表示します

あっ、そうそう。コレなんだと思います?
このヘンテコなすごい機械はカラシンとか小魚をコンピューターで数量を読み取る機械なんです。だから出荷される魚は一匹も数え間違いないんだって。ここに東南アジアとの差が・・。
ブラジル遅れてるのか進んでるのかまったく理解に苦しむよ。
投稿者:TERU

貴重品すべてを落とした男。

なぜかぐっすり寝てしまった。
宿の主人に訳を話すと、
「本当か。それは仕方ないな。宿代は都合がついてからでいいから。とりあえず力になるから困った事があれば言ってくれ。」
なんという心遣い!ありがたい。
こういう環境ならこんな状況でも何の心配もない。
カードだけは止めなければと思い○友BANKカードに宿の電話をかりてかけるがいっこうにつながらない。システムが複雑だ。
やっと繋がったと思えばカード使用停止すると帰国して再発行手続きしないと二度と使えないという返事。
それに比べVISAカードはすぐに繋がり、アマゾンの奥地でも最速3日でとりあえずのNEWカードを送ると言う返事。
超迅速な対応である。悪用もされていないようなので、すぐにSTOPする。
VISAカードは頼りになるねえ。

海外で起こった何か。プライスレス。(笑)

とりあえず領事館にいかなければならない。
しかし、あまり甘えるわけにもいかずタクシー代もないので領事館まで遠いが歩いていった。
やっとの思いで街の少し外れのマナウス日本領事館に着いた。
おおっ!なんだここは、すごいカメラがいっぱい付いてて厳重警備だ。
チャイムを押してみると、ポルトガル語で門番が対応してくるが、俺の容姿が日に焼けてTシャツに海パンにゾウリという日本人っぽくなく、怪しい姿なので、不信な対応だ。
しかし、俺は日本人でパスポートを落としたと言うと、ボディチェックされたあと中に入れてくれる。
入った瞬間、なんだこりゃ!壁も床もガラスも雑誌も内装が完全にこの空間は日本である。
一歩外に出ればアマゾンの町並みなのに。
応接室に通され待っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくすると、コンコンとノックをして高そうなスーツを着た清潔感あふれる七三分けの三十代前半と思われる人が入ってきた。俺と近い年齢なのにこの差はいったい・・。
第一声に「大変なことになりましたねー。」ときた。
なぜかニコニコしている。
「実は私、日本から赴任してきて2年目なのですが、記念すべき初めてのお客さんなんですよ。」
え!?いくら日本人旅行者が多くないといってもそれは長すぎるんじゃ・・。
俺が感じたとうりやはり治安のいい町のようだ。
なぜかパスポートは誰か拾ってくれそうな気がする。

とりあえず、警察に行き、紛失証明を作りにいくことになり、高級車で送ってくれる。警察に着くと、牢屋に捕まった野郎たちがたくさんこっちを笑いながら見ている。
おまわりさん早く手続き済ませてよ。ちょっと怖いんですけど・・。
やっぱり少しは治安悪いのかも・・。
それから領事館に帰り、パスポート代わりの身分証明書を作ってもらい、メシまで連れて行ってくれる。
「とりあえず元気だして。」
と言い、お金も個人的に貸してくれた。(普通あり得ない。)
なんていい領事なんだ!命の恩人です。税金がこうゆうことに使われている事は意義がある。少なくとも俺にとっては。
これから税金はちゃんと払います。(笑)日本国バンザイ!
そして、夕方帰ろうとすると、拾った人が領事館に電話をかけて来た。
うおー!ありがとうございます!
やっぱり拾ってくれる人がいてパスポート出てきた。すぐにとりに行く事に。しかもお礼も領事館で日本の民芸品を用意してくれると言う。

クリックすると元のサイズで表示します

そして拾ってくれた車屋のオーナーさんに会い、丁重にお礼し、パスポート、カード一式を受け取った。さすがに現金はなかったが。
よっしゃー。これでアマゾン旅の再開だ。
宿のおっちゃん、領事館のみなさん、拾ってくれた車屋さん、ありがとう。
本当にご迷惑をお掛けしました。

さあ、VISAカードが届いたら旅立つゼ!
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ