人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2006
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ヤ・ヤバイ・・・

3時間ほど走り、支流に入った。
リオ・キュユニだ。
しかし、森がやはり水に浸かっている。
魚が森の奥深くに入っていってしまうのだ。
厳しい状況だ。実際、森の奥からパッカーン!という捕食音が聞こえる。

クリックすると元のサイズで表示します

タックルを用意して釣りはじめることに。
コンクエスト200DCに自作6.6ftハードロッドにPE60lbというタックル。
投稿者:TERU

さあ行こう!

朝のスコールが降ったあと美しい虹が出た!
俺の船出を祝福している様だ。

クリックすると元のサイズで表示します

このボートで日にちをかけて支流を目指して釣り上がって行く事になった。
こう見えてもなかなか高性能である。さあレッツゴー!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

バスボート!?

しかし驚いたのはこんなアマゾンの奥地にバスボートが走っているのだ。
聞いてみると上流のほうにリオネグロロッジというのをアメリカ人が経営しているらしい。
値段を聞いてみると、目んたまが飛び出るほど高い。でも繁盛しているようだ。
世界のバスキチガイの人生最終ターゲットらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

数日後村のバーで名前はオフレコだけど有名アメリカンバスプロと友達になったよ。
投稿者:TERU

さあどうしよう。

まず安宿を探すが、どこも満室だ。
なぜ?どうやらお祭りらしい。
10件ぐらい聞いたがない。
仕方ないのでホテルボートも聞いてみたが値段を聞いてびっくり!
俺には高い値段だ。
途方にくれていると、目がくりっと大きい精悍な男が現れた。
この男マーロンという名らしい。
事情を説明したらツクナレを釣りに来たのか、俺に任せろと言ってきた。
目が誠実で澄んでいる。この男を信じることにした!
しかし、財布を見ると、少ししか金がない!
銀行が1件あったのだがVISAカードがおりない!
どないしようもないので、日本が誇るシマノの名機コンクエストを見せた!
これでなんとかならないかと言うと、彼の目の色が変わった。
かなりほしかった様である。
ここでは欲しくても手に入らないのだ。
かなりの釣りキチと見た。交渉成立。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

BARCEALOS!

船の中ではいろんな人にポルトガル語を教えてもらう。
覚えやすい言葉だと思う。
「オブリガード!(ありがとう)」「ゴストーゾ!(おいしい)」「ガッチーニャ!(超かわいい)」
これらを元気よく叫んでいれば、みんなアミーゴ。大事にしてくれます。(笑)

二日目の朝、船の汽笛と「バルセロス!」と言う声で目覚める。
着いたぞ、南米ひろしといえど最強のモンスターピーコックバスの町!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

笑顔。

地球の真裏に住むわれらの兄弟。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これから君たちはその瞳に何を映す?
投稿者:TERU

黒い河。

朝、鳥がけたたましく鳴く声で目が覚めた。
オウムがペアで飛んで行く。
ヘージを起き出し船べりで煙草に火を点け水面を見た。
「うわっ、黒い!」
水が黒いのだ。コーラと全く同じ色だ。黒いとは思っていたが、ここまでとは思わなかった。
とうとう憧れの「黒い河」ネグロに来たんだ!

クリックすると元のサイズで表示します

川幅も狭くなり、秘境の匂いが漂いだした。
すると、カヌーが1隻近づいてきた。大きな麻袋を持っている。
女船長はそれをうれしそうに買った。
中を見せてもらうとかなりでっかいズアカヨコクビガメだ!
「ムイトムイトゴストーゾ。」
と言った。美味いらしい。
日本だとかなり高額なんですけど・・。(ちなみに40万円ぐらいします・・。)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ