人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2006
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

船の生活。

アマゾン河の船旅は長いので全部食事付き!安い!
煮込んだ肉や魚のフライや米をごちゃ混ぜ、ねこまんまみたいにして、そこにファリーニャというパサパサの粉をかける。
なんにでもかける。そのままでも食う。
味はないんだけど、ないと物足りなくなってくる。
日本の醤油とおなじくらい切っても切れないものなのだ。
無味の極致ですな。禅の世界です。

クリックすると元のサイズで表示します

屋上はBARです。みんなビールが大好き。安くておいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

みんな優しくて楽しい。色んな言葉も教えてくれた。
「ピラーニャはね、魚だけじゃなくて男を喰う女もピラーニャって言うの。男はみんな好きなんだから。あなたも食べられないように気をつけてね!」 
「・・・・はい。」


クリックすると元のサイズで表示します

これが後のピラーニャ予備軍ですか・・。

クリックすると元のサイズで表示します

もう寝ます・・。
投稿者:TERU

満員。

出発は夜なのだが出航前になるとご覧のとうり。
百花繚乱。

クリックすると元のサイズで表示します

そして出航、アマゾンの大海原へ。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ハンモック。

次第に船に客が乗ってきた。大きな荷物を持っている人、子供のたくさんいるママイ、それぞれがヘージ(ハンモック)をつり始めた。
おっと、俺もこれからの旅の同行者になるヘージを買わなければ!
船を下りると桟橋で売っていたのでエキゾチックな柄を値切って約800円で買う。
そして見様見真似で吊って寝てみた。なかなかいいね

クリックすると元のサイズで表示します

日本から持ってきたアメ玉をあげたら喜んだ兄弟。日本のは相当おいしいらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

極小ナマズ。

船の下の水面を見ると、船の排水に小魚が群れている。
「コリドラスじゃねえのか!?」期待に胸を膨らまし、すかさず袖針にパンを指で練って釣ってみた!
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、釣り上げると、名前も分からぬナマズだった。
上から見るとコリドラスっぽいんだけどなぁ・・。
わけわからん魚釣るのもオモロイな!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

聖域リオ・ネグロへの旅立ち。

明け方まだ暗いうちからごそごそ音がする。寝ぼけた目をこすり、暗がりに目をやると、船員たちがビールや麻袋など荷物を肩に担いで運んでいる。
俺はなぜかむしょうに手伝いたくなり、
ボンジーア。(おはよう。)」
と明るく声をかけ、ビールを運び始めた。
みんなはじめは無口だったが、次第に声をかけてきてくれた。
はじめは余裕だったがいつまでたっても終わらない、へたばりかけたが船底がいっぱいになるまでがむしゃらに運んだ。
「ふぅー、すげえ量だったな。」
積み終わると、そこには船員達と同じ食事が用意してあった。
そして、ありがたく頂いた。
すると、奥で見ていた女海賊みたいな女船長が近寄ってきて、
「あんた、船の金はいらないよ。やるじゃないか。」
「ありがとう!」

かくして、聖域ネグロ河奥地の冒険がはじまった!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ