人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2006
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

広大な河。

町の散策をとりあえず一回りした俺は宿に帰り、宿が企画するアマゾンツアーがあると言うのでそれに参加する事にした。
アマゾン河デカすぎて右も左もわからんもんね。
次の日、ヨーロピアンやオーストラリアンと一緒に宿のバンで出発しアマゾン河の岸に来た。
「やっぱりデケーなアマゾン!タンカーはしってるよ!」
こりゃよくよく考えにゃいつもの調子じゃいかんぜ。
そしてボートに乗りこんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

いやっほーい!
投稿者:TERU

国立アマゾン研究所INPA

ガイドブック(地球の歩き方)に載っていたので行って来た。
半野生の動物園といった感じだが、鳥の檻の外に全く同じ野生の鳥がとまっている。
それがこっけいで面白かった。滑稽である。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

絶滅に瀕しているペーシュ・ボイ(マナティ)。本当に少ないらしい。
その肉はたいそう美味だそうである。人間というのは・・。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ピラーニャスープ。

で、出たな!セニョール!
いきなり俺の前に現れてそんな獰猛な顔で見ないでよ。

ああ喰ってやるさ喰ってやるとも!

おまえの歯が勝つか俺の歯が勝つか!

ガブリッ!・・・あれ、うまいじゃんパクパク・・・ムシャムシャ・・


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
勝ちました・・。
投稿者:TERU

アウドフォ・リスボア市場。

俺はどこの国に行っても庶民の生活、風習、食事を見たり食べたりしなければその国を知る事は出来ないと思っている。
そこでまず一番最初に行くのが市場である。
ここには生活のすべてが詰まっている。
例に漏れずマナウス最大の市場アウドフォ・リスボア市場にやって来た。
アマゾン河に面したここはアマゾンの恵みであふれている。
魚市場ではアクアリウムでしか見たことない怪魚がビッグサイズで売られている。
ピンタード、タンバキー、ピラルク、アロワナ、ピラーニャ、ツクナレ、アカリなどなど。
見るものすべてが新鮮で感動の連続である。
写真撮りまくりの叫びまくりでいると、市場の人たちも面白がってこれはどうだとかこいつなんかすげえぞとか言ってくる。
スゲエゼ!アマゾン!
果物市場に行っても半分以上名前分からん。日本人て果物の名前大体知っていると思ったら大間違いだぜ。
バナナはやはりとんでもない量があったが。
あとドロボウ市場みたいなところ。ねじ一コから売ってる。そこでルアーも発見した!
意外と高いがここにしかないので買ってみた。
しかしこれはのちに魂のルアーとなる漁師ばりのルアーなのだ。これはのちに裏ボンバダで紹介するよ。日本でもバッチリ。
そして一番わからんのは薬草屋。
草や木の皮なんかが大量にあるんだけど、みんなテキパキ選んで買っていく。
迷信なんかじゃなく完璧な効果があるそうだ。
実は僕もすごいの買ってきたんだけど試したい方はどうぞ。
日本人何でも知ってると過信するのはよくないねー。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

アマゾナス劇場。

マナウスの中心にあるアマゾナス劇場に向かった。
これは昔ゴム景気で栄えた時の贅をつくした劇場で、建築材は船でヨーロッパから運んで造ったそうだ。
今、ゴムとかの産業はタイとかでつくられてとられちゃったけどね。

おしゃれだ。当時のオペラ劇が目に浮かぶよ。一歩街を出れば原生林。ここいらへんのミスマッチ感がアマゾンにより魅かれてしまう何かがあるんだよね。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

アサイー。

セントロ地区に向かい、アマゾナス劇場の近くに宿をとった。
そしてさっそくマナウスの町並みを見に路地を歩いていると、日本の昔のアイスクリン売りのおじさんみたいな人が自転車に乗ってやって来た。
土方工事の兄ちゃんたちの前に止まるとみんな買って食べている。
俺もすかさず食べてみる。
キンキンにひえた紅いドロッとした液体に砂糖とタピオカを入れてもらう。
何だコレ!なんともいえないさわやかな甘みとほんのりかすかな酸味とトロミが絶妙!
一気にファンになる。
「おっちゃんコレナニ?」
「アサイーさ。ゴストーゾ(うまい)だろ?」
「ムイトムイトゴストーゾ!!」(どこに行くのも美味しいという言葉は超重要である。)
最近日本でもかなり美容と健康にいいらしく注目されているらしいが、冷凍されたものは少し味がおちる。
アマゾンの自然の珍味。

アマゾンに行ったらアサイーですよ、あなた。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

エドゥアルド・ゴメス空港。

いやーとうとう着いたぜアマゾン!!
長かった〜。

うおー!やっぱ空気が違うぜ!
生命のパワーがあふれてるって感じ!
空気も光り輝いているしなにより人が明るい!
何かいいこと起こりそう!いや絶対起こるぜ!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

マナウスへ。

サンパウロの都会もそろそろ見飽きたし、都会はどうも俺の性に合わないので安チケット屋でヴァリグ航空のチケットを取り、いよいよアマゾンの玄関口マナウスに行く事にした。
いくら同じブラジルと言ってもサンパウロからは外国に行く程遠く、死ぬまでアマゾンに行ったことのないパウリスタ(サンパウロっ子)がほとんどなのだ。

さあ、ここまで来た。行くぜ!秘境アマゾナス!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ブタンタン毒蛇研究所

ここは世界的でも有名な生物毒の研究所でかなりの毒系の生体や標本がありワクチンや血清を製造している。毒蛇の研究では世界一である。
以前爬虫類の輸入会社で働いていたせいもあり興味があって足を運んだ。
きれいなサンパウロ大学の森の中にあり、散歩していると先生っぽい日本人らしき人が研究室に入っていこうとしたので声をかけた。
するとその人は教授らしく、日本人だった。
日本から来て8年目で毒を薬に変える研究をしているとおっしゃった。

「えっ!?そんなことが出来るんですか?」と聞くと、
「強い毒ほど強くていい薬ができる可能性があるのですよ。」
なるほど。そのお言葉深く心に残りました。

クリックすると元のサイズで表示します

看板はやはりエメラルドツリーパイソンの一種、超レア“アマゾンベースン”か・・。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに写真の6mのヘビの前にある蛙の骨格標本の正体のわかる方かなりの爬虫類マニアですぞ。
(ヒント。ベルツノ系で30cm近い画像もない幻の種といったら・・。)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ああアイルトン・セナ。

あの天才F1ドライバーアイルトン・セナは、ブラジルでは俺が思った以上に英雄なのだ。
誰でも知ってる。セナ通りまである。
だから街で運転している野郎どもはみんなセナになりきっている。
信号なんておかまいなし。夜中などほとんど守っていない。
みんなアイアム音速の貴公子なのだ。
バスの運転手ですらそうなのである。
と、いうわけでバスの中はこんなに手すりがいっぱい。

急停車、急発進、バスに乗るのもブラジルでは体力がいるのである。

お金はチケット係りがいる。回転ゲートの横に座り徴収する。
その回転ゲートを潜れる大きさの子供はタダだ。
無理やり潜れとお母さんが言う。
チケット係りは黙って見ている。
必死になって抜けた子供は勝ち誇った。

どうやらこの国は本音で生きてる国のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

だからセナも速かったのか?
投稿者:TERU

教会

ブラジルは熱心なキリスト教の国なのだ。
どこの町や村にも必ず教会がある。
それをめぐるだけでもいろいろあって面白い。
なぜか俺自身は無神教者なのだが教会の写真を撮るのが好きなのだ。
そしてこの近代的なサンパウロにあるカテドラル・メトロポリターナは古の重圧なる圧倒的な存在感で荘厳な雰囲気で街の中心部に佇んでいた・・。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

中の空気がひんやりとしていて熱心に祈る人がいる。
ステンドグラスの光りが小さい時に見た何かを思い出させようとする・・。
投稿者:TERU

サンパウロ散策。

とりあえず日系人のおばさんがしている日本人安宿に行き、荷物を置いた俺は辺りを散策に出かけた。
地下鉄やバスに乗ってみたが、ブラジルは治安が悪いと聞いていたのにそんな言うほどでもない。
俺が鈍感なのか?
まあ、俺の格好もたいがいですが・・。

クリックすると元のサイズで表示します

し、しかし、この宿カビだらけでシーツが湿気で濡れてるんですけど・・。
お、おばさん優しいから我慢しますです、ハイ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに人種のるつぼですナ・・。
投稿者:TERU

サンパウロ・リベルダージ

ブラジルの玄関口サンパウロに着き、早速リベルダージという東洋人街に行った。
ここは南米に渡った日系人が多く住む街で日本語を話す老人が目立つ。
ブラジルという日本とは全く異なる環境に存在する日本はまさにアメージング。
不思議な感じだ。

大阪橋なるものまであった。
まさに地球の裏面に来たという感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジルって一体・・。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

生命の楽園に、いざ!

あぁ、地球上に生まれてきてAMAZONに行けずに死ぬなんて辛い。

本当の地球、生命のひしめき合う原生林と水のはざまで何かを感じたい!
人生は一瞬だ。迷ってる暇はない。すぐに出発だ!

今しかない!!

迷わずチケットを買い飛行機に飛び乗った。
ダラスを経由し、明け方日が登り始めた。
クリックすると元のサイズで表示します


見えた!南米大陸!
凄い!今目の前にジャングルが広がっている。

ワクワクしてくるゼ!
待ってろよー怪魚たち!!
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ