人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2006
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

続けてキタ!

しかし、さっきの捕食音は何か違うような気がする。まだ何かいるゾ。
もう一度茂みの奥の方に慎重にキャストしてリズミカルに控えめに引いてきた。
「チョッ、チョッ、チョッ、チョッ」んっ!?何か追ってきてる気配がする!
「パッシャーン!」
何だこの魚は、他の魚と引きが全然ちがう!水しぶきあげてバシャバシャ暴れてる。
「おうっ!ぶらっくあろわーな!」
細い体の割りにパワーあるねえ。これもウレシイ。美しいよ。ネグロ特有の魚!
今まで水槽で飼ってた熱帯魚がこんな自然のブッシュから飛び出してくるなんて、不思議にも思えるし、最高に贅沢だなぁ。
ブラックアロワナ ゲット!

クリックすると元のサイズで表示します

おっと、ここで一つ解説。まあ今まで南米旅の一部の魚の写真が出てきたんですが、ヒレがガタガタなのにお気付きですか。
僕は今までに熱帯魚関係の仕事をしていた事もあるんですが、南米の魚は長くストックされているので傷付いていると思っていたのですが、そうではなく、生命が余りにもひしめきあっているので生存競争が激しいためです。
熱帯の秘境はまだ世界にもありますが、淡水でこれだけの種類がたくさんいるのはやはりAMAZON流域でしょう。
本当にこの自然を後生に残していきたい。行った人はみんなそう思いになるでしょう。
投稿者:TERU

水溜りで!?

深い眠りで日本の夢を見ていた。
「パッカーン!」真横で捕食音がする。
ここがどこなのかわからないまま飛び起きた!
そういえばここはネグロ本流と大きい水溜りに挟まれた中州のような砂浜だ。
今、水溜りの中で魚が何か食った。
すかさずロッドをとり、パイナップルのでかいようなヤツや硬いネギのような草が茂る水溜りに注意深く精確にスポックをキャストした。
ひっかからないようにドックウォークさせる。「ヂョッ、ヂョッ、ヂョッ。」
「ゴパーンッ!」アグレッシブなやつが来た!
「おーっ!タライラー!(熱帯魚名ネグロブラックタライロン)」場所を荒らしたくないのですばやく引き上げた。
なぜかこの魚は超ウレシイ!(南米けっこうどこにでもいるんだけどね。)カッコイイー!
これも水槽で飼ってるのと全然ちがうよ。
ホーリーどころかタライロンの風格持ってる。水槽で飼いたいなー。(まあ後に旅の途中でスゴイタライロンの写真を拝見するのだが、ありゃ日本であーだこーだ言ってるレベルじゃない。化け物です。だって漁師が前後で棒を肩で担いでエラから口に棒をとうされたタライロンの尾びれは地面に着いてた・・。)
でもなんでこんな起きて三歩のとこで釣れるのよ!
とりあえず初タライラー!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

あっ、写真のはしに醤油写ってるでしょ。
アマゾン醤油とごはんあるんだよ。スゴくない!?
投稿者:TERU

ワイルドライフ。

陸に上がってメシを喰ってねることに。
どうするのかと思っていたら、ハンモックつるだけ!
わずか5分で寝床完成!
すばらしい。何がすばらしいかってってよーく聞いてくださいよ。
ネグロにはがいない!というかすごく少ない!
蚊帳なんていらないんです。快適です。
大体、熱帯の秘境は気が狂いそうになるくらい蚊がいます。
あまりに河の水の酸性がきつすぎて悪い虫がわかない。森が守ってくれているんです。
しかもそのブラックウォーターには綺麗な珍しい魚だらけ!
カラシン見るだけで感動。
カージナルテトラの故郷なんです。
なぜあんな色しているか行けばわかります。
赤いルアーがナチュラルカラーなんです。水になじんで見えなくなるんです。
それと白い砂浜!
ビーチがたくさんあるんです。
土の養分が流されて純白の鳴き砂になってるんです。
色々行ったけど僕の一番好きなところです。(某バスプロの釣りビデオでは面白くするために、まあ仕方ないですが、辛い所のように表現していましたが、世界でも類をみないすごくいい所です。)真実を伝えたいと思って。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

さあ、晩飯くうぞ、ハラへったー。
当然のごとく釣った魚を喰う。ピーコックはめちゃうまいのだ。
あとパンとファリーニャとライム。
料理にとりかかる。俺は焚き火をおこした。モンゴルで火は早くおこせるよう自然に鍛えられたのだ。
そしてJJがピーコをさばく。しかし、インディオは捌き方がちがう。
60cmはあろうか山刀で頭からタテに真二つに開きにするのだ。
この山刀でなんでもやる。大きな木だってオノのように使い切ってしまう。
かっこいいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します  
うまそうに焼けた。これにライムを搾って喰うとうまかった。



腹もいっぱいになり、後片付けをして、ハンモックに入って目を閉じた。
壁も蚊帳も俺と自然を隔たるものはなにもない。
四方八方からジャングルに生きる生物たちの鳴き声がする。
よくBGMとかで聞いている音がリアルで聞こえてくる。
心が安らかだ。これ以上の幸せはないと思った。
投稿者:TERU

夜のナマズ釣り。

その後、色々攻めたが、三匹中型のアスーが釣れたのみ。
夕方になってきたので、ナマズ釣りをすることに。
ボートを木の枝に括り、雷魚ロッドに仕掛けを作り投げ込んだ。
その横で、さきほどのバスタックルのスイベルの先にワームフックという簡単な仕掛け。
ぽちょん。と投げ入れる。すぐにぐぐっとくる。ピラーニャだ。しかも変わっている。ブルーメタリックに光ってとても綺麗だ。日本でも入荷したことないヤツだ。
まあこれから出てくるけど熱帯魚マニアは絶対アマゾン来たほうがいいね。
うれしくて狂い死にするかもしんない。

クリックすると元のサイズで表示します

さらにそのピラーニャを切り身にすると、こいつが来た。
バルバード!

クリックすると元のサイズで表示します

そしてマーロンにもきた。
ペスカーダ!(淡水イシモチ)

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこのナマズ。
見たことないタイプのドルフィンキャットだ。め、珍しい・・。
これの名前がわかる人はマニアですなー。

クリックすると元のサイズで表示します

外、ピラーニャ、小型のナマズはたくさん釣れるが、大物ロッドにアタリがない。
はらもへったのでのでひきあげることにした。
投稿者:TERU

バレた・・。

支流でビッグスイッシャーを投げ続けるが、森がかなり水没してしまっている。
森のかなり深いところで捕食の炸裂音が聞こえる。
雨季に来た俺が悪いのだ。
仕方ないのでネグロ本流を攻める事にした。
そして、岬の先端の大きな大木が水から生えているポイントに着いた。
マーロンが
「ここは必ずモンスターがついている。」
そう言って、キャストする。
俺もすかさずキャスト。
二人で「ズボンッ!ズボンッ!ズボンッ!」かなりやかましい。
20回ぐらいキャストするがなにもおこらない。
ここには今いねえかこんだけうるさくしたら逃げんじゃねえのと思っていると、マーロンが「もっと投げろ!」と言った瞬間、「バッカーーン!!」1mぐらいのアスーが俺のスイッシャーに魚体をみせるほどのバイト!
さすがのマーロンも興奮して、「テル、まだ喰う!早く投げろ!」
すぐに大木の向こう側にキャスト!「ズボンッ!ズボンッ」、「バッカーーン!!」フィッシュオン!!
掛かった!!しかし予想もしないパワー!!
ドラグがフルに絞めてあるのにかかっていないかの様に糸が出ていく。
そしてジャンプ!ありえないでかさだ!体がアドレナリンで沸騰している。
そしてまた水中に引きこんでいく。その時、急に動きが止まった。
押しても引いてもびくともしない。
木の根に引っかかったのだ。
その後ルアーは回収できたのがモンスターは姿を消していた・・。
放心状態だった。
マーロンに声をかけられて気がついた時、ホエザルの恐竜のような鳴き声が遠くで聞こえていた。
まさにここはAMAZON。
有史以前の釣りとはこういうものだったのか・・。

クリックすると元のサイズで表示します

あっ、紹介し忘れてたがもう一人ジェイジェイという凄いヤツもついてきてくれていた。
某バスプロのビデオに出ていたエウリコよりすごいやつさ。後でエウリコにも会って一緒に酒飲んだけど。
投稿者:TERU

ビックスイッシャー。

このサイズのルアーが淡水で最高に効く場所。
しかも現地人が言う場所なんて世界にも多くないよ。
そして今から衝撃のテクニックを目の当たりにすることになる。

クリックすると元のサイズで表示します

マーロンはそれの名手だった。彼がそれを投げ、ジャークすると、
「ズボンッ!ズボンッ!」
とまるでモンスターフィッシュが捕食しているときの音がでるのだ。
しかもリズミカルに。俺も試してみると、うまく音がでない、でても単発だ。
よく見ながら練習した。ようやくコツをつかんでできるようになり、さらに観察していると、ジャークの合間にペラがしゃららぁとうごいていないといけない。
これもミソのようだ。
アマゾンのヤツのルアーテクはすごいぞ。(のちにさらにすごいルアーテクで衝撃をうけるのだが、また後ほど。)

クリックすると元のサイズで表示します

「ズボンッ!ズボンッ!」これほどまでにハードなルアーがいくらか世界で釣りしてきた俺でもあっただろうか。いや、ない。日本だったらこれが魚かかったぐらいかもしらん。そりゃアメリカのバスプロもハマるはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これをするために最近出てきているハイスピードリールは強力な武器になる。
それと6,6ftクラスのねばりがあって強靭な竿が欲しいナ。
投稿者:TERU

昼めし・・。

ランチを食べに河沿いのインディオのおっちゃんの家によったんだがそこで驚くべきものを発見。
棚においてあるそれはまさしくビックスイッシャー!やっぱりここは聖域だ!
おっちゃんに聞くと、10kgオーバーなんてたくさんいるらしい。
が、ちょっと来る時期が遅すぎたなもう雨季だよと言われる。
そして、ピラーニャのフライ(激ウマ!)とびわの形をした渋柿みたいなのを食べた。(しかし、そのポスターはなんですか!)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

アスー!

そして、スポックの使い方も慣れてきた。
ここで少しルアーアクションの話をすると、たくさんのメーカーから色んなペンシルベイトがでているが、よいペンシルというのは、できるだけ簡単に規則正しいドックウォークが出来るものでなければならない。
リアルさはあまり関係ないのである。要は動きである。日本でも世界でも。
熱帯魚屋に行って魚の前(ダトニオとか)で古い携帯電話のアンテナを指で弾いてみると魚がどんな動きにフェチなのかペンシルの真髄がみえるかもね。(笑)
おっと話がそれてしまった。(続きは魂のルアーで。)
そして、立ち木の合間にキャストしてすばやいドッグウォークをしていると「パッカーン!」まさに炸裂音。「ごぼっ。」とかじゃないよ。
すばらしいファイト!ドラグをギューギューだしていく。まさにとりこです。
赤いツクナレ・アスー。
ネグロの魚は赤く美しいのだ!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

パッカ!

スーパースプークではアピール力が足りないので、サンパウロのSUGOI BIGFISHで買ってきたKV社のDr.Spockを使ってみることにした。 
投げてみると、ものすごくキャスタビリティがいい、ねらいどうりにスポッっと入る。しかも物凄くドッグウォークもしやすい。
すばらしいルアーだと思っていると、マーロンがもっと早く!と言う。言われたとうりにしてみると、カコッ、カコッという音が、ヂョッ、ヂョ、ヂョという捕食音に変わった!
その時、「パッカーン!」と炸裂音がしてロッドが絞り込まれた! 
でかいんじゃないの?ジャンプして魚体が見えた。
「ツクナレ!」が、でかくない。
多分ブラックバスの倍はパワーあるね。
きもちよくファイトしてランディングしてみると、
ツクナレ・パッカ。学名だとキクラ・テメンシス。しかもネグロのは赤黒い。
しばらく美しさにみとれた・・。
ちいさいが、最初の1匹はうれしい。ここまで来るのに苦労したよ。人生初ピーコ
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

初モノ。

そして、おいしそうなポイントに来た!
まず俺はスーパースプークを投げ、様子を見るが反応がない。
やはり雨季でだめなのか?ロングA16Aに換えてみる。
世界で最も信頼しているミノーだ。
そして、するどいジャークをいれた瞬間、「ガン!」なにかが掛かった!
糸がなくほど早いスピードで引く!
手前まできたとき細長い魚体が見えた。
 「ビックーダ!」 
またの名をハイドロシナス・ガー。 
いきなりかよ!憧れの牙。
大きさから創造もできないパワーとスピード!
脇役でこれかよ。水槽で飼っている時と全く違う姿だ。
針をはずす時さらにビビッた。
「ルアーエグれてるんですけど・・。」

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ヤ・ヤバイ・・・

3時間ほど走り、支流に入った。
リオ・キュユニだ。
しかし、森がやはり水に浸かっている。
魚が森の奥深くに入っていってしまうのだ。
厳しい状況だ。実際、森の奥からパッカーン!という捕食音が聞こえる。

クリックすると元のサイズで表示します

タックルを用意して釣りはじめることに。
コンクエスト200DCに自作6.6ftハードロッドにPE60lbというタックル。
投稿者:TERU

さあ行こう!

朝のスコールが降ったあと美しい虹が出た!
俺の船出を祝福している様だ。

クリックすると元のサイズで表示します

このボートで日にちをかけて支流を目指して釣り上がって行く事になった。
こう見えてもなかなか高性能である。さあレッツゴー!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

バスボート!?

しかし驚いたのはこんなアマゾンの奥地にバスボートが走っているのだ。
聞いてみると上流のほうにリオネグロロッジというのをアメリカ人が経営しているらしい。
値段を聞いてみると、目んたまが飛び出るほど高い。でも繁盛しているようだ。
世界のバスキチガイの人生最終ターゲットらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

数日後村のバーで名前はオフレコだけど有名アメリカンバスプロと友達になったよ。
投稿者:TERU

さあどうしよう。

まず安宿を探すが、どこも満室だ。
なぜ?どうやらお祭りらしい。
10件ぐらい聞いたがない。
仕方ないのでホテルボートも聞いてみたが値段を聞いてびっくり!
俺には高い値段だ。
途方にくれていると、目がくりっと大きい精悍な男が現れた。
この男マーロンという名らしい。
事情を説明したらツクナレを釣りに来たのか、俺に任せろと言ってきた。
目が誠実で澄んでいる。この男を信じることにした!
しかし、財布を見ると、少ししか金がない!
銀行が1件あったのだがVISAカードがおりない!
どないしようもないので、日本が誇るシマノの名機コンクエストを見せた!
これでなんとかならないかと言うと、彼の目の色が変わった。
かなりほしかった様である。
ここでは欲しくても手に入らないのだ。
かなりの釣りキチと見た。交渉成立。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

BARCEALOS!

船の中ではいろんな人にポルトガル語を教えてもらう。
覚えやすい言葉だと思う。
「オブリガード!(ありがとう)」「ゴストーゾ!(おいしい)」「ガッチーニャ!(超かわいい)」
これらを元気よく叫んでいれば、みんなアミーゴ。大事にしてくれます。(笑)

二日目の朝、船の汽笛と「バルセロス!」と言う声で目覚める。
着いたぞ、南米ひろしといえど最強のモンスターピーコックバスの町!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ