人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2006
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

あれっ、ない!?

マナウスに帰ってきた。
ネグロ河奥地から帰って来ると大都会に見える。
夜中に誰も歩いていない静まり返った町がきれいなので一人で散歩していた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

このヨーロッパ風の建物の資材本国から持ってきたなんて相当ゴム景気の時は栄えたんだなー。なんて腹をさすってみると、
あれっ?ないんですけど・・。
パスポートが!
VISAカードBANKカード現金も一緒に入ってたんですけど。
どこで落としたか全く身に覚えがない。辺りをさがしたがナイ。
持っていた状況から言って盗られたとは考えられない。
自分で勝手に落としているようだ。
大分前に落としてるような・・。

地球の真裏無一文になっちゃった!

俺のバカ!バカ!バカッ!1時間ぐらいどうするか悩んだが、考えてもどうにもならんことはどうにもならん。
現実味が涌かない。危機的状況になぜか笑けてくる。
ラテンの空気がそうさせるに違いない。
宿はとりあえずとってあるので帰って寝てから明日考えよう。
こういう時に人間力が試されるのだ!
投稿者:TERU

ネグロとお別れ。

祭りの後、みんなはまだ興奮冷めやらぬ感じで踊り、歌う。
朝まで音楽が流れていた。
今日は森や町から来た人が帰っていく。
暑い気温の中で祭りの後の寂しさが切ない風となって吹き抜けていく。

俺も今日ネグロとはお別れしよう。
雨季で釣りにとって悪い時期なのに河はここまで微笑んでくれたじゃないか。
いつまでもしつこいのは男らしくない。
さみしいけどまた水が大爆発する季節にきてもう一度驚かせてもらおう。
それまで変わらずに待っていて大いなるアマゾンの神々よ。
船に乗り込みハンモックで寝ているとマーロンが見送りにきてくれた。
「次のいい時期には絶対帰って来るんだぞ。俺とモンストログランジツクナレが待ってるからな。俺たちはもうファミリアなんだぜ。」
「ああ、必ず帰るよ。」
「絶対帰ってこいよ。それじゃーな。チャオ!」
「チャオ!オブリガード!」
ブオーーン。出発の合図の汽笛が鼓膜に高らかに響き渡った。
町の沿道にはお世話になった町の人たちがたくさん手を振っている。俺も手がちぎれんばかりに手を振った。
「オブリガーード!」ずっと見えなくなるまで。
ああ、俺は本当のアマゾンを体験したんだ。
ここには俺の求めているものがすべてある。
本当の地球、人を見た気がする。俺の第二の故郷が出来たんだ。
よし、こうなったらアマゾン河下流まで見てみたい。
どうなるか分からないけど旅してみよう!それが冒険さ!

とりあえず明後日にはマナウスに着く。それからだ!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

結果発表。

次は結果発表になった。
審査員が10人くらい居てひとりずつ点数を読み上げる。
そのたびに群集が一喜一憂する。
最後までどっこいどっこいの点数(お約束?)で最後の点数が読み上げられた。
「チャンピオンはアカラジスコーー!!」
やったー。勝ったよー。
カージナルの方は一瞬、おーうと、どよめいたが、すぐに魚の祭りの成功を祈ってみんなでさわいだ。
実に、実にすがすがしい。
すてきな思い出をありがとう。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

美人コンテスト。

会場に来ると、知り合いのぼうずが、
「今日は美人コンテストだぜー。アマゾンのねえちゃんはかわいいだろ。」
と生意気言ってくれちゃう。
しかしなんだその暴走族もどきのシャツは!
意味分かってるんでしょうか?(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

すると、美人コンテストがいきなりライトアップされて始まった。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

いやーマジで美しいんですけど・・。
この中にすごいアプローチかけられてる子いてるんですけど・・。や、やばい・・。
信じられます?ここアマゾンの奥地なんですけど・・。あぁ・・。
投稿者:TERU

ダンスバトルとアマゾネス。

遅くまで寝ていた俺はネグロ河の中洲から聞こえてくるサンバの音に起こされた。
なにか人が大勢集まっている。
楽しそうなので渡し船に乗って行ってみた。
すると、ステージでダンスバトルをやっていた。
どうやらセクシーな方が勝ちらしい。
でも熱く応援している観客が女の子が多いのはナゼ?
アマゾネスって言葉あるくらいだから・・。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

パクー(メチニス)のおいしいランチを食べてから、マーロンの子供達とビーチで寝そべったり泳いだりした。
しかし以外にネグロの流れは速いのに地元の子たちは人魚のように泳ぐよ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

のんびり昼寝してたら夕方になったので帰ろうとしたら、また知り合いの女の子が来て、
「今日は結果発表と美人コンテストよ!行こう!」

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU

Festival do Peixe Ornamental de Barcelos

とうとうお祭りの日がやってきた。
俺は前から町の人達から
「テルは赤だよな。カージナルだよな。」
「いいや、テルはこっちよ。アカラジスコ(ディスカス、黄色)なんだから。」
と言われて腕を引っ張り合いされ、どっちのチームに付くか勧誘されていたのである。
基準は観察していると、「自分の好きな色」でいいらしい。
家族のうちでもバラバラである。
俺はどちらでもよく決めかねていたのだが、どうもカージナルの方が多い。
アカラジスコは阪神タイガースのノリなので、当日アカラジスコを応援することに決めた。
町中色んなネグロの村や家族単位で暮らす人々がバルセロスに集結してきて町はすごい熱気だ。
夜店とかも出ている。
その熱気にまぎれて俺も楽しくなってきた。
串焼肉やりんごあめ(アマゾンで?)を買い、両手に持ってほおばりながら歩いていると、前に友達になった女の子が、
「テル、もうすぐ始まるよ、行こう!」

クリックすると元のサイズで表示します

そして、町の少し外れの会場まで歩いていくと、会場の前にはすごく手のこんだきれいな衣装を着た子供達が大勢並んでいる。
装飾の付いた車もハンパなくでかい。
いったいこの町のどこにこんな材料があるんだ?
この人達の祭りにかける意気込みが伝わってくる。
それにしても男の子達の目は輝いているし、女の子は中世のお姫様の格好をしていて、本当に美しい。
アマゾンの旅ってなんかドラゴンクエストのようなロールプレイングゲームの中に入り込んだような錯覚をうけるよ。宿屋とか教会とかお姫さまや怪物・・。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

会場に入るとマーロンが「てるの席を用意しておいたぞ。」と言っていい席に座らせてくれた。
なんと、マーロンはPTAの会長っぽい。かなり村人からも信頼が厚いようだ。
「マーロン、ムイトオブリガード。」
そして、花火がたくさん上がって始まった!

クリックすると元のサイズで表示します

まずはカージナルの見せ場。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

カージナルのハイーニャ(女王)。この子とは一緒に飲んだけどすごく美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

今度はアカラジスコの番。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

アカラジスコのハイーニャ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

それぞれの河のハイーニャ。ジャプラ、ジュルア、ジャバリ、クルピラ、アラカetc・・熱帯魚の産地できいたことある名ばかり。これだけで感動物。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

アマゾンはホント美人が多い。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

お互いの祭りのテーマ曲があるんだけど、内容がネグロの美しいカージナルうつくしい水よいつまでもとか、おおきなアマゾンの自然よありがとうとか聞いてるだけでもジーンとくる。
それにあわせて何時間も重い衣装を着てくるしい表情も一切みせないで一生懸命おどるのだ。私も感極まって泣いた。
このCD持って帰ってきてるのでみんなにも聞かせてあげたい。
もはや私のテーマソングです。
このお祭りに出会えて本当によかった。
アマゾンのみなさんありがとう。
明日は結果発表です。

投稿者:TERU

FESPOB。

アー、楽しかった。満足だ。アマゾン河は豊かだよ
。雨季で全然釣れないかと思ったけどアマゾンの神々は微笑んでくれた。
モンスターツクナレは次来た時は絶対獲るけどね。
えっ、1mはオーバーじゃないかって?本当です。
コブだけで大人のにぎり拳よりでかいぜ。本当のモンスターがいる。
もうね、この魚とコンタクトとった後日本で50cmのバス釣っても全然暴れさせないででゴボウ抜きの感覚になってる。
知ってはいけない領域を知ってしまったのだ。
次回は必ず獲るよ。 
今日バルセロスに帰らないと行けない。
なぜなら、ペイシオーナメンタルフェスティバル(ネグロの魚のお祭り)があるのだ!
このお祭りは赤(カージナルテトラ)と黄(ディスカス)に分かれて踊りを競い合うのだ。こんなステキなお祭りにめぐり合えるとはなんたる幸運!
普段、祭りごとや、観光地に興味のない私だが今回は何か惹かれる。
日本でこのお祭りのこと知っている人はほとんどいないんじゃないかな。
熱帯魚ファンのみなさん、ネグロ上流のきれいな魚(カラシン、アピストなど)はここから来るんですよー。
それと、ネグロ水系の魚を飼うときは水質に気をつけてください。
すごい軟水でPH低い。
何回も言うけど蚊がわかないくらい。
いかん、また話がずれてしまった。そういうわけで、ちょっと釣りしてバルセロスに帰ることに。
全部魚(珍魚など)は紹介仕切れませんが、別の項目で。
だってまだ南米編3分の1も書いてません。
ちょこっと、後半のダイジェスト。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

小説家・開高健。

カイコウタケシ。
この響きだけでも心が躍る。

今は亡き小説家。僕に夢を与えてくれた人。
作品に出会ったのは小学生の時だった。
父が、
「もっと遠く。もっと広く。上巻下巻」のセットと「オーパ!」を誕生日プレゼントにくれた。今思えば粋なことをしてくれる父だ。
内容はけっこう大人向きの粋な文体なのだが子供の僕でもトキメいた。
地球の裏側の南米でルアーに炸裂する怪魚、モンゴルのデカいイトウ、世界の食い物、風習。
トイレに入る時は必ず持って入った。
何百回も読んだ。
不思議なのは成長する度に心に染み入ることが増え、何回も読めることだ。
そして世界や世界の怪魚に憧れていた。

「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」

今僕がしていることはあなたが火をつけたからですよ。

ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します
               写真「オーパ、オーパ!」より参照
投稿者:TERU

ブーブーナマズ。

次の日、俺は大事なアマゾンの代名詞を忘れている事に気づいた!
ピララーラ! (レッドテールキャット)」こいつにも会いたい。
「マーロン、いいとこある?」
「ああ、ちょっと遠いけど行くか?」
「うん、イクイク。」
まず、ピラーニャ釣らなきゃ。
いつもの調子でバシャバシャかき回した。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

また違うピラーニャがここには住んでる。
他にも色んなのが釣れる。
エサを釣るのが面白く、かなり時間を使ってしまう。
さあ、ピララーラに会いに行こう。
3時間ほど走って大きな支流リオ・ブランコに来た。
河の色が、ネグロをコーラ色だとすれば、ミルクコーヒー位の色だ。
すぐに仕掛けを投入。
3分もしたら、いきなり来た。
「ゴンゴンゴンッ」うおっしやーっ!。渾身のフッキング!

クリックすると元のサイズで表示します

グオーンと引き込むが、最強スピードナマズピライーバと戦ったあとでは、それほどでもない。
しかし重い引きだ。
あきらめも早くいさぎよい感じ。
見えてきた!

クリックすると元のサイズで表示します

しかしこのナマズ水面に出始めると、ブヒブヒ鳴き出す!しかもかなりでかい声で。
笑いながらポンピング。ホントかわいい。そしてキャッチ。

アマゾンの代名詞
ピララーラ! ゲット!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

おやっ、おなかに何か付いてる。あっ、でかいウオジラミだ。とってやるぜ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

船の上に置いても全然微動だにしない。こういう習性の魚なのか?
そのいさぎよさに面じて河に帰りな。
そしてモンスターになったらまた会おう!

オブリガード!リンド、ピララーラ!
ああ、アマゾンってやっぱりマラビリョーゾ!!
(すばらしい)
投稿者:TERU

そして遂に・・。

今日はツクナレに懸ける!
日に日に水位が上がってきている。
もう支流は水に浸かって釣りにならない。
ラゴア(乾季に河から切り離された湖)も河に浸かっている。
本流を攻めるしかない。
あのモンスターをかけた場所のような中州の岬の先端で水のあたるストラクチャーの絡む所だ。

行こう!マーロン。
そういう場所を次々に撃っていった。(大きい中州がけっこうある。)
そして、また大木の生えているポイントを見つけた。
マーロンが「テル、絶対ついてるぞ!」
「ああ、間違いなく着いてる。真剣勝負だ。さあ来い。」
俺は一番自信のあるボーンカラーのDr.Spockを付けた。
無心になってキャスト。ばっちり木の向こう側のいい所に入った。
「ヂョッ、ヂョッ、ヂョッ、ヂョッ、ヂョッ」木の真横を通り過ぎた。
「だめか・・。」そう思った瞬間、
「バッカーン!!」来た!!のった!!うおーっ!
木の裏に入った。またか。いや、外れた!
なんとか木から離れる。
その次はジャンプの嵐!うおーっ!もうバラすもんか。観念しろ。
マーロンちゃんとボガでとってよ!
よーし寄せるよ!「ガチッ」よっしゃー!!

グランジ・ツクナレ・アスー・フォーゴ(炎)ゲット!!

クリックすると元のサイズで表示します

お前に会うために地球の裏側までやってきたんだぜー。
会いたかったよ。
10年前に見た写真に書いてあったアマゾン奥地にしか生息しない赤いツクナレ・フォーゴ(炎)! 
ずっと会いたかったんだ。
やっと会えたな!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

小屋でディナー。

今日はインディオの小屋に泊まることになった。
もちろんディナーはピラーニャ・プレタだ。
ピラーニャはうまいのだ。
釣り上げて何時間しても生きている生命力。
精がつかないわけがない。
アマゾンでは普通の食材なのだ。
しかし、食べる分以上は殺さない。

みんながみんなアマゾン・ネグロの自然を大事にしろと言う。
俺は後にネグロ最大の魚のお祭りに参加し大感動することになる。
そしてアマゾンは俺の最高の心の故郷になるのだ。
小屋に着いて、子供たちが器用にビニール袋で凧を作ってたので一緒に遊んでいると、パカーンと魚をさばく音が。
もしかしてJJ。あーあ、やっちゃった。歯をお土産にしようと思ってたのにきれいに半開き。ちゃんと言っておいたのにー。

そしてみんなで楽しくディナーを手づかみで食べた。
満腹になったのでジャングルの夜の声に包まれて眠った。

クリックすると元のサイズで表示します

でもやっぱりこのピラーニャ変わってるよなー。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

うおーっ!!なんだこのピラーニャ!!

さわやかである。今こうしてここにいることが。
新たな気持ちでルアーフィシング再開だ。
もう俺はDr.spockを使いこなしている。すばらしいルアーだ。
あとJoao Pepino(ジョーペピーノ。スリムミノーボディのスポックみたいな感じ)もいい。
ホント、日本のルアーが進化するにはブラジル製ルアーをもっと研究したほうがいいんじゃないかな。
日本には全然入ってきてないおそるべし三大メーカーがあるのだ。
海外だと簡単にルアーの良し悪しが分かる。
そういう理由で僕の持っているルアー8割アメリカンルアーです。
また話がずれてしまった。(ルアーについては独自の視点から話したいことたくさんあるので南米編が終わってから魂のルアーで。なんせオタクですから。)
そしてボートを流しながらオーバーハングを軽快に撃っていった。
大きく出た木の下に撃ち、すばやいドックウォークをしていると、
「ガッシャーンッ!」
ヒット!うおっ!いい引きするぜ!いい突込みだ。手前にきてびっくり。
「うわっ、デカい!ピラーニャ・プレタ(ブラックピラニア)だ!」
今までのピラーニャとは歯のガシャガシャ音が全然違う!フックを噛んでる音が明らかにすごいパワーだ。
怖えー。しかも青い!ボガグリップでしっかりキャッチした。噛まれたら指なくなるもんね。

ビックブラックピラニア? ゲット!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
しかーし、ここで一つ疑問がある。これは本当にブラックピラニアなのか?
後で釣ったブラックピラニア(下の写真)はどうみてもブラックピラニアだ。
でもこの青いヤツは肉眼で見るともっと青く輝き、体型も違うし、目も赤くない。
よって、超ーっレア!!認定!!

ピラニアマニアの皆さん、こんなの見たことありますか?

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

ガッツーン!!来た!!

俺はピライーバにしびれてしまった。
来るまではナマズはおまけだと思っていたのに。
今日はピライーバにかけることにした。
だが、まずエサを釣らなければならない、タライラーがどんなポイントを好むのか見抜いたので、小さいラゴア(大きい水たまり)に行き、40cmぐらいのタライラーをすばやく三匹釣った。
そして、俺が良さそうと思ったネグロ本流の流れの強いカーブポイントに船をとめて仕掛けをセットする。
これのために物干し竿のようなガチガチの雷魚ロッドを持って来ていたのだ。
PE100ldに40号のオモリを付け、フックを選んでいると、マーロンが指差した。そのフックはワイヤー付きクエバリ40号!冗談半分でもってきてたのに。しかも、少しちいさいぐらいだと言われる。
そしてエサはタライラー真二つ!!かなりばかげたタックルだ。
そして、思いっきり投げた。「ドッパーン」ハデな着水音。
オモリが流され下流で止まった。糸ふけを取り、ロッドを持って構えた。
なぜかすぐ来るような気がした。
5分ほどすると、「コンコン!コンコン!」来た!なんか魚が食ってる!しかし、小さそうだ。
「コンコン!コンコン!」まだだ。引き込まれたらあわせよう。
「コンコン!グーーン!」
「よっしゃーっ!!」ガッツーン!!渾身のフッキング!
その瞬間、穂先が水中に入ったまま出てこない!
リールが壊れそうに鳴いている。ドラグをフル突破して走っていく!!止まらない。
スプールに指を置いて「熱っ!」ヤケドする。(マジで。)
ラインがなくなりそうだ!

クリックすると元のサイズで表示します

「マーロン早く追いかけて!」日本語で叫んでいる。
10分ほどファイトすると、姿を現した!しかしメコンオオナマズよりはるかに引きが強いぜ!

クリックすると元のサイズで表示します

ヤッタゼ!ピライーバ!がっちり掛かっている。岸の近くだし持ち上げられないのでパライア(ビーチ)に上げる事にした。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

1m38cm。そしてすぐに逃がした。
バイバイ。ピラチンガ(怪物ピライーバ)になったらまた会おう!
クーラーから冷たいコーラを取り出して飲み干した。
「くぅっー。うめえ。」
そして、ホエザルの声がこだまする見上げたアマゾンの空は青かった・・。
投稿者:TERU

ああ、最強ナマズ。

マーロンとインディオの長男が小屋の横で何かしている。
船の小さな船外機がころがっていてどうやらプラグが壊れているらしい。
マーロンがボートからプラグを持ってきた。
しかし、合わないのでビニール袋をかましてエンジンをかけだした。
俺は「そんなんでかかるのか?」と思ってみていると、「パンッ、パリパリ」とかかった。へぇーと思った瞬間、
「パンッ!」プラグが俺の眉間にめがけて飛んできた!
間一髪よけたが、もみ上げをかすっていった。みんな笑っている。
「あのー、もうちょっとで死ぬとこだったんですけど・・。」
あきれてカヌーの方に行くと、何かロープでつながれている。近づくと、
「うわっ!ピライーバ!」ネグロにいるんだ。
80cmぐらいだけど(これくらいはフィリオッチっていうんだけどね。)超カッコイイ!しびれるゼ!クリックすると元のサイズで表示します
どうしてもこれを釣りたい!
アマゾン河最強のナマズ、ピライーバ!!
投稿者:TERU

シンプルライフ。

その後、小型のパッカを数匹釣った俺達は、ボートに乗って違うポイントに向かう。
その途中に河沿いに住むインディオの家に寄った。
家と言っても木の葉を編んだだけのシンプルな小屋。
ここに子供7人と両親が暮らしているのだ。
しかし、辺りを見回してみても鍋とカヌーしかない。
本当にこれだけで生活しているのか?
紛れもないシンプルライフ!この人たちは余計な物を持つと人生が苦しくなるのを知っているのだ。実際そう言っていた。
この大自然がそうさせてくれているのも事実だ。
俺が旅をしている本当の理由はこれなんだ。
日本にいては、絶対にわかることのできないこの感覚。
世界から見れば日本ではまかりとおっているおかしな常識、(何のために働きすぎてサラリーマンとかはストレスとかで過労死してるんだ?何を買うために?30年ローンの家?車?あと他人のことをとやかく言う島国根性、ワイドショーとか)そんなものにだまされたくはない。
社会的に見れば俺やアマゾンの人たちの生き方はふまじめにみえるだろう。しかし、地球的にみればよっぽどこちらのほうがまじめなのだ。
自分の分相応に生きていれば自然の神々がいかせてくれるのである。
その感覚がわからなくなった日本は本当にまじめに考え直す必要があると思う。
おっと、また話がそれてしまった。
食料は捕れる魚と自然のフルーツとタロイモ(ファリーニャの原料にもなる)とピンメタ(小粒の小さいすごいパンチのあるトウガラシ。しかしこれがクセになるほど風味がよいのだ)を少量栽培しているぐらいだ。
しかし、本当に楽しそうに暮らしている。
掛け値なしに素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ