人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

黄金郷

3日目、しかし、本当は居ついているヤツがたまにでるだけで、少ないのは少ない。
クラウジオさんが
「いいほうだと思うよ。捕れてないけど十分食ってきている。合わせるのをもっと強くするんだ。」
力いっぱいやってんだけど・・。
「あのム○タさんでも一週間釣るのにかかったんだから・・。」
え!?あのム○タさん?
「そうだよ、オイラがビデオ撮影とかガイドしてんだよ。今度一緒においでよ。」
あいや。いつも俺の前に立ちはだかる恐るべし男・・。 (実は大好きです。オモロカッコいいオヤジだぜ!)

今日はとっておきのポイントらしい。岩盤に水が当たり流れの速い場所だ。
しかし、何度もキャストして通すがいっこうにこない。

クラウジオさんはしきりにおかしいおかしいと言っている。
木にボートをくくりつけ、河で水浴びをして昼飯を食っている時だった。

下流でドラードが跳ねている!
来た!!ドラードの群れだ!!
サンフランシスコ河より規模がデカイ!
一生に何度も見れる光景ではない!
涙が出そうだ。
金に輝く魚が集団で跳ねて河を遡ってきている。
近くまで来た時、恐るべし現象が起きた。
目の前の岩壁の水面近くの段差に何千匹という10cmくらいの魚が打ち上げられたのだ。ここは海か?海のような光景だ。
そこにバスバスと無数の大きなスルビン(シャベルノーズキャット)が音を立てて食い荒らしている。ドラードも食いまくっている!
共同作業して狩りをしているのだ!
オーパ!に書いていた光景と同じだ。
見れただけでもすごい!
だがそれでは終われない!

マグナムを投げ込んだ!
ガッツーン!ギギギ!
すぐにかかった!素晴らしい!すばらしいぞ、パンタナル!
クリックすると元のサイズで表示します

すぐにもう一匹。小さいヤツに時間をとられた。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに来た!が、スルビン。
この種の中でもこいつはルアーを追うんだ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

もう群れは行ってしまった。
もうこんなチャンスはないだろう・・。

俺のパンタナル旅・・。ありがとう・・。

なんとなく切ない気持で帰っていった・・。

トゥッカーノが大きな嘴をもたげて飛んで行く。

夕方、最後にロッジの近くをちょっとだけ撃っていこう。
と、クラウジオさんは言った。
なんとかいいサイズをとらしてあげようというありがたい気持ちだったのかもしれない。

岬の木と木の間だった。来るとは思わなかった。

ガッツーン!!ギギギ!!!ドッパン!!ドッパン!!ドッパン!!

その後はあまり憶えていない・・。
釣れずに終わりだとおもったから放心状態だったのかも・・。

クーラーに入りきらん。キーパーサイズだ・・。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の締めに、まっ赤な夕日に映える黄金郷!

エル・ドラード!!!

クリックすると元のサイズで表示します

ありがとう!パンタナル!

また還るその日まで・・。
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ