人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

パンタナル出撃!

ロッジらしきところに入っていき、うろうろしていると日系人らしき人がいた。
「あのー、ボアタージ、ムイトプラゼール。」
と言うと、
「日本語しゃべれるよ。ドラード釣りに来たの?」
「はい!」
「ようし!じゃあ釣ろう!」
やったー!!素晴らしい返事!やっとここまでたどり着いた!

そのやさしそうなお兄ちゃんの名はクラウジオさん。
ここのロッジのオーナーだった!

クリックすると元のサイズで表示します
「オイラにまかしなさーい。ドラード凄いよ。」
早速タックルの準備をしようと言われる。
ハリスにワイヤーを持ってきた。
「ルアーの前にこいつをつけておかないと歯が凄いからね。フックは大丈夫?うん、大丈夫だ。ST-66いいねー。」
何で知ってるんだ?日本の針。

クラウジオさんが自分のタックルを持ってきた。ズイールのアマゾンボックスを持ってる。
「オイラ日本に出稼ぎに行ってたんだ。仙台で60cmのヒラメもルアーで釣ったよ。その貯めたお金でこのロッジ始めたんだ。」
そうっだたのかー。それで少し東北なまりなんだ。
しかし、並の釣りキチじゃねえな。釣りが好きすぎるオーラ出てるよ。

そしてロッドを見ると相手は究極の剛力のはずなのに以外に剛竿ではない。
後に俺はこの釣りで竿は柔よく剛を制すということを教えられることになるのだ・・。

じゃあ、行くぜ!

クリックすると元のサイズで表示します

パンタナル蒸し暑いけど最高だなー。ネグロ河みたいな秘境っぽい感じじゃないけど生物の数は凄いな。
水草も凄い種類あるなー。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、あれは!
オオオニハス!
クリックすると元のサイズで表示します
下の茎を触ってみるとトゲがいっぱいでジュースの缶ぐらいの太さがある。
花なんてバケツくらいの大きさ! 
小さい子供なら乗れちゃうらしい。

ウゲッ!木に超デカいイグアナがいっぱい乗っかってる!
ジュラシックパークみたいだ・・。

か、感激〜。
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ