人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

パクー!?

次の日もポカン釣りを楽しむ。
ポカン。
グググ!!
おっ、強いゾ。
うっ、こ、これは・・。
超珍!リオ・サンフランシスコのパクー!?
しかもパクーにしては化け物サイズ!
数少ないメチニスマニアさん。このブログ自分で発見して下さい・・。
アマゾン流域とは全く違うパクーだ。やはりここは独立水系・・。美しい・・。
名前が検索できんぐらいレアだ・・。レッドフックどころじゃねえぞ・・。こんなのいるんだ・・。(ゴメンなさい。オタクで・・。)
クリックすると元のサイズで表示します

河の流れが結構速いので二人で息を合わせてテンポよく撃って行く。
けっこう川底には倒木が多く引っ掛かるのに注意しなければならない。
もうすでに晩御飯分は釣ったな。
おじさんにも漕がせてばかり悪いので煙草を差し出すと、いや、俺のを吸えという仕草で子供用のノートをカバンから取り出し、巻いて火をつけてくれた。
オブリガード!な、なんか異常にうまいんですけど・・。(笑)
なんかこの長いのをくわえてるおじさん漁師の匂いがプンプンでかっこいいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに流れて俺に魚が釣れた。
しかし、次の瞬間、アロンさんは水面に垂れ下がる木に引っかけてしまった。
それを取ろうとした時、
「オッパ!!」(俺が聞いた中ではオーパとは誰も言わなかった。開高さん・・。オッパなんですけど・・。)
そう叫んだ瞬間河にドッパーンと飛び込んだ!
俺は何が起こったのかわからない。そして、手に釣り針の刺さったアロンさんがボートに上がってきた。
うわー。大変だこりゃ。
しかし、アロンさんはボトボト水を垂らしながら無言でブチッ!と引きぬいた。
「ハリささちゃった・・。あはは!」
唖然茫然・・。
どんな体してんですかアンタ・・。
クリックすると元のサイズで表示します
まあちょっとアロンさんも怪我したし別荘?の前で下すことになった。
おじさんと二人で下流に釣りに行く。
ルアーがしたくてたまらんかった。
手始めにおきまりのスティッピンイメージやロングAを引いてみるが全然あたらない。
けっこう色んなルアーを試して
おかしいなあ。アマゾンとは違うのか?
おじさんは何も言わない。にやっと笑うだけだ。
この水系には巨大種のピラニア・ピラヤというピラニアのお化けもいるはずなんだけど・・。
やっぱり反応がない。
おじさんを見ると黙ってスポックを指差した。
やっぱりこれか!

絶好の倒木の脇に向かって投げた。
ヂョッ、ヂョッ、ヂョッ・・
うーん、やっぱりこないなー。と、思った瞬間!
バチコーン!!
で、出たー!!
タライロン!!
魚体が確認できるほどの凄まじいバイト!
こんなところにタライロンがいるとは!
これが噂で聞いていた幻のサンフランシスコタライロン!!
デカい!
が、少々ファイトすると寄って来た。
色が今まで写真で見たタライロンより薄く黄土色だ。
フィッシンググリップで掴もうとした瞬間。
バッシャーン!あっ!外れた!
またもや俺の恋人は逃げて行ってしまった・・。
淡水シーラカンスとも呼ばれる古代牙魚の末裔。
しかも未だ謎の多いサンフランシスコ河の亜種・・。

なんてかっこいいんだ・・。タライロン・・。
世界中の最も狡猾なる牙一族のひとつ・・。

1mを超える怪物級のお前を抱くのが俺の夢なんだ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ