人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

リオ・サンフランシスコ

宝石屋をあとにして果てしなく続く一本道をひたすら走った。
地平線までのびたセラフと呼ばれる草原。
やたらと1mから2mほどの赤土色の突起物がめだつ。無数にある。
蟻塚だ。
とてもあんな小さなものが造形したとは思えない。
奇妙であり畏怖を感じる。
こんな草原もあるんだ・・。

夕方突然赤土の横道にそれた。
もうすぐらしい。
300kmぐらいしか走ってない。(もう空間的感覚が南米サイズに・・。)
「ところでアロンさん、こんなとこにドラードは・・。何処に連れて行ってくれているんですか。」
「あっはっは。心配するな。サンフランシスコ河の支流だよ。」

マジー!!未知の河リオ・サンフランシスコ!
そこはアマゾンではなくブラジル中部の西の端を南に向かって流れ大西洋にそそぐ独立水系だから未知の生物がたくさんのとこだ!
というか熱帯魚ルートがほとんどなく日本には知られていないレア魚が多い河だ!

けどドラードほんとにいるの?有名なパラナ水系からかなり遠いよ?

赤土の細い道を行くと木で朽ちかけた門が出てきた。そこを開けさらに走るとまた、また走るとさらに3つの門を開け、一軒の家に着いた。
「ここが僕の別荘だ。」
しかし、別荘という感じではなくただの民家であった。
そしてやたらにたくさんの犬が出迎える。ニワトリや七面鳥に似たのやら猫やブタや・・。
なんだここはムツゴロウ王国ですか?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
中からおじさんが出てきた。気さくな田舎の黒人のおっちゃんという雰囲気。のんびりしてる。
そこには管理人としてバイアーニャ(カポエラで有名なバイーア地方の人という意。黒人系。)の家族が住んでいた。
クリックすると元のサイズで表示します
アロンさんはおっちゃんと管理人という間柄ではなく友達のような接しかただった。これがIt'sブラジルだ。
しかし河は何処だ?裏庭を歩いて見に行くと狭いが深そうで音もなくとうとうと流れるミルクコーヒー色の河が流れていた。
その時、バゴンッ!と大きそうな魚が跳ねた。
うおーっ、期待でわくわくしてきたゾ!

もう日が暮れるので明日だ。
大柄なやさしそうな奥さんはもう晩御飯を用意してくれていた。
「TERUさん。バイアーニャの奥さんはみんな料理がうまいんだ。たらふく食べなさい。」
これがまた言うとうりで肉の煮込み料理だったが絶品であった。ブラジルはアホイス(ごはん)なのもうれしい。
なぜかこのあと料理の話ばかりした。日本の料理のことやブラジルの料理について熱く語ってしまった。しかしブラジルの人は結構日本料理のこと知っていた。日系人がたくさんいるからだろうな。

夜も更けて寝ることになったが誰も普段使っていない部屋が・・。
地面はむき出しの赤土でなんと、南米ヒキガエルが無数に跳ねている。恋の季節らしい。
クリックすると元のサイズで表示します
別荘ですか・・。マジで・・。
しかも寝ていると柱の隙間に吸血コウモリ(かなりデカイ)の巣があるらしく夜中じゅうたくさんのコウモリがバタバタと出たり入ったりしている。たまに当たる。
当然蚊もたくさん。カユイ・・。
もう南米の驚きには大分慣れっこになってきてはいたが糞による病気が少し不安だ。

まさか無数の巨大ヒキガエルと巨大コウモリにはさまれて寝るとは・・。

しかしたまに横の河から聞こえる大きな魚が跳ねる音に期待しながらハンモックに揺られ楽しい明日を夢見て眠るのであった・・。
 
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ