人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ありがとう。キドサキさん。

次の目標が決まった。
全身が金色に輝き、性質は獰猛果敢。信じられないと言われるほどの剛力の持ち主。
「淡水の黄色い虎」という異名の持ち主。
レイ・ド・リオ(河の王)と呼ばれるのにふさわしい怪魚!
ドラードだ!
こいつに会わなければ俺の旅の幕は閉じることは出来ない。

アカイさんの紹介もあり、首都ブラジリアに住むアカイさんの弟を訪ねることになった。

長距離バスのチケットを買いに行き、キドサキさんの家に帰りお別れの挨拶をした。

「大変長い間見ず知らずの人間にここまでよくして泊めて頂き本当にありがとうございました。本当にお世話になりました。ご飯もすごくおいしかったです。」

「ははは、ブラジルはいいところでしょう。僕も若い時にこっちに渡ってきて、みんなにはたいそうよくしてもらったんだ。今度は僕がお返しする番なんだよ。こっちはのんびりしてていいところさ。帰ったらみんなにも言ってあげて。」

大きい。心が大きい。なんだろ。泣かないでおこうと思ったのに涙がこぼれる。
色んな国に行ったけどブラジルはなんか違う。強くて優しい。
うまく言えないけど大きいんだ。すべてが。
そして、ブラジル人だけど日本人という人がいる。
異国を知るというか日本を知る。
異国から見た日本を考えさせられる。
俺はこの時点で大きく人生観が変わっていることにまだ気付いてはいなかった。

「何かお返ししたいけど何もないので、俺の魂のフィッシュグリップを使って下さい。デカイホバーロ釣れたら写真送って下さい。」

「ありがとう。大事に使うよ。」

「じゃあバスターミナルまで送るよ。」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

「いつでもまた来なさいよ。」
「ああ、そうだ!写真を撮っておこう。コンリセンサ(すみません)写真撮って下さい。」
そう言って写真を撮り、俺はバスに乗りこんだ。
キドサキさんは照れくさそうにいつまでも見送ってくれた。
暗いバスターミナルでバスのガラス越しに見るキドサキさんは泣いているように見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

出会いと別れ。人はこれを繰り返して生きていく。体も少し悪いところがあると聞いた。もう二度と生きている間に会えないかもしれない。
一期一会。
二度とは来ないこの瞬間を俺は大事に心に焼き付けて生きていきたい。
さようならキドサキさん。そしてありがとう。この優しきお心は一生忘れません。
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ