人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

カランケージョ

ベレンに帰って来た俺は大事な目的を忘れていることに気付いた。
カランケージョ(泥カニ)食ってねーよ!」
何故、ここまで泥カニこだわるのか。
それは俺の旅がおおいに小説家開高健に影響を受けているからである。
さすらいの釣り旅は「釣り上げる」という大きな目標があるがそれがすべてではない。その国の風習、生活、気候、国民性すべてを体感するのも大事なことであり、またそれがなければ絶対に成功しない。
「木をみて森を見ず。」ではダメなのだ。
釣り雑誌だけを読んでる人。
熱帯魚雑誌だけを読んでいる人。
アウトドア雑誌だけを読んでいる人。
小説だけを読んでいる人。
井の中の蛙。
では無理なのだ。
すべてをバランスよく自分で消火し、高潔なる貪欲な精神で向かわなければ「大物」と出会うことは出来ない。
そう。何もないところから始まり釣り竿ひとつで地の果ての原生林に迷い込むには偏った人間には無理なのである。
知り合いに三人このさすらい釣り旅をしている人がいるが、みんな人間の本質的な部分で尊敬できるところがある。
そういう人間は「魂の言葉」を何気なく言ってのける。
このジャンルの旅は人間力のない人には出来ないし、する理由も見つからないだろう。
その憧れの元になった「オーパ!」という著書で開高さんはおいしそうに泥カニの殻を山積みにして陶酔していたのだ。
「このカニの泥を見て唾のわかない人は人生も芸術も語れない。」
そう言われてまでこいつを食さずに帰ることはできない。
それを察してかキドサキさんは市場で買ってくれた。
一緒に散策した魚市場のひと時は大変楽しいものであった。

とうとう食うんだ。
奥さんに湯掻いて頂き、モーリョデピンメタ(トウガラシの息子という意)という薬味をかけ口に含んだ。
その瞬間、口の中に泥というのか土というような大地の味がいっぱいに広がった。
身はほとんどなくミソを主に食べる。
コノワタのような滋味深さである。
こりゃ日本の酒飲みが飲んだらこたえられんだろう。
完全に和の味だ。
そこにモーリョデピンメタの黄唐辛子の辛さと酸味がよいアクセントとなりやめられない止まらない。

拝啓開高さん。 「確かに。」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ