人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

出会う。

その後、ホバーロを何匹か釣り、楽しい釣りは終わった。
カナイさんの家にもどり、釣ったホバーロと晩御飯をご馳走になった。
日本移民、日系人の歴史の色んな話を聞いた。
この人達の精神の幹は太い。
決して誇張するわけでもなく、淡々と成功話や失敗話をする。
スケールがでかい。
どれだけ辛酸を舐めようともへこたれない。
昔の日本人みんなこのような人たちだったのだろうか。
昔の日本人の心の清らかさが伝わってくる。
どれだけ自分を含め今の日本人は心が汚れてしまったかを知り恥ずかしくなった。
「ところで何でこんな旅をしているんだい。」
とカナイさんが聞いてきたので、
「かの文豪、開高さんに感銘を受けその後を追っているのもあるし、自分の人生は常識や偏見に流され失敗ばかりしてきた。本当の豊かさや幸せというものをこの目で見て、自分で自分の生き方を判断したかった。」
そう言うと、
「そうか、いいことだ。じゃあ、醍醐ってのを知らねえかい?」
「えっ!?知ってます!醍醐麻沙夫さん。オーパ!という本であの開高さんをアマゾンで案内したあの人ですよね!」
「あいつと昔釣りにいったことがあってね。あいつもかなりの釣りキチだよ。いまごろどうしてるかなあ。ブラジルのどこかにはいるんじゃねえかな。二回目に来た時こんな本を置いていった。これを君に差し上げよう。」
そう言って30年近くもの年季が入っていて南米の湿気のために少しカビの生えた本を手渡してくれた。
うわー!感激です。
モンゴルでもそうだったけどこうして実際にゆかりのあるものにたどりつくと最高に嬉しいです!
ある意味目標を達成した気分にもなります!
随分前に開高さんは亡くなってしまったけどこれだけ時を経て出会えた気がして。
そしてその晩、醍醐麻沙夫著「原生林に猛魚を追う」を一気に読んだ。
感動した。
釣りに関して今まで読んだどの本より感動した。
繊細にして大胆。魚への情熱。この人の生き方に感動した。
この人は一人でパンタナルの原生林に分け入りあの黄金の魚ドラードに魅せられしまいには「森の人」になるべく漁師にまでなった人なのだ。
一気に超ファンになった。
なぜこの本がもっと売れなかったのか。
日本でもまだ見つかるかもしれない。
自分にとっては一生の宝物。バイブルです。
もしこの本を見つけることができた幸運な方はぜひご一読を。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ