人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

キドサキさんに拾われる。

優しそうな目でキドサキさんはこう切りだした。
「ホバーロ釣りにきたんでしょ。遠かったでしょ。ブラジルはどうですか。いいところでしょ。ちょっと時期は悪いけど釣れると思いますよ。明日僕の仲間で超がつく程釣り好きの釣りキチカナイさんってヒトがいるから隣町のサンタイザベルまで行きましょ。バルコ(ボート)も借りなきゃいけないしね。」
「よかったら家に来なさい。最近畑を売ってベレンのアパートに引っ越して来たから。」
もうそれだけで嬉しい。釣れなくてもいいよ。さすらいの旅なんだから。
「そのタバコのんだらいきましょ。」
えっ!?のんだら?ああ、そうか、昔の人はこう言うんだ。
そして荷物をとってキドサキさんの家に泊まらせてもらうことになった。
奥さんと一人娘の三人暮らしだった。
その夜色んな話を聞いた。
今、日系人の間ではピンメタ(こしょう)畑や牧場が割りに合わなくなり、みんな失敗してやめていってる(タイや東南アジアで安く栽培され、相場が下がっていくため。)ことや、ベレンも都市化が進み、人が悪くなってきたこと。
昔は溝に真っ黒になるぐらい魚がいたこと。
ムクイン(ジャングルを歩くと移るダニ)や爪ダニ(爪楊枝で掻き出すらしい)の強烈な痒さ。
キドサキさんの若い時の話。
これが面白かった。
キドサキさんもバックパッカーだったのだ。
やはりブラジルアマゾンのおおらかさに心を打たれ永住を決めたのだった。
そして日本移民の奥さんと熱愛して結婚したのだ。
どうりで発音が日本すぎると思った。
ポルトガル語の発音も微妙である。
奥さんはさすがに完璧だ。
娘さんになると日本語がかなりビミョーだ。
寝室には幸せそうに抱き合う二人の若い大西洋をバックにした写真がある。
こういう人生もあるんだな。
「さあ、もう寝ましょう。明日は早いから。」


クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ