2008/8/31

898:初転び  

 右斜め45度に傾いた瞬間、私は本当に間抜けであると感じた。そして、スローモーションを見ているかのような気がしながら、ごろんと転んだ。

 ビンディングペダルについては、ショップのスタッフの方から「信号が見えてきたら、まず左足のビンディングを外してかならず左足を着くように決めておくといいですよ。」と注意を受けていた。

 なるほど・・・止まりそうな状況が予測できたら事前に左足のビンディングを外しておけば、止まった瞬間慌てる必要がないのか・・・合理的である。そして、かななず左足のビンディングを先に外すようにした。

 今日はロードバイク初乗りである。約20kmほど走った。当初一番恐れていたのは、ビンディングペダルである。止まったときにスムーズに外せないと、ばったり倒れる。車道であると相当危険である。なので、スタッフの方からその点に関してしっかり説明を受けた。

 そしてビンディングを外す練習も何回かした。「これなら大丈夫そうだ・・・」と思っていたのである。最初は順調であった。止まりそうになると事前に左足のビンディングを外す。止まったら左足を着く。

 しかし、前半いい気になって飛ばしたのがたたったのか、後半は乳酸が足にたまりペースダウン。乳酸が脳にも達したのか、少しばかり思考能力も低下したようである。「左足から・・・」という一つ覚えで、信号の少し手前で左足のビンディングをはずした。ここまでは良かったのであるが、疲れからか、左に自転車を傾けるはずが、何故か自転車は右へ傾いた。

 「どうすることも出来なかった・・・」全くそのままの姿勢で右に転倒。右肘と右腰を思いっきり打った。痛いやら恥ずかしいやらで、とても惨めな気持ちになった。

 「初乗りにして、初転び」初づくしである。こんなお馬鹿な失態も演じたが、初乗りの感想は「これは良い・・・」。20kmほどであるから、そこそこでしかないのであるが、はじめはこのくらいから始めて、無理なく続けたい。

 右肘と右腰は赤くなって少しばかり傷む。お尻も結構痛みがある。しかし、楽しかった。これは続けられそうである。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ