2008/6/30

836:デング熱  

 「デング熱」は、特定の蚊に刺されることによってウイルスが体内に侵入し、感染する。潜伏期間は4日から7日で、発症すると、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛などの症状が現れる。
 
 発症すると発疹が出現し、四肢、顔面へも広がる。その発疹はかゆみを伴うことが多い。こういった症状は通常1週間程度で消失する。

 私の感染した「QUAD熱」は、蚊を媒介とした感染ではない。耳からそのウィルスは侵入するようである。とても特異なウィルスである。電子顕微鏡でそのウィルスを観察するとその形も特異である。音符のような形をしているのである。

 症状は「デング熱」と多少似ている。発熱、多買症、多動性うろつき症、コレクター癖などがその主なものである。一度感染すると1週間では回復することは稀で、数ケ月、あるいは数年その症状が続くことがある。

 「デング熱」は1週間程度で治まることが多いが、怖いのは再感染した時である。再感染すると「デング出血熱」になる可能性が高くなってしまう。この「テング出血熱」に感染すると、口、目、鼻などの粘膜から大量に出血し、死に至ることもあるのである。

 「QUAD熱」も一旦は治まったかに思えても、そのウィルスは活動を停止しただけで体内の奥深くにひっそりと潜んでいることが多い。その一時活動停止状態にある患者が、新たなウィルスに感染すると、さらに猛威をふるい「QUAD出血熱」に発展する可能性がある。

 ポケモンが進化するように「QUAD熱」も「QUAD出血熱」に進化するのである。そうなると大変である。QUAD製品を見かけると全てコレクションしたくなる欲望に駆られ、ほぼ全てのラインナップを揃えてしまう。

 経済的な出血は予想以上に多く、失血死する恐れすらでてくるが、66CD・66PRE・コントローラーのセット販売(格安・状態良好)などの情報をインターネットで見かけると、発疹が体中に拡がり、疼くのである。そして間寛平のように「かい〜の」状態に陥り、意識が朦朧としながらも「買い〜の」とつぶやいてしまうのである。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ