2021/5/5

5543:蒸しケーキ  

 Epic KOMを走り終えたところで、休憩することになった。ゴール手前のスパート合戦で乱れに乱れた呼吸を整えてから、ロードバイクを降りた。

 1階に移動して補給食を摂ることにした。テーブルの上には「蒸しケーキ」が入った包みがあった。その包みには「ジャンボむしケーキ プレーン」と印刷されていた。

 「これ食べていい・・・?」と妻に確認した。「いいよ・・・少しチンすると美味しいよ・・・」との返答であったので、電子レンジで20秒加熱した。

クリックすると元のサイズで表示します

 メーカーは「銀座木村屋」。手で割ってみると、中に空気がたくさん入るように空洞がたくさんある。

 食感はもっちりとしている。モサモサした感じがなく、味わいも甘すぎず薄すぎず、ちょうどよい甘さである。「ジャンボむしケーキ」を胃袋に収め、ボトルにミネラルウォーターを補充してから2階に上がった。

 休憩後リスタートして、ラジオタワーまでの上りを走った。この道は斜度が半端ない。常に二桁である。

 その急峻な坂道を走り続けた。Epic KOMで脚は相当疲れたはずであるが、「ジャンボむしケーキ」が効いたのであろうか、高めのパワーを維持してラジオタワーまでの上りを走り終えた。

 ここから先は長い下りである。バーチャルライドの良いところの一つは下りが怖くないことである。70km/hのスピードで下りのカーブを曲がるなんてことは実走ではあり得ないことである。

 下り切って、ワトピアの島々を繋いでいる橋を幾つか渡っていくと、今日のスタート地点であるタイタンズグローブに戻ってきた。

 スマホの画面には今日選択したコースの残り距離も表示されている。その残り距離が少なくなってくると、元気が出てくる。

 「もう少しだから頑張ろう・・・」とハイペースでクランクを回し続けた。バーチャルラウドの良いところの一つは、赤信号で止められることがないことである。

 気持ちよく平坦路を高速巡行しながら、今日のコースの終盤を走った。補給食として摂取した「ジャンボむしケーキ プレーン」のカロリーをほぼ消費しえたと思えるところで、ゴールを示す青く光る半透明のラインを越えた。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ