2021/1/18

5434:スプリントポイント  

 二度目の緊急事態宣言を受けて、「バーチャル」に切り替わったチームライドも2週目を迎えた。

 今回のコースは、Watopia内の「BIG FOOT HILLS」であった。フエゴ砂漠からスタートし、タイタンズグローブ、ヒリールート、ボルケーノ山を繋いでいく変化に富んだコースである。

 長い距離のKOMはなく、短い距離のKOMやスプリントポイントが随所に散りばめられているので、何回かは「もがき」が入ることになる。

 距離は68.6km、獲得標高は707mである。途中で一回休憩を入れる予定であった。

 スタート時間は8時半であるので、「リアル」のチームライドの時よりものんびりと日曜日の朝を過ごした。15分前になったので、準備に取りかかった。

 手早くサイクルウェアに着替えて、スマホでZwiftを立ち上げた。「MEET UPに参加」をクリックすると、アバターはスタート地点にワープして待機状態になった。

 さらにノートパソコンでZOOMを立ち上げて、アクセスした。カメラ位置を調整して完了である。

 「お早うございます・・・」とZOOM上でメンバーに挨拶した。スタート時間が迫ってくると、ZOOMの画面にもチームメンバー が次々に登場した。

 スタート時間の10秒前になると、スマホからカウントダウンの甲高い発信音が放たれた。そしてスタート・・・前回同様、一人のメンバーがZOOM上に画像が表示されていなかったが、Zwiftには、そのアバターがスタンバイしていたので、そのままスタートして、ゆっくりと走り出した。

 MEET UPを設定した際に、意図せずにそういう機能を付加したのか、画面上にはMEET UPに参加しているメンバーしか表示されなかった。

 なので、いつもよりも閑散とした感じの雰囲気の中をゆったりめのペースで走っていった。

 走って5分ほど経過した時点で、最初のスプリントポイントが不意に現れた。心の準備がない状態であったが、急いでクランクを回すペースを上げた。

 少し出遅れてしまったが、逆にそれが良かったのか、ゴール前、先行したメンバーが少し疲れてきたタイミングでマックスパワーが出せた。先行したメンバーをかわしてゴール。さい先良く一つ目のスプリントポイントを征した。

 マックスパワーを出すと、呼吸がひどく乱れる。心拍数も一時的ではあるが、ぐんと上がる。それを落ち着かせるために、ペースを落として、後方へ下がった。

 「まとめる」機能が働いているので、後方で脚を休めていても、グループから大きく遅れることはない。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ