2007/7/31

504:デンマークの照明  

 先日のOFF会の時にfj_nvさんとは、オーディオの話ももちろんしたのであるが、北欧家具の話やfj_nvさんが行かれたことのあるデンマークの人々の暮らしぶりなどの話も伺うことができ有意義な時間を過ごすことができた。

 特に印象に残ったのは、デンマークでは家庭でもオフィスでも蛍光灯を使うことは稀で、しかも使われている照明機器はどれも光度がとても低く抑えられている、ということであった。

 日本では、事務効率を考えてオフィスではほぼ100%蛍光灯が使われている。そして家庭でも蛍光灯の使用比率は比較的高い。全体的にとても明るいのである。

 蛍光灯には消費電力が少なくてすむという、今の時代とても大切な長所がある。エコロジーの時代である。電力の無駄遣いは極力避けなければならない。しかし、私は蛍光灯の光が嫌いである。自宅では蛍光灯は一切使わないように設計してもらった。白熱灯のみだと夏は暑く、また消費電力も多いというデメリットがある。

 しかも、電球の場合一定の期間が経過すると切れる。蛍光灯も時間の経過と共に劣化するが、電球の方がはるかに頻度高く取り替える必要があるのである。

 そして、設計時には必要光度を出してもらい、その計算にしたがって白熱灯のワット数を決めたのであるが、印象としては明るすぎる感じがする。算定された必要光度が相当高い設定だったようである。設計の人に言われると従わざる得なかったのであるが、現実的にはその必要はなかったようである。

 そこで最近は電球が切れると取り替える際にワット数を大幅に落とすようにしている。100Wの電球を使っていたら60Wに、60Wの電球を使っていたら40Wにといった具合である。そうすると部屋全体がうっすらと暗くなる。

 家族には多少不評なのであるが、私としてはこの方が落ち着けるのである。オーディオを聴く際にも、できれば部屋の光度は落としたい。夜であれば全く照明をつけず、オーディオ機器のLEDのみで聴く事が多い。

 その状況で聴いた方が音に対する集中力が増すような気がするのである。もちろん個人差があるので、人によっては逆といった場合もあるであろう。真っ暗というのも何だから、スポット的に淡い照明機器を効果的に使えば、より一層良い雰囲気作りができるような気がする。

 OFF会でお邪魔したさい、もっとも印象的な照明の使い方をされていたのはSHUKSさんであった。真っ暗な部屋にところどころにキャンドルの炎が幻想的な明かりを揺らめかせていたのである。これは手の込んだ演出であった。

 リスニングルームの照明による演出といったものも、音楽を心地よく楽しむためには重要な要素のような気がする。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/8/1  20:35

 

北欧家具にはそれに合うインテリアがあり、また照明がある。

日本の家庭の場合、蛍光灯を使って昼間のように明るくするのが普通だ。そのため夜でも昼と変わらない生活ができることが当たり前になっている。
しかし、人間の本能的な生活パターンに照らすとかなり無理がある。

100年くらい前までは、電気が通っている家はかなり少なかったと思われるが、その頃より前は日が暮れたら寝て、夜が空けたら起きるというのが人間の生活パターンであり、それが何千年も続いてきた。
人間の体内では、神経伝達物質やホルモン... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ