2019/10/28

4978:ロシアンブルー  

 ペットショップには自宅から車で30分ほどで着く。着いたのはコジマ 国分寺店である。コジマは全国展開する大型ペットショップである。

 二人の娘とともに中に入り、子犬や子猫が展示されているエリアに向かった。そこには様々な子犬が子猫がいる。

 端から順番にゆっくりと見ていった。子犬や子猫はやはり癒し効果が凄い。見ているだけで思わず笑顔になる。

 その中には2年前に亡くなった愛犬と同じ種類のパピヨンの子犬もいた。思わずじっくりと眺めてしまう。

 二人の娘はどちらかというと子猫の方に関心があるようで、「この子、かわいい・・・」と二人の娘が声を揃えて、じっくりと眺めていたのはロシアンブルーの子猫であった。

クリックすると元のサイズで表示します

 光沢のあるグレーの毛並みがとても上品で美しい猫である。その名前からすると原産国はロシアなのであろうか。

 「抱っこしたい・・・」とのことで、店員さんにお願いしたらすぐに準備してくれた。手を洗いアルコール消毒して、3人が座れる長椅子で待っていると、店員さんに抱かれたロシアンブルーの子猫がやってきた。

 長女、次女の順番で抱っこして頭をなでたりしていた。ロシアンブルーの子猫はとても落ち着いていて、人見知りをあまりしない性格のようである。

 そして、私の番が回ってきた。抱っこして頭をなでると気持ちが良いのか目を閉じてじっとしていてくれた。

 美しい毛並みは手触りがとても良い。ずっとなで続けたくなる。その様子を傍で見ていた店員さんからは「とても相性が良いんじゃないですか・・・なかなかこんなにじっとしてなでさせてくれないんですよ・・・」と営業トークが・・・

 ついついその言葉に「運命の子・・・」というイメージが沸き上がってくる。しかし、この場で決めるわけにはいかない。

 妻は新たなペットを飼うことについては反対なのである。愛犬を亡くした際には一番ショックを受けたようで、「もうペットは飼いたくない・・・」と表明していたのである。

 「次はお母さんも連れてきて抱っこさせたらOKが出るかも・・・」と長女は話す。「確かにそうかもしれない・・・」と思った。ほんの数分抱っこするだけでも、癒し効果が盛大にもたらされた。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ