2019/10/22

4972:スイング  

 日本のプロゴルフの世界では、明らかに女子プロの人気が高まり、それに反比例するかのように男子プロの人気は低迷している。

 女子プロの世界では、全英オープンを征した渋野日向子プロを筆頭に若手の実力選手が次々に出てきて活躍している。

 その女子プロの世界にまた新たな新星が生まれた。先週の「富士通レディース」で国内女子ツアー史上7人目のアマチュア優勝を果たしたのが古江彩佳である。年齢は19歳。

 その古江彩佳が、日本女子プロゴルフ協会に入会申請書を提出した。理事会の審議の上で、正規にメンバー登録され、プロ・古江彩佳が誕生する。

 2週後には最終プロテストを控えていたが、アマチュアとして出場する予定だった最後のプロの試合で優勝し、プロテストを受けなくてよくなったのである。

 男性アマチュアゴルファーにとって、ヘッドスピードが近い女子プロのスイングは参考になる。

 風邪で体調を崩してからはベッドで過ごす時間が長くなった。ベッドで横になりながらスマホの動画を眺めることが普段より多くなった。

 そんな時に女子プロのゴルフスイングを動画で見ることがある。やはりプロのスイングは美しい。きっちりとプレーンに乗っていて無駄がない。

 以前、練習場に通っていた頃には、自分のスイングを動画で後ろから撮ってチェックすることもあった。しかし、プレーンから外れて美しいと言えないスイングにがっかりした。

 インスタグラムでそういった女子プロの美しいスイングの動画を次々に眺めている時であった。プロではないかもしれないが、非常に個性的なスイングの動画が目についた。

 個性的なのはフィニッシュである。プロのフィニッシュは腰がきっちりと回転し、体重が左兄に乗って全身が真っすぐに静止し、ぴたりと決まる美しいものであることが多いが、その動画にいおけるフィニッシュでは、左足が左に流れている。

 もちろんわざとそういうフィニッシュをとっているのである。見た目的には美しさにかけるが、なんだが体的には楽なような印象を受けた。

 そして、大事なボールの行方であるが、しっかりとまっすぐに飛んでいる。さらに飛距離も出ているようなのである。

 きっとフィニッシュだけでなく、いろんなコツが終結したスイングであると思われるが、一番目につくのはその左に流れるフィニッシュである。

 「変わっているな・・・今度試してみようかな・・・」と思ってしまった。まあ、いきなり動画を見ただけで真似しても結果が伴わないことは目に見えてはいるが・・・



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ