2007/7/22

495:デュ・プレとAria  

 ジャクリーヌ デュ・プレ・・・天才的なチェロ奏者として名高い。そして、多発性脳脊髄硬化症のため、演奏家としての生命を絶たれ、さらには若くしてその生命をも奪われてしまった悲運の人としても名高く、その生涯は映画などにもなった。

 その生涯同様、演奏もドラマチックで情感溢れるものである。得にエルガーのチェロ協奏曲の演奏が有名で、この曲の持つ悲壮的な雰囲気がその後のデュ・プレの人生を暗示しているようですらある。

 今日は我が家でOFF会。ハンコックさんとSugarさんが来てくれた。最初はハンコック邸で、次はSugar邸で、そして今回、最後に我が家でOFF会の運びとなり、それぞれの相互訪問が完結した。

 我が家では二つのスピーカーが活躍しているので、それぞれに個性のあるスピーカーを聴いていただいた。まずはHRS-120 CARBONでクラシックを、そして後半はT3でジャズやポピュラー系のソフトを、といった感じの2部構成であった。

 HRS-120 CARBONは、まずその音の定位など、指向性のある普通のスピーカーと比べてやはり独特のものがあり、それに最初は違和感を憶えるかもしれないが、慣れてくると独特の快感があり、ホールにいるような臨場感が味わえる。しかし、オーディオ的に高分解能な凄い音が出るということはない。

 対してT3は特性がフラットで帯域が広い。切れ味が鋭く端整である。艶かしい色合いや雰囲気はださずスパッと音を出す。音の立ち上がりが結構早く、特にアコースティックギターなどが気持ち良い。

 HRS-120 CARBONで聴いたデュ・プレのエルガーは良かった。ハンコックさんが持ってきてくれたCDである。40年前の録音ではあるが、そのダイナミックで情熱的な演奏はやはり胸を打つものがあった。自宅でのOFF会ということをすっかり忘れ、その演奏に聴き入ってしまった。

 そして、後半のT3の部では、Sugarさんが持ってきてくれたObliq Soundというレーベルから出ている「Aria」というCDが素晴らしかった。アコースティックギターとウッドベースのディオによるCDである。脚色されることのないウッドベースの音は重くない。それがこのCDではよく分かる。そしてアコースティックギターの研ぎ澄まされたような音の質感表現が素晴らしく、とても良い録音である。

 OFF会はオーディオの音を聴くのがメインになりがちだが、魅力的なソフトを新たに見出すとても良い機会である。むしろそちらに重点を置くべきともいえる。この二枚のCDは近く手に入れたいものである。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/7/23  23:27

 

相互リンクをさせていただいているTaoさんとは、ほぼ知り合って約1年が経ちます。やっと念願が叶って相互訪問が実現いたしました。\(^_^)/オーディオというのは、やっぱり最後は、部屋なんだと思いました。←金言広さこそ10畳(8畳?)でしょうか。なにせオーディオとピアノと椅子しか置いてないのです。ましてや泣く子も黙る「石井式」オーディオ・ルーム。  私なぞは「能の舞台」がそこに出現したのかと思っちゃいました。(爆)最初は、ジャーマン・フィジックスを聴かせていただきました。いかにもドイツ的な佇まい(風貌)にも関わらず、出てきた音は、まさに名刀正宗の切れ味にも似た精緻な音。まぁ、ドイツも刃物では有名な国なのである種納得なのですが。フィジックスではクラシックを中心に聴かせていただきました。やっぱりあの音場感というのは、嵌ると抜け出せませんね。CD1枚目を聴いた時には物凄い違和感がありました(正直に)。でも2枚目からは全く何事もなかったように(そしていつものように)聴こえ始めたので、その方がよっぽど驚いたのも事実です。さて、本命のPSD社のT3の試聴を開始。なにせいろいろなバージョン(場所)のT3を聴いていますし、ましてやどちらかと言えば、T3を広いホールなどで聴いてきましたので、いわゆる自宅(Taoさんの家ですが)でこのスピーカーを聴くチャンスなどは、皆無に等しいわけです。念願が叶ってついに実現いたしました。Taoさん、ありがとうございます。さて、その音です。Taoさんも自信ありげです。なんたってクラシックじゃなくてジャズをかけてくださるというのがその証拠でしょう。さすがに読みが深いです。他人の土俵の上で相撲を取るというのは、なかなか出来ることではありません。ジャーマンも恐ろしい刀の切れ味を聴かせてくれましたが、T3は、もっと恐ろしい刀でした。そうです。村雨です。抜けば玉露散る氷の剣というヤツです。ニア・フィールドで聴くT3というスピーカーの底力を垣間見ました。音一つ一つのピントの合方が半端ではありません。部屋の空気まで清浄化されるような音の出し方をします。超低域がなんの濁りもなく出る、それも超ハイスピードに出ているわけです。石井式の床。素晴らしいです。硬いんですね。で、それをカバーする壁面という図式がよーーーく分かりました。低域がオーバーレベルなハービ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ