2019/5/4

4801:小旅行  

 今日は朝から晴天であった。昨日は1日家族サービスに費やしたので、今日は無罪放免ということで、午前中から出かけることができた。

 目的地は石岡市である。中央線で東京駅まで行き、常磐線の特急「ときわ」に乗り換える。石岡駅には国分寺駅から2時間ほどで着く。ちょっとした小旅行である。

 石岡市にお住まいのAさんのリスニングルームを訪問するのが小旅行の目的である。Aさんは、ベテランのオーディオマニアである。コンデンサースピーカーを長年愛用されていて、現在はSound Lab社の巨大なコンデンサースピーカーを使われているとのことである。その高さはなんと2.7メートル。普通のお宅では物理的に入らない大きさである。

 石岡駅の改札にちょうど正午で待ち合わせしたのは、ishiiさん、Iさん、サンフラワーさんである。4名が揃ったところで駅のロータリーに迎えに来てくれたAさんの車に乗り込んだ。まずはイタリアンレストランで昼食を摂った。

 Aさんとは初対面であったので、挨拶を交わし、そのシステムの概要をおうかがいした。Sound Lab社のコンデンサースピーカーを駆動するのはホルダーのパワーアンプ。プリアンプはジェフローランド。CDは、エソテリックの最上位セパレート。かなり気合いの入ったハイエンド構成である。

 アナログは2系統あり、メインはEMT 927、サブはAcousticSolid社のがっしりとしたプレーヤ。フォノイコはボルダーの最高級品・・・・なんだか話を聞いているだけで目がくらくらしてきた。

 昼食を食べ終えて、御宅に向かった。リスニングルームにたどり着く前に、その御宅の外観に驚かされた。由緒の正しさをはっきりと示す歴史ある門構えである。母屋以外にお宝が眠っていそうな立派な倉があり、二つあった倉のうち一つを建て替えた建物の1階がオーディオルームになっている。

 早速リスニングルームに案内していただいた。その広さは我が家のリスニングルームの3倍以上。天井高も3.5m以上はあるであろうか、広大なエアボリュームが素晴らしい。

 そこに巨大なコンデンサースピーカーが立っているのであるが、それ以外に驚かされるのは、周囲の壁にずらっと並んでいた巨大なオルゴールや蓄音機である。その規模はちょっとした博物館並み。

クリックすると元のサイズで表示します

 L字に配されたソファーに5名が座った。リスニングポイントからは、見上げるように巨大なコンデンサースピーカーを眺めることになる。

クリックすると元のサイズで表示します

 何もかもが圧倒的な存在感を持っている。部屋に入って座っただけで心拍数が上がるかのようであった。

 お茶を頂きながらの雑談の後、CDから聴かせていただいた。ビバルディやバッハといった古い時代のクラシックが流れた。素晴らしい録音のCDである。その音の質感は、コンデンサースピーカーらしい滑らかで優しいものである。コンデンサースピーカーであっても、その表面積が桁外れに広いので、低域の量感は十二分なものであった。

 その後様々なCDを聴かせていただいたが、ゲルギエフが指揮した「春の祭典」も難なくこなす懐の深さも見せてくてた。

 私も随分と前にQUADのコンデンサースピーカーを自室で使ったことがあった。耳障りな音のしない滑らかな質感には少しばかり懐かしさを感じた。

 小休止の後はアナログタイムである。まずはサブであるAcousticSolidのレコードプレーヤーから聴いた。アームはグラハムエンジニアリング、カートリッジはDS Audioの光カートリッジである。メインであるEMTに対してピカピカの最新機器である。サブアナログシステムは最新型らしい緻密で精細な音の質感であった。

 そして、主役登場という感じで表舞台に現れたのが、EMT 927である。こちらは見ているだけで、圧倒されるような巨体の持ち主である。一般的な部屋にはけして置けない代物である。アームもカートリッジもEMT純正である。1957年の製品とのことである。

クリックすると元のサイズで表示します

 EMTで聴くアナログは圧巻であった。エソテリック製の最高級機も、最新の技術を駆使したハイエンドアナログシステムも一瞬で顔色をすっかり失った。

 私達4人のオーディオマニアも声を失って、息を飲んだ。「格が違う・・・」それが4人の共通認識であった。

 メインのアナログシステムはいずれのレコードも素晴らしい質感でクラシック音楽を表現してくれた。

 唯一、ishiiさんが持参されたカラヤン指揮の管弦楽曲集のみバランスがおかしかった。レーベルはコロンビア、1961年録音のステレオ盤である。

 皆、違和感を感じたので、ボルダーのフォノイコのカーブをRIAAからコロンビアに変更して再度聴いた。先程とは別物の素晴らしい演奏が眼前に広がった。コロンビアの頑固な技術者は1961年になってもRIAAカーブを採用しなかったようである。

 いろんなものが規格外なOFF会であった。高さが2.7メートルもあるコンデンサースピーカー、LPがどう見てもシングル盤に見えるほど巨大なターンテーブルを持つEMT 927、そして今日は時間の関係上その音を聴けなかったオルゴールや蓄音機の数々・・・全てが異次元の世界を感じさせてくれた。

 私が持参した3枚のレコードもEMT 927で聴かせていただいた。特にローラー・ボベスコの演奏によるヘンデルのヴァイオリンソナタ第3番の滑らかで艶やかなヴァイオリンの音色は出色の出来映えであった。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ