2006/4/30

コンコルド  

 一昨日のOFF会で聞かせていただいたJAZZのピアノトリオ、聞いていてとても気持ちよかった。特にドラムスとベースの音が魅力的に感じた。JAZZはほとんど聞いてこなかったが、少しこれからはCDも買ってみようと思い始めている。

 ちょうどそんなことを思っていたら、昨日家から比較的近い小さなホールでJAZZのコンサートがあるという情報を得、早速行ってみることにした。50人程度が入ればいっぱいになってしまう小さなホールでほぼ満杯状態であった。入場料は2,000円でコーヒーとケーキも出してくれた。とてもアットホームな雰囲気である。

 クラシックのコンサートには月に1,2回は必ず行くようにしているが、JAZZの生演奏を聞くのは始めてである。構成はピアノ・トランペット・アルトサックス・トロンボーン・ベース・ドラムス・ボーカルというものであったが、曲によっては管楽器は加わらなかったり、ボーカルが加わらなかったりと結構変幻自在であった。

 前から3列目のセンターに座ることができた。演奏者との距離がクラッシックのコンサートでは考えられないくらい近い。最前列の方はまさにかぶりつき状態である。音が出てくると管楽器の3名とボーカルが他の3名よりも前にいるので、管楽器の音がどんと耳に飛んでくる。その音を聞いていると音速の速さを体で感じてしまう。「音が顔に当たる」という表現が実体験として分かった。

 しかし、ドラムスの音の多彩さはやはり魅力的だ。スティックの先端でたたくのか、逆に持ち替えて根元の太い方で叩くのかによっても音が変わり、シンパルは中心付近を叩くのとふちの方を叩くのではまったく音が違う。あとブラシを使ったときの独特の音色も魅力的だ。演奏が進むうちに、だんだんドラムスばかりに目も耳も注目するようになっていた。

 管楽器はいずれも特色のある音色をそれぞれ聞かせてくれたが、その指向性の直進性を改めて認識することとなった。管楽器がこちらに対して正面を向いた場合、まさに音がまっすぐ飛んでくる。少し方向がずれると音色が相当変わる。思わず「HRS120は無指向性だから、こういう直進的に音が飛んでくる表現は苦手だろうな。」との思いが頭をよぎる。

 約2時間のコンサートであった。管楽器が正面を向いたときの音は、耳慣れていないせいか、若干耳につらい時もあったが、充分楽しめた。特にドラムスとベースの音に関しては我が家のオーディオでも聞いてみたいと思わせるものがあった。「あの演奏の多彩さによる音の変化を自分のシステムでも出せたらな〜」

 ということで、JAZZもこれから積極的に聞いてみようと思い、まずはピアノトリオのCDを何枚か購入してみようか、と考えている。しかし、クラシックのコンサートホールでのサウンドステージを目指して、奥行き感を最優先に調整してきた我が家のシステムであるが、JAZZがうまくなるのだろうか?悩みが増える予感が・・・



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ