2018/10/31

4614:締め  

 その後少し間があって「揚げナスの香港風スパイス炒め」がテーブルに置かれた。彼女は「変わってますね・・・揚げナスですか・・・」と興味深げな視線を向けた。

 「これはビールに合いますよ・・・」私はそう言って、小皿に取り分けて渡した。それを一つ口に含んでから「本当・・・!」と彼女は目を大きくした。

 「私、どちらかというとナスは苦手なんですが、これなら全然いけますね・・・とても美味しいです・・・ここの店主は相当研究熱心ですね・・・」

 続いて登場したのは「エビの巻き揚げ」であった。これもこの店の人気メニューである。細かく刻まれた海老以外にも何種類かの具材が入っていてそれがギュッと詰め込まれて巻かれて揚げられたものである。

 そのままだと少し薄味なので、塩かケチャップを少量付けて食べる。塩とケチャップが盛られた小皿が付いてくる。

 「まずは、塩で試してみてください・・・ケチャップもいけますよ・・・」そう伝えると、彼女は、一切れ箸でつかんで、塩が盛られた小皿に近づけて小量の塩を付けてから口に運んだ。

 「爽やかな味わいですね・・・いろんな味わいがじゅわっと口に広がります。くどくないところが良いですね・・・」彼女は笑顔であった。

 この2品は「絶品」と言えるであろう。美味しい料理の効果で、ビールの消費量もペースが上がった。

 キリンガービールをさらに2本追加注文した。互いのコップにビールを注ぎ合って、強めの喉越しを堪能した。

 続いて登場したのは、「神奈川地野菜のクリーム煮込み」であった。これはかなりの変化球である。

 これは中華料理という範疇からはみ出てしまうような優しい味わいの料理である。体にも良さそうに感じる。

 「中華街に来たんだけど、なんていうか・・・中華中華していないところが良いですね・・・」と「寧々ちゃん」はこれまでの料理を評した。

 「でも、最後に来るのは『THE 中華』ですよ・・・」そう予言したが、「特製四川麻婆豆腐」はなかなか来なかった。

 そこで店員を捕まえて「四川麻婆豆腐、まだ来ていないんですけど・・・」と催促した。「それから一緒に小ライスを二つ付けて・・・」と付け加えた。

 ようやく「締め」が到着した。「四川麻婆豆腐」はその名の通りかなり辛い。口に入れた瞬間はそうでもないが、後から辛みがじわっと来る。

 その味わいは、ライスが欲しくなる。ライスと合わせると実にしっくりとくる。これで頼んだ料理はすべて出たことになる。

 2人でビールは結局6本を消費した。どうやらこの「一楽」の料理は彼女にも好評であったようである。  



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ